• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

風水的に良い財布の色は?黄色い財布は散財の可能性も…

Date:2017.04.10

お財布を選ぶときに、何を基準に選びますか?デザインや機能性はもちろん大事ですが、色はどうでしょう。

今持っているお財布や今から購入しようと思っている財布の色、その色が意味するものや持っている運気を知っていますか?

気に入っている財布だとしても、もしかしたら金運的には良くない色の財布かもしれません。

また、金運にいい色だとしても、あなたの今の状態によっては金運を逃してしまう色かもしれません。

財布の色でおすすめなのはこの8色!色で違うお金の増やし方

金運にいいとされる色で有名なのは黄色ですが、黄色以外でも金運UPに効果のある色はたくさんあります。

金運をUPさせる色

  • ゴールド
  • 黄色
  • ピンク

金運をよくするといっても、今の経済状況によっては金運UP効果が見込めなかったり金運ダウンになってしまうこともあります。

それは色によってお金をどう呼び込むのかが違うからです。

自分の経済状況やお金の増やし方と合う色を選ぶことで、金運UPにつながります。

それぞれの色がどう金運に作用するのかをご紹介するので、自分に合う色を探してみてください。

最強の金運カラー!ゴールドの財布

ゴールドは財を象徴する色で、お金を引き寄せる力が最も強い色です。

しかし、力が強すぎるため持つ人を選びます。

良いときと悪い時の差がはっきりしているため、借金を抱えていたり金遣いが荒いなど、悪い時の傾向が出やすい人は持つのは危険かもしれません。

また、ゴールドが「自分には合わないかも」と思う人にもおすすめしません。

金具部分のゴールドもお金を引き寄せる力があるので、ゴールドを手にしにくい人でも、金具やワンポイントなどでゴールドを取り入れるのはおすすめです。

金運UPと言えばこれ!?黄色の財布

金運UPの色として有名な黄色ですが、必ずしも金運が良くなるとは限りません。

金運にいい色ではあるのですが、お金の動きを活発にする作用があるので、入ってくるお金を増やすだけでなく出ていくお金も多くなってしまいます。

黄色は楽しみが増える色なので、出費も増えてしまういます。

ですから、”今あるお金を守りたい”という人には向きません。

色が濃いほどお金を引き込む力も出ていく力も強くなってしまうので、黄色の財布を持つのなら

  • パステルイエロー
  • マスタード

がおすすめです。

パステルイエローは黄色と白が合わさった色で、楽しみながらお金を増やす力を持ちます。

少し土の色の混じったマスタードは、黄色のお金を呼ぶ性質はそのままで茶色の安定して貯める力がプラスされます。

今ある財産を守る色!黒色の財布が持つパワー

黒色の財布は、お金持ちの人に多いのが特徴です。

黒い財布には「財産を守る」という力があり、今ある財産を守ったり今の金運をキープする力があります。

ですから、商売がすでにうまくいっている人や現在の経済状況に満足している人におすすめです。

「もっと増やしたい、今の状況を改善したい」という人は、別の色の方がいいでしょう。

堅実にお金を貯めたい人におすすめ!茶色の財布

茶色やベージュなどの茶系の色は、お金が増えて貯まる色だとされています。

お金を稼ぐというより”貯蓄を増やす”というイメージのほうが合っています。

堅実なエネルギーのある色なので、一攫千金や棚ボタ的な金運ではなく堅実に安定して貯めていこうと思う人にはぴったりです。

金運でも女性におすすめの色!ピンク色の財布

女性にとってピンクは、”労少なくして大きな利益をもたらしてくれる色”だといわれています。

キャリアウーマンの仕事運や出世運を上げ、専業主婦なら旦那様の出世を助けます。

ピンクは、女性の運気を全般的に底上げしてくれる力があるので、女性には特におすすめの色です。

また、ゴールドとの組み合わせが特にいいので、財布の金具やロゴがゴールドだとさらにいいでしょう。

ピンクの色が濃くなって赤みが強くなる場合は、赤色の”金運を燃やす”という作用が働いてしまうので、色の濃さには注意しましょう。

今の経済状況をクリーンにしたい人におすすめ!白色の財布

白には“浄化”や“ゼロからスタートする”という意味があるので、「金運が良くない」「借金がある」という人におすすめです。

今までの運気をリセットして新しい運気を呼び込みます。

しかし、白は汚れが目立ちやすいので汚れないように注意が必要です。

汚れや傷がつくと金運が下がってしまうので、ボロボロになってしまった財布はなるべく早く買い換えましょう。

自分のステータスを上げる色!紫色の財布

紫色には直接金運を上げる力はありませんが、持つ人のキャリアアップやステータスを上げるなどの力があります。

キャリアアップすればおのずと収入や貯蓄も増えるので、結果的に金運UPに繋がります。

財布に使うと散財の恐れが!?財布に向かない色

財布の色としてNGとされる代表的な色は

です。

この2色は、金運を遠ざけてしまいます。

金運を燃やしてしまう!?赤色の財布が金運によくない理由

赤は火を連想される色で、金運を燃やしてしまうといいます。

また、日本では赤字を連想させるため、赤い財布を持つと家計が赤字になると考えられています。

しかし、中国では赤は幸運の象徴とされ金運にいいとされることもあります。

このように国によって考え方が違うので、どうしても赤色の財布がいいというわけではないのなら避けた方が無難です。

金運を流してしまう!?青色の財布が金運によくない理由

青は水を連想させる色で、水色などを含め青系の色はお金を流す色とされています。

ですから、青色の財布をもつと金運が流れるようにお金が出て行ってしまうとされています。

黒に近い紺などはギリギリセーフだとも言われますが、避けた方がいいでしょう。

カラフルな財布は金運が不安定に!色は3色までにして!

金運に良い色だけだとしても、カラフルな財布はやめておきましょう。

色が多いと、それぞれの色のもつ気がぶつかり合って気が安定ません。

お金は静かで落ち着いた場所を好むので、気のぶつかり合う財布からは遠ざかってしまいます。

財布に使用される色は、2~3色までにしておきましょう。

また、プリントされた派手なアニマル柄もお金の気が安定しなくなるのでおすすめしません。

財布の色も大事だけれど自分の好みはもっと大事!

財布の色と言えば外見の色を気にしがちですが、お金が直接触れる中の色もとても大事です。

財布を購入する時は外の色と中の色から、自分のどうやってお金を貯めたいかを考えて選んでみてはいかがでしょうか。

とはいえ、自分の好みではない色やしっくりこない財布を持つのはよくありません。

いくら良い運気を持った財布でも、好みでない財布は大切に扱わなくなってしまうので、自分が気に入って大事にしたいと思える財布を選ぶようにしてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント