• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットで多くの女性がリバウンドをするのは3つの原因だった

Date:2014.11.26

shutterstock_192321623

ダイエットをして一時期痩せたのにまたリバウンドしてしまったという女性がいます。

実はダイエットの繰り返しは痩せにくい体質にしてしまうので、できれば1度ダイエットをしてそれをキープしておくのが大切です。

でもそのダイエット後の間違った解釈でリバウンドをしてしまうという人が多いようです。

リバウンドをしないダイエットの心がけとはどういうものでしょうか。

ダイエットのリバウンドの多くはダイエット後の体の管理間違いだった

どうしてもリバウンドを繰り返すと「あのダイエット方法は間違っていた」と思いがちですが、実はそうではなくダイエットをした後の体の管理方法に問題があるそうです。

ダイエットをした後、痩せたんだからとドカ食いをしたり運動を全くしなくなればリバウンドをするのは当然です。

でも自分なりに「これで維持できるだろう」と思っていたことが実は間違いだったということでリバウンドに繋がります。

こういう時はダイエット方法の見直しではなく、ダイエット後の体の管理をしっかりと見直す必要があるので注意しましょう。

では、どういうことに注意をすればいいのでしょうか。

その1.野菜メインの食事にしたのにリバウンド

せっかく痩せたからこのスタイルを維持したいと食事に気を使うという女性も多いと思います。

よく聞くのが野菜をメインにして野菜を食べる量を多くするという方法です。

この方法、確かに肉などを食べるより痩せそうな感じですが実は野菜には糖質を多く含むものがあります。

かぼちゃやイモ類などでんぷんを含んでいる野菜は食べた後に糖質に変わるので白米を食べるのと変わりません。

なので「野菜を増やした」といってもかぼちゃやイモ類を多く食べてしまうと普通に食事をするより太ってしまうこともあるんです。

もし野菜をメインにする場合は食物繊維の多いものや水分を多く含むような太りにくい野菜を選ぶようにしましょう。

その2.間食はやめたのに体重が徐々に増えて行く

ダイエット中は間食もせずに頑張って痩せることができた。

このまま間食は控えるけれど、このくらいは大丈夫だろうと思いガムなどを噛んでいる人はいませんか?

ガム自体はカロリーは低いですし、1つぐらい食べたからといって糖質オーバーということはありません。

しかしお腹がすいた時に口の中にものを入れるというのがあまり良くありません。

実はこれが食べ物の依存に繋がることがあります。

ガッツリとしたものを食べなくても「ちょっとぐらいなら」とガムや飴、チョコレートなどを食べてしまうと蓄積されるとすぐに体重が1~2キロ増えてしまうこともあります。

最近、ダイエット中も100キロカロリー以内であれば間食もいいという説があります。

100キロカロリーであれば3食の食事でコントロールできるというのが理由です。

最近は100キロカロリーのお菓子やスイーツも増えてきています。

ガムなどを噛むのであれば100キロカロリーでしっかりと間食を摂るようにしましょう。

ただし1日に数回も摂るのではなく、3時のおやつだったり食後のデザートといったように1回で摂るのがポイントです。

その3.運動で体型キープしたつもりが元の体に

せっかくダイエットが成功したからこのスタイルをキープしようと思ってウォーキングなどの運動を始めるという人が気を付けなければいけないのが運動をするタイミングです。

運動ってお腹がすいている時にすると気持ちが悪くなったりしてなかなか思うように体が動かないということがあります。

なので少しご飯を食べてから運動をするという人もいるようですが、実はこの食事後の運動というのが落とし穴です。

食事前の運動の場合、エネルギーにする糖質が少ないため血中の脂質をエネルギーにして運動をします。

なので食事をした後に運動をしても血中の脂質は使ってくれないのでダイエットに繋がりにくくなります。

他に汗をかいているから体が代謝していて痩せやすくなっていると思っている人も多いようですが、汗は体内の水分を放出していて「痩せ」に繋がるものではありません。

ちょっとした勘違いを続けることでいつの間にか体重が増えてきているということになりかねないので注意しましょう。

ダイエットはダイエット中よりもダイエット後の管理が大事と言われています。

このままの体重を維持するためにと考える時、それが本当に正しいかを見極める目を持つのも大事なことです。

この記事をシェアする

関連記事