• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

唇荒れ・くすみの原因はリップクリーム!?カサカサ唇に効くケアとは

Date:2014.01.24

どうして唇は荒れやすいの?

唇は皮膚と粘膜の間のもので皮脂分泌がほとんど出来ない部分のため、どうしても乾燥しやすくなります。なお、紫外線も乾燥の原因になるので、紫外線から守ってくれるリップクリームを使用するのがオススメです。

唇がカサカサになると皮を取りたくなったり舐めて乾燥を抑えたくなりますが、乾燥が悪化するだけなのでやめましょう。

唇のくすみの原因は?

唇のくすみの原因としては紫外線や乾燥などもありますが、口紅やリップグロス、コンシーラーなどを塗った後にしっかり落とさないことも原因の1つです。

最近の口紅やリップグロスは落ちにくいものが多いので、唇をしっかり洗ったつもりでも口紅やリップグロスが落ちていないことがあり、色素沈着の原因になってしまうのです。ただし「しっかり洗う」といってもゴシゴシこすらず、泡でやさしく洗うようにしましょう。

寝る前のリップクリームは避けるべき

唇の乾燥がひどい時はリップクリームを塗って寝る人も多いですが、寝る時に紫外線対応のリップクリームを塗るのは避けましょう。外出する時は紫外線を防ぐために必要なものですが、紫外線を防ぐ成分は多少、唇に負担がかかります。

日焼け止めを塗って寝る人がいないのと同じで、唇も寝る時は紫外線を防ぐ成分を含まないものを塗ることが必要です。

唇をケアするポイント

寝る前にリップクリームを塗るよりも、ワセリンとはちみつを混ぜたものでパックした方が効果的です。あるいはワセリンの代わりにベビーオイルを混ぜるのも良いでしょう。ワセリンとはちみつを混ぜたものを唇に塗り、ラップをして約5分パックしてみましょう。

最近は唇パック出来るリップケア製品が出ているので、自分に合ったものを使用するのも良い方法です。そして普段リップクリームを塗る時は、唇をなぞるように塗るよりも縦に少しずつ塗った方がより浸透しやすくなります。

スクラブって唇に良いの?

シュガースクラブなど、ボロボロになった唇の角質を取ってくれるリップスクラブ、リップゴマージュが多く出ていますよね。製品によってはリップに塗って良い香りがするようにフレーバー付きのものもあります。

使用頻度は個人差もありますが、角質を取りすぎるのも乾燥をひどくしてしまうため定期的にした方が良く、どんなに多くても3日に1回程度にとどめるのがオススメです。

リップクリームは予防に使う

リップクリームを唇が荒れた時だけ使う人がいますが、医薬部外品や薬用のリップクリームはあくまで予防に使うものです。唇が荒れていない時に塗り、使用頻度は1日に5回までにとどめましょう。

また、唇が荒れた時は第3類医薬品のリップクリームを使用するのがオススメです。医薬部外品や薬用のものより値段は高いですが、唇荒れを治すために作られているものなので効果も高いと思います。是非お試しください。

この記事をシェアする

関連記事