• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

『プチうつ』と感じたときに実践した方がいい心を柔らかくする方法

Date:2013.01.05

うつ病、という言葉は以前より身近に感じられるようになりました。それだけ心の病気にかかる人が増えてきたせいもあるのでしょう。うつ病は特別な人がなる病気ではありません。誰でもなる可能性がある病気です。

また、自分では気づかないうちに、うつの初期段階になっている場合もあるのです。うつ病になってしまったら、会社にも行けず外にも出られなくなることもあり、人生において楽しく過ごせるはずの時間を失うことにもなります。

さらに進行すると、自殺など危険な状態になるケースもあります。うつ病を甘く見ないようにしましょう。そして、自分がうつの気配があるかもしれない、と思ったらそれを早めに解消するようにしましょう。

もしかしたら、プチうつ?

最近、こんな症状ありますか?理由もないのに憂うつ、気分が晴れない、気持ちが落ち込む、焦りがある、食欲がない、不眠である、頭痛や肩こりがある、以前楽しめたことが楽しく思えない、やる気が起きない。

このような症状に覚えがあるなら、もしかしたら心からのSOSのサインかもしれません。それが2週間以上続いているのなら、ちょっとしたうつ状態なのかもしれませんよ。このような症状が毎日続く前に、現在の段階でうつ状態を解消しておくことが大切です。

うつの原因は?

まずはうつになる原因を探しましょう。うつを解消するには原因を改善しなければいけません。

仕事が忙しいですか?休息は取れていますか?人間関係にトラブルがありませんか?家庭での悩みがありますか?ご近所づきあいの悩みはありますか?恋愛で悩んでいますか?

うつになる原因はいろいろです。特に、几帳面だったり、責任感が強い、完璧を求める人などはうつになりやすいとされています。そうでない人も心に背負いきれなくなったことがあると、ストレスを感じ始めます。

脳内のセロトニンとノルアドレナリンという神経物質が減少すると、うつになりやすいと言われています。これらはストレスと疲労により、減少してしまうのだそうです。

体を元気にするために体を動かす

心が元気になれないときには、何を考えてもダメなときがあります。そんなときは何も考えずに体を動かしましょう。ウォーキングでもジョギングでもダンスでも、水泳でも何でもいいのです。

体を動かし、汗をかき、スッキリする。何も考えずにひたすら体を動かすことで、心が軽くなったり、元気になれることもあります。体を動かす方法が分からないときには、スポーツクラブやフィットネスクラブに通うといいですよ。

そこではトレーニングができる環境があり、指導してくれる人がいて、ヨガやフラダンス、エアロビクスなどさまざまな運動をすることができます。とてもいいストレス解消の場になりますよ。

おしゃべりをしながら食事

元気が出ないとき、心が疲れているときはおいしいものを食べて、飲んで、幸せを感じられるといいですね。その際には何でも言える友達とおしゃべりをしながら食事をしましょう。そこで悩みを話すことでスッキリすることもあるでしょう。

楽しみを見つける

何か、心から楽しいと思えることを見つけましょう。心から楽しむことで、気持ちもやわらぎます。元気にもなれます。楽しいと自然と笑いがこぼれます。笑いは脳に働きかけ、心を元気にしてくれます。

また、映画やDVD、本、音楽で心を動かすことも大切ですよ。悲しくて泣いたり、感動したり、楽しくて笑ったりすることで、心が動き元気を取り戻すきっかけになるかもしれません。

見たこともないジャンルなども観たり、聴いたりしてみると新しい発見があることも。そうして時間を過ごしているうちに、ストレスも解消され、うつの症状も改善されていくでしょう。

この記事をシェアする

関連記事