• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

たったの5分でできちゃう!ぽっこりお腹の解消エクササイズ

Date:2015.07.30

shutterstock_218011810 - コピー

それほど太っているわけではないのになぜかお腹だけぽっこりと出ている体型の方、少なくないですよね。タイトなシエルットの洋服を着た時にお腹だけ出ているのが目立ちます。

メリハリのある体型を目指すには何とかこのお腹をキュッと引込めたいですね。お腹ぽっこりの原因とそれを解消する簡単エクササイズをご紹介していきます。

お腹ぽっこりの原因とは?

お腹がぽっこりしてみえる原因は一つではありません。考えられる原因を以下に挙げていきますね。

不要物の塊!便が溜まっている

便秘の方は下腹部分がぽっこりと出ています。便は本来体が必要としなくなった老廃物の塊です。これが長いこと腸に留まってしまうと、お腹が必要以上に膨らむだけでなく体にも悪影響が出てきます。

腸で発酵がすすんで有害なガスを発生してそれが体に吸収されてしまって内臓の働きにもダメージを与えて健康やお肌の調子を悪くします。

加えて本来出ていくはずの便が腸にずっと留まるわけですからその分腸が膨らみお腹をふくらませてしまいます。

筋肉の衰え

骨盤の周囲にある腸腰筋と呼ばれる筋肉が衰えることもお腹ぽっこりの原因なのです。年齢を重ねた女性は、体はとても細いのにお腹だけがぽっこりと膨らんでいる方がほとんどですよね。それは腸腰筋が衰えてしまっているからです。

なぜこの腸腰筋が衰えるとお腹がぽっこりとしてくるのかというと、美しい姿勢をキープするのにとても重要な役割を果たしている筋肉だからです。

腸腰筋はちょうど体の中央部分に位置しており上半身と下半身のつなぎ目部分にあります。つまり体全体を支えている筋肉ということになるわけです。

腸腰筋が衰えてくるとそれによって支えられていた内蔵が下に下がってきます。また姿勢を支える役割もありますのでそれが衰えると背中も丸まってきて姿勢も悪くなり、余計にお腹のぽっこりが目立つようになってしまいます。

骨盤のゆがみ

骨盤も先ほど述べた腸腰筋の近くにある骨で同じく人間の体の真ん中に位置して体全体を支えている骨です。

骨盤は左右のバランスを保ってその働きを維持しているのですがこの位置が左右、前後どちらかにずれてしまうとこともお腹ぽっこりの原因になるのです。

よく骨盤のゆがみを直すことに重点を置いたダイエット方法やエステがありますが、骨盤は美容と健康を維持するためにもとても大切なパーツだからです。

骨盤がずれてしまうと内臓の位置が変わってしまいそれが原因でお腹がぽっこりと膨らんで見えるようになってしまいます。

姿勢が悪い

姿勢の悪い人近頃増えているような気がします。デスクワークが中心でパソコンに一日中向かっていることが多い方に姿勢の悪さが目立ちます。

同じ姿勢を保っているのが苦痛になってきて無意識のうちに背中を丸めてしまっているのですが、この姿勢が濃に大きな負担をかけているのです。

また背中を丸めるとお腹の筋肉も緩んでき増すので次第にお腹がぽっこりとして見えるようになります。

ぽっこりお腹解消の鍵は腸腰筋にあり!

ぽっこりお腹を解消させるためには腸腰筋肉を鍛えることがとても有効な方法です。腸腰筋を鍛えることで得られるメリットを理解しましょう。

代謝アップでダイエット効果も

腰の周りの筋肉を鍛えると下がり気味だった内蔵が本来の正しい位置に戻ってきます。内蔵の位置が変わるとその働きにも低下してしまって、その役割を十分に果たせなくなってしまうのです。

腸腰筋の働きで内臓の働きが活発になると今まで鈍っていた代謝機能も回復してきます。代謝がアップすると痩せやすい体になれますのでダイエットにも効果が現れてきますし、食べても太りにくくなります。

キュッと引き締まったヒップラインが手に入る

腸腰筋が衰えてくるとそれとつながっているお尻の肉を支えている筋肉までもが弱ってお尻が垂れて見えるようになります。

腸腰筋を鍛えることでお尻の筋肉も同時に鍛えられるのでお腹の引き締めとヒップアップの両方の効果を得られるのです。

姿勢が良くなる

同じ姿勢をキープするのが辛いのは筋力が弱まっているからです。腸腰筋を鍛えると姿勢を保つことが苦痛でなくなってくるので猫背の解消にも多いに役立ちます。

便秘が解消!

便秘もお腹ぽっこりの原因なのですが、腸腰筋を鍛えることで腸の働きを刺激してくれるのです。そのおかげで便通がよくなりますので溜まっていた便が出やすくなり、そして便秘で悩むことも少なくなります。

5分でできる簡単エクササイズ

腸腰筋を鍛えるためのおすすめエクササイズをいくつかご紹介します。

下腹引締め効果抜群のエクササイズ

お腹の筋肉を鍛えるためには腹筋が最適です。腸腰筋を鍛えるのに最適な方法は足を上げ下げするエクササイズです。やり方は以下の通りです。

onaka_01

①床にあおむけに寝ます。床が冷たい、床が固くて痛いと言う場合はヨガマットやバスタオルを敷きましょう。

onaka_02

②足をゆっくりと持ち上げて下げる動作を繰り返します。この時に足は延ばした状態で行うのが理想的ですが、初心者にはちょっときついと感じるかもしれません。その時は膝を少し曲げると脚が上がりやすくなります。

一日に20回を目安にトレーニングしてみましょう。これならテレビを見ながらでも実践できますね。

モデルも実践のエクササイズ

産後もスレンダーボディーをキープしている女性の憧れのカリスマモデルも、産後太りの解消のために腸腰筋を鍛えるエクササイズも取り入れたそうです。女性は出産で骨盤が緩んでしまってお腹がぽっこりになりやすいのです。

①体をまっすぐにして立ちます。そして片足をゆっくり上げてそしてゆっくりと下ろします。この時に腸腰筋を意識するとより効果的です。

②これを反対側も繰り返し左右それぞれの足で3回ほど繰り返しましょう。

初心者にもおすすめ!簡単エクササイズ

腸腰筋が相当弱っているとエクササイズを実践するのが一苦労です。そんな方でも取り組みやすい初心者向けのエクササイズもあります。

onaka_03

①立って両足を肩幅程度に広げます。手は頭の後ろで組むか、下に下げた状態に保ちます。

②片足を一歩前に出してそのまま膝を90度に曲げます。この時に膝が開くとエクササイズの効果がありませんので、膝を意識して締めるようにします。自分で膝の開き加減がわからないときは鏡に向かってエクササイズをするといいですよ。

③曲げた膝を戻して今度は反対側の膝を同じように曲げていきます。

これを左右交互に10回から30回行います。

毎日続けてぺったんこお腹に!

腸腰筋を鍛えるエクササイズは難しくなくそして短時間で終わるものが多いです。エクササイズで重要なことは続けることです。毎日続けることで筋肉も鍛えられて次第にお腹も引き締まっていきます。

また引き締まったからと言って安心していると筋肉はすぐに衰えてしまいます。ぺったんこお腹をキープするためにもエクササイズは定期的に続けましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

コメント