• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

作り方はとってもシンプル!余ったリボンで手作りのヘアピンを作ろう

Date:2016.08.01

ヘアピンの作り方

頂いたプレゼントに付いていたリボン、なんだか捨ててしまうには惜しいほどしっかりとしたものもありますね!

でも転用するにもロゴも入ってるし…

今回はそんな、捨てるに捨てられない、行きどころの困ったリボン達が大活躍!

可愛いヘアピン、作っちゃうよ!

しかも所要時間は10分程度の簡単DIY、お届けします。

DIYなどの材料リスト
リボン
ヘアピン(アメリカピン、もしくはシャワー台付ヘアピン)
ハサミ
平ヤットコ

とっても簡単!波縫いするだけで出来ちゃう?!

まずは、リボン。

W550Q100_5画像2

1~1.5㎝ほどのリボン。ブランドのロゴ入り。

幅の広いもので作れば出来上がりサイズが大きくなって、豪華な印象になりますよ!

W550Q100_5画像3

リボンは50cmほどでカットして。

針に糸を通して、玉結び。2本取りで使いますよ!

W550Q100_5画像4

リボンの端を5mmほど折り返して、ひと針。

W550Q100_5画像5

そのまま、縁から2~3mmの所を波縫いをしていきましょう。

W550Q100_5画像6

テキトウに。多少のガタガタ・多少の幅の不揃いはお気になさらず。

W550Q100_5画像7

どんどん進めますよ~!反対端まで行ったら、最初と同じように折り返してひと針。

W550Q100_5画像8

ギュギュっと寄せて

W550Q100_5画像9

最初の玉留めの所と繋げて縫ってしまいましょう!

W550Q100_5画像10

こんなかんじ~!既にカワイイ予感。

W550Q100_5画像11

しっかりと玉留めしておきましょう。

このままヘアピンに付けてもかわいいね!でも、私がやりたいのは…

W550Q100_5画像12

もうひとつ、同じものを作りまして!

こちらのシャワー台つきヘアピンに

W550Q100_5画像13

ふたつまとめて縫い留める!

W550Q100_5画像14

重ねるのではなく、横から二つを合わせるように。

シャワー台付のヘアピンではない場合は、リボン同士をガシガシと縫い留めましょう。

表からは見えないから、多少どんなことになっちゃっても大丈夫!!

だってほら、

W550Q100_5画像15

ね。見えないでしょ?

可愛くポンポン型になりました!

あとはシャワー台を本体に付けるだけ。

W550Q100_5画像16

平ヤットコで、4つの爪を倒してね。

普通のアメリカピンの方は、糸でグルグル留めましょう。

W550Q100_5画像17

どこかに私の手とカメラが映り込んでる気がするけど、キニシナイ。

さて、完成!

W550Q100_5画像18

あっという間すぎる!

でもかわいい!

これだけタックが寄っていると、ロゴの文字もほとんど見えず。

早速使ってみよう!

W550Q100_5画像19

うん、なんか、自分で言うのもアレだけど、買った物っぽい。

とてもラッピングについていたリボンとは思えません!

なかなかお洒落で、既にお気に入り。

お気に入り過ぎて、もうひとつ、色味を変えて…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

薄紫に金の文字が書かれたリボン。

こちらはチラリと文字が見えるのが、逆にいい感じ!

二つまとめて使っても、それぞれ使っても。

なんにしても何だか素敵なヘアピン、出来上がり!

捨てられちゃうかもしれなかったリボンが大活躍、いいことをした気分です。ニヤリ。

これだけ簡単なら、大量生産も可能!たくさん作って、だれかにプレゼントしちゃおう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント