• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛を恐怖に感じて避けてしまう心理とは

Date:2013.09.12

恋愛で、失敗を避ける事を失敗から学んでしまうのはマイナス!

人間というものは、経験で成長する生き物です。恋愛についても全く同じこと。
しかし、こと恋愛の話になってしまうと、失敗を積み重ねるとそれが逆効果になってしまう事があります。
失恋で受けた精神的なショックやダメージから立ち直れずに、『失敗を避けること』を失敗から学んでしまうのです。

それによる最大のマイナスポイントは異性への接触を必要以上に恐怖に感じてしまうこと。
それが積み重なると、恐ろしい事にだんだん『恋愛をしない』というアタマになってしまうのです。

恋愛に対する抵抗感を無くすカンタンな方法とは

では、恋愛への恐怖心を断ち切るためにはどうすればいいのでしょう?
それは、失恋のトラウマを乗り越える手段は『新しい恋愛』や『時間』しか無い、と自分に言い聞かせ、恋愛にとらわれずに色々な出会いのチャンスを作ってみることです。

例えば、地元のカフェでバーカウンターのあるようなところがあります。
そういう店ではカウンターに座ると、カフェのママやマスターが割りと親切に話しかけてくれる事があります。
「新しい恋愛をするんだ!」と肩肘を張らなくても、案外1つの出会いから派生する新たな出会いで、精神面での傷は癒されるものです。

恋愛の先輩を作って人生も豊かにしよう!

新しい恋愛をするためには、同じ女性の『恋愛の先輩』が大変心強い味方となってくれるでしょう。
つまり、ムリに意識して男性の恋愛対象を探そうとしなくても、新しい女性の知り合いや友達を作ることで自然と人脈から素敵な男性への出会いもあるものです。

また、40代~60代の女性と知り合う機会が増えると、40代~60代の女性には、20代~30代の男性の子供がいることがあります。
逆に『親から攻める』のも1つの手で、自分よりもかなり年上の女性の友人を作る事で、「子供の嫁になってくれないか」という話も現実にある事なのです。

協力してくれる女友達が、実は重要

つまり、昔からよく言われる『友達の友達は友達』という考え方は応用の仕方によっては、自分自身の過去に恋愛が失敗してしまったトラウマを克服するのに使えてしまうという事ですね。
正直、私の経験から言えることですが、恋愛は対象の男性の周囲の人間関係をうまく使うと、案外スムーズに行く事が多いですね。
私は過去に恋愛で上手くいくか失敗するか分からない事を、必ず聞ける同年代の女性を自分の周囲に作っておいて、アドバイスを貰ったり上手に協力しあったりして要領良く恋愛をしていました。
女友達を増やすということは、様々な恋愛観に触れるチャンスを増やすことでもあります。
私の人生経験上でも、同性の友達が多い人は恋愛についても積極的で、『いい彼氏』がいる人が多かったという印象でした。
それなので、恋愛について失敗するか恐怖に感じてしまう前に、自分自身の視野を広げる努力をした方が良いと思います。

結局のところ、恋愛を恐怖と捉えて避けてしまう心理も考え方によっては、自分にとっての恋愛観を変えるいいチャンスとなるのかもしれません。
人生、誰にでも失敗はあるものなので、失敗をいい方向に生かす事で素敵な女性になりたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事