• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気になるぽっこりお腹を引き締めよう!簡単エクササイズ3つ

Date:2014.01.24

体全体をみるとそれほど太っていないのにお腹だけはなぜかぽっこりしている方、意外と多く見かけませんか?中には妊娠しているの?と思われるほどお腹だけポッコリしている女性も見かけます。

私の友人はまさにそんなポッコリお腹の状態の女性に「妊娠しているんですか?」と聞いてしまってその人を怒らせたことがあります。ポッコリお腹、誰でも多少は気になりますよね。

薄着になるとさらにそれが目立ってきます。気になるなら頑張ってそれをひっこめてみませんか?簡単に自宅でできるお腹引締めためのエクササイズを紹介します。

骨盤引締めエクササイズ

骨盤を引き締めるとお腹周りも引き締まると言う話を聞いたことがありませんか?よく女性は産後に骨盤体操を行うと体型が綺麗に戻ると言われています。そのため昔から産後に使用する骨盤を引き締めるためのベルトがあったほどです。

それは妊娠出産により開いた骨盤はまだ柔軟に動くため調整が行いやすいからなのです。妊娠出産をしていなくても骨盤エクササイズをすることで引き締め効果が期待できます。なぜ骨盤がお腹の引き締めに効果があるのでしょうか。

その理由は骨盤の位置が関係しています。現代女性は骨盤が歪んでいる方がとても多いのだそうです。その結果内臓の位置にもずれが生じるようになります。それにより本来あるべきでないところに臓器が出てきてお腹がぽっこりとしたように見えてしまうのです。

骨盤引締めエクササイズのやり方は簡単です。まず脚を肩幅ほどの広さに開きます。そのままゆっくりと腰を落としましょう。そのままの状態で両ひざくっつけてみましょう。これを20秒くらいその態勢をキープするのです。

その後ゆっくりとひざを元の位置に戻しましょう。これを3回ほどやってみましょう。骨盤のずれが大きいほどひざをくっつけるのが苦痛に感じるかもしれませんが、段々と慣れてくると思います。これにより段々と骨盤の位置が正常に戻っていきます。

V字腹筋

テレビを見ながらでもできるエクササイズです。腹筋を引き締めることでポッコリお腹を解消します。腹筋は何度もやるとかなりしいどいですよね。そして回数をこなしたからといって高い効果があるわけではありません。腹筋を鍛えるためにはその質が重要なのです。

お勧めエクササイズはV字腹筋です。まずは仰向けに値転がります。そのまま体を腹筋を使って引き上げて、同時に脚も引き上げて体でVの字を作ります。その状態で6秒ほどキープしてみましょう。

この時に背中は決して丸めないことです。そうするとエクササイズの効果が半減してしまいます。それを5回ほど繰り返してみましょう。

腰回し運動

ポッコリお腹を作る原因は腰回りの筋肉を鍛えることで改善できます。腹筋をするのが苦手という方でも簡単にできるエクササイズを紹介します。まず立って足を肩幅くらいに広げます。そして腰をゆっくりと回すのです。

1分程度続けてみたら今度は同じく1分反対回しをしてみましょう。これを一日に2回続けるだけでも腰回りの筋肉が鍛えられます。

大切なのは継続することです。一定期間続けることで効果が得られますから諦めずサボらず頑張ってみましょう!

この記事をシェアする

関連記事