• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パックとマッサージで、縦じわゼロの赤ちゃんみたいなぷるぷるリップ

Date:2013.11.03

唇はバストと同じで、加齢とともにしぼんでしまうパーツです。そしてまた、唇はよく動くパーツでもあります。食べたり飲んだり、お話したり。横に思いっきり「にーっ」と広げることもあれば、すぼませることもあったりして。

そうして出来上がるのが、唇の縦じわ。唇のしぼみと縦ジワのコラボレーションで出来上がるのが、加齢顔。口元がしわっぽくなるだけで、一気に老けて見えてしまいます。

これを防いで、縦じわゼロの赤ちゃんみたいなぷるぷるリップを手に入れるためにはどうしたらいいのでしょうか?この記事では、お家で簡単にできるマッサージとパックの方法を紹介しますので、唇ケアの参考にしてくださいね。

とにかく、保湿!

勘違いされがちなのですが、唇はお肌ではありません。実は唇は、粘膜。お肌よりも内臓に近いと言えば、分かりやすいでしょうか。

そのため、お肌とは違って汗もでなければ、皮脂が分泌されることもありません。唇はお肌を守ってくれる天然のマスクで守られていないので、とっても乾燥しやすく荒れやすくなってしまうのです。

そのようなダメージ(乾燥や荒れ)を防ぐには、とにかく保湿が大事!ぱんと張った瑞々しい唇を作るために、保湿は欠かせません。

そしてもう1つ忘れたくないのが、UVケア。過度の紫外線は、皮ふの内部にある弾力繊維を壊してしまう原因の1つです。

きちんと保湿ケアしているのに、年々ハリが失われていく・・・という方は、ひょっとしたら紫外線によるダメージが原因かもしれません。一年を通して、UVケアを行うことを心がけましょう。

簡単くるくるマッサージ

子供の唇は、赤くてキュートな色をしています。みんな昔はそうだったはずなのに、年を重ねていくことで唇の色が薄くなり、色あせていってしまいます。

唇の色が悪くなる原因のひとつは、血行不良。温めたりマッサージをしたりして唇の血行促進を促し、ふっくらピンク色の唇を取り戻しましょう。

やり方は、とっても簡単。リップクリーム(出来ればクリームタイプのものがベスト)をたっぷりめに塗り、薬指で力を入れずにらせんを描くようにくるくるとマッサージをするだけ。

マッサージをする時に指先に力を入れ過ぎると、シワやシミの原因になってしまいますので、必ず優しく軽いタッチで行うことを心がけてくださいね。

たった5分でも効果絶大!ラップパック

ラップパックのやり方は、以下の通りです。用意するものは、リップクリームと唇を覆うくらいの大きさに切ったラップ。

①リップクリームをたっぷりめに唇に塗る
②その上にラップをかぶせて、終了。
③5~10分待ってからラップをはがす。

たった5分だけでも、ラップパックをすると唇のぷるぷる感がUPしますので、是非お試しを。またラップパックの効果を上げるための方法も紹介します。

蒸しタオルを使ってラップパック

軽く濡らしたタオルを電子レンジで20~30秒ほど温めて蒸しタオルを作り、ラップパック中にラップの上からタオルを当てます。温めて血行がよくなった唇にリップの美容成分が入り込んで、ぷるぷるの唇になれます。

お風呂でラップパック

お湯につかる前にリップクリームを塗り、お風呂の湯気を浴びてから唇にラップをかぶせます。こうすることでスチームを浴びたのと似た状態になり、しっとりした唇に。

はちみつでラップパック

ラップパックの際に、リップクリームではなくはちみつを塗ります。はちみつには優れた保湿効果があるので、乾燥した唇に効果てきめん!はちみつの代わりにオリーブオイルを塗っても、似た効果が得られるそうですよ。

この記事をシェアする

関連記事