• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

プロのモデルのポージングに学ぶ「バストを大きく見せる動き方」

Date:2012.12.11

わりと控えめなサイズだったりするのに、グラビアでは谷間くっきり!なグラドルたちは、ポージングの天才。

胸を寄せて集めて、さらに「大きく見せる動き」をして、セクシーで魅力的なバストを作り上げているのです。そんなグラドルたちのポージングから、「バストを大きく見せる動き方」を学びましょう!

猫背より、反り背

バストの下垂の原因になる、猫背。もちろんグラドルは猫背になんてなりません。だってバストが長く(垂れて)見えますからね。ふんわり丸いバストを演出するためには、猫背は絶対にNGなのです。

だから、谷間を強調するために前かがみになる時も、背すじはぴーん!と伸びたまま。背中は丸めません。

物を拾う時、低い場所にある物を見る時、ついつい背中が丸まって猫背になりがちですよね?でもそんな時こそ、バストを大きく見せるチャンスです。絶対に背中を丸めずに、背すじを伸ばしたまま前かがみになりましょう。

前かがみになることで谷間が深くなって、さらに魅力的な胸元を演出できますよ。

「クロスの法則」でカンタン谷間メイク

手をクロス(右手を左方向に、左手を右方向に)すると、手の動きでカンタンに谷間メイクができます。グラビアにも、手をクロスさせたポーズはたくさん載っていますよね。

これを応用して、物を取る時は反対側の手で取るようにしましょう。例えば右方向にある物を取る時は左手で、左方向にある物を取る時には右手で。

近い方の手で物を取るのではなく、腕をクロスさせて手を伸ばすこの動きは、ゆっくり行うと優雅な印象になるそうですよ。谷間と優雅さが手に入るなんて、まさに一石二鳥!「別にバストの大きさなんて・・・・」というクールなオトナ女性も、ぜひお試しを。

ボクサーばりに「ワキを締めろ!」

グラビアでよく見る、両手を顔の近くに持ってくる「ぶりっ子ポーズ」。これ、よーく見るとワキがかなり締まっています。ワキを締めることで両方のバストが中央に寄って、さらに谷間を深く、ボリュームがあるように錯覚させるのですね。

もちろん、これも応用しちゃいましょう。手を身体の前側に持ってくる時は、ワキをきっちり締めて谷間メイクを。

でもこれ、姿勢が悪い猫背の人がすると「何だかカタい人」というイメージになりがちなので、あくまでもぴんとした姿勢で可愛らしく行ってくださいね。

ジェスチャーは胸の前で

最後は、グラビアではないけれど、バストを強調したいグラドルがよくしている動きを。

人の目は、動く物を追う習性があるのだとか。それを知ってか知らずか、グラドルは胸の近くで手を動かすことがよくあります。「ダメですよ~」と手の平を出すときや、「さようなら~」と手を振るときなど。

バストの近くで手(物)を動かすことによって、バストに目線を持ってこよう!という作戦なのですね、きっと。

谷間メイクをする動きが恥ずかしい人も、これなら簡単にできるはず!人と話しをする時や、ジェスチャーをする時は、さりげなく胸元で手を動かすようにしましょう。手の動きに視線が釣られて、バストの印象が残りやすくなりますよ。

努力の結晶は、誰だって見てもらいたいもの

「バストを大きく見せる動き方を学びましょう!実践しましょう!」なんて言うと、皮肉っぽく笑う人もいるかもしれません。

でもダイエットに成功してスリムな身体になったら、ボディラインを強調したぴったりした服が着たくなるし、スキンケアを頑張ってつるつるお肌になったら、誰かに褒めてもらいたくなりますよね?!

バストだってそれと同じ。努力をしたら、誰かに見てもらいたいし褒めてほしいんです。バストケアやバストメイク、色々がんばったら、「バストを大きく見せる動き方」で魅力を発揮しましょうね。

堂々とバストを誇れる女子が増えたら、草食男子が増加中の日本も何かが変わるかも?!

この記事をシェアする

関連記事