• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寝ながら歩きながらで出来る!ぽっこりお腹解消エクササイズ

Date:2014.11.29

油断するとすぐに出てくる下腹部のぽっこり。若い時はダイエットしたり腹筋すればすぐに引っ込んだのに、年々引っ込まなくなる…むしろ年々出てきてる気がしませんか?

一度ゆるむとゆるみっぱなしです。かといって若い時のような無理は禁物です。体調を崩したり身体を痛めたりしかねません。

だったら少しずつでもいいから“ながら”で出来る簡単エクササイズでぽっこりお腹にさよならしましょう!

エクササイズ前の注意点

①食事した直後はやめましょう
②下痢等、お腹の調子が悪い時はやめましょう。

この二点に注意してレッツエクササイズ!

腹式呼吸

誰しも産まれたときは腹式呼吸だそうです。大きくなるにつれ胸式になり、大人、特に女性はほとんど胸式になるそうです。

腹式といっても実際は横隔膜を動かしているそうですが、ここでは難しいことは置いておきましょう。お腹で息をすることを意識します。

①思いっきりお腹を凹ませ息を全て吐き出します。一気にではなくゆっくり少しずつ出していくのがポイントです。

②思い切りお腹を膨らませ息を吸います。吸いきったら息を止めます。この時、鼻のみでやると尚良いでしょう。鼻が詰まっていたり、苦しさを感じるようでしたら、口でもかまいませんが、慣れてきたら鼻で出来るようにしましょう。

③苦しくなる一歩手前で、①のように息を吐き出します。そして②→③と繰り返していきます。

実はこれだけで腹筋運動をしているかのようにお腹の筋肉を動かしています。ただし、腹筋運動が外側の筋肉を鍛えるのに対し、これはお腹の中の筋肉いわゆるインナーマッスルを鍛えることにつながっています。

鍛えると言うとしんどく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この方法だと硬くなったお腹の筋肉を柔らかく緩めているといった方がいいかもしれませんね。

寝ながら~

このエクササイズをわかりやすく感じてやるには仰向けに寝てやると良いです。

①お腹に手を当てて、息を吐き出しながらお腹の皮が背中とくっつくくらいに引っ込めます。この時、膝を立てるとよりわかりやすくなります。

②そして膨らますときは童話のカエルのようにはじけちゃうんじゃないかというくらい息を吸い込みながらお腹を突き出します。ただし、腰を反らないようにしてください。逆に背中を丸めてもいけません。お腹と背中を引きはがすイメージでやると良いです。

③これを苦しくならない程度に繰り返します。

これをすると自然と身体が温まります。寝る前に三回ほどやると、睡眠導入の助けにもなります。そして次の日のお通じが良くなる人もいます!

待ちながら~

駅のホーム、電車移動での立ち、人との待ち合わせ、信号待ち…日常特に何もせずにただ立っているだけと言う時が誰にでもあります。これを利用しましょう!

でも外ですから思いっきりはしづらいですよね。そこで誰にも気づかれずにこっそりエクササイズ!

①背筋を伸ばし足を揃えます。
②おへそを内に引き締めるように力を入れます。
③お尻の穴も締めます。
④出来たら膣も締め内ももも締めます。

最初は③まででも良いです。慣れてきたら④も加えてみてください。そして更に慣れてきたらそのまま歩行してみましょう。歩く姿勢もよくなり、一石二鳥です。

最初はしんどく感じますが、クセにしてしまえば、いつの間にか楽に出来るようになります。

慣れてきたら、キッチンで料理をしながら~洗い物をしながら~洗濯物を干しながら~などなど、ながらで出来る時は探せばあるものです。TVを観ながら~電話しながら~インターネットをしながら~など座っていても出来ます!

おまけうんちく

胸式を浅い呼吸とし腹式を深い呼吸と表現する人もいます。それだけ腹式はより多くの空気を取り入れ身体の血流を促し、代謝も良くし、自律神経を整えると言われます。お腹を使って呼吸をするということは身体全身にも良い効果があるようです。

この記事をシェアする

関連記事