• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今からでも遅くない!再就職を目指す主婦が持っていると有利な資格

Date:2014.02.12

結婚、子どもの出産を機に、一度キャリアを手放してしまう女性、多いと思います。
一度は会社を離れたものの、子どもがある程度の年齢になって、手がかからなくなったのを機に、「もう一度、社会人としてがんばってみたい」と思い始めている方、いませんか。

育児支援、短縮勤務など、働くママを応援する風潮がようやくポピュラーになってきて、お母さんたちの社会復帰が珍しいことではなくなってきています。

30代〜40代の主婦の皆様の再就職を応援するため、持っていると再就職に有利になる資格と再就職の心構えについてまとめてみました。

ワークライフバランス重視なら!専門分野の事務資格

家事と仕事を両立させようと考えると、どうしても働くのが可能な時間や場所は限られてきます。希望を優先して就職先を探すとなると、なかなか大変。だったら、求人枠が比較的多くてニーズも高い専門分野の事務のお仕事が適しています。

具体的には、病院で働く医療事務、ニーズが高まる介護事務、薬剤師さんのサポートをする調剤薬局事務など

とくにオススメは、人材不足が深刻化している介護のお仕事。慢性的な人手不足の業界なので、パートや派遣の求人が多く、ライフワークバランスを重視したシフトを組みやすいのが特徴です。

大企業に再就職を目指すなら!OA事務資格が狙い目

OA事務のお仕事は、一般企業や地方自治体、公共団体など、幅広い業種でニーズが高いこともあり、主婦でも比較的再就職しやすいのが特徴。

事務未経験でも、面接のときに、資格取得の勉強で学んだことを取り入れつつ上手にアピールできれば、他の候補者に一歩差をつけることができるはず。

一般的なところでは、WordやExcelなど、事務に不可欠のアプリケーション知識を養う「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」(MOT)資格。より深いITの知識を身につけたいなら、「情報処理技術者試験」が適しています。

OA事務のお仕事なら、派遣社員として、東証一部上場企業、誰もが知っている大企業で働くことも可能になるかも。

資格を持っていることで、通常の派遣社員より、ややお給料が優遇されるケースもあります。再就職に向けてどの資格をとるか迷ったら、まず検討頂きたい資格です。

グローバル企業を目指す方に!キャリア重視の再就職成功のカギは英語力

もともと大企業でバリバリ働いていた女性だと、新聞に掲載されているスーパーのパートやハローワークはちょっと、という考えの方も多いでしょう。キャリア重視の再就職を目指すのなら、英語力を養うことが近道です。

求人企業が英語力を判断する材料は、何をさておきTOEICの点数、グローバル企業を目指すのであれば、最低でも700点、できれば850点以上をマークしておきたいところ。

独学で高得点を目指すことも可能ではありますが、TOEICで高得点をとるためには、コツがあるので、専門スクールや教材で勉強するのがおすすめ。少し勉強するだけで、初受験から100点〜150点アップした、という方の話も結構聞きます。

基礎的な仕事の能力にプラスして、英語力を持っていると、一般企業ではかなり重宝される人材に!学生の頃に英語が得意だった方は、語学を学ぶ素養に優れているため、再学習もスムーズにすすむ可能性が高いと思います。

もう一度、夢のグローバル企業を目指して、勉強に取り組んでみるのはいかがでしょうか。

番外編 専業主婦から経営者に!美容の資格で華麗に転身

アロマやネイル、マッサージ、美に関する資格スクールに通えば、主婦からいきなり経営者になることも夢ではありません。40歳を過ぎてから、本格的にスクールに通い始めて、自分のお店の経営をはじめた、など、先輩ママの成功事例も多数あるのが特徴。

経営者になる、といっても、本業としてバリバリ仕事に取り組む方だけでなく、家事の合間や子どもが学校に行っている時間帯だけ、など、自分にあった経営スタイルで無理なく、楽しく仕事に取り組む方もたくさんいます。

アロマセラピストやリラクゼーションサロンなど、とくに資格がなくても開業できる業種は多数ありますが、本格的に開業を目指すのなら、一度体系的な知識を身につけておくことは非常に大事。資格を取得している、というだけで、来店するお客様の安心材料にもつながります。

皆さんの気になる資格はあったでしょうか?はじめてみないと、何も状況は変わりません。まずは、資格スクールの資料請求をしてみる、体験講座を受講してみる、ところからはじめると、将来の展望が開けてくるかもしれません。

人生なんて、まだまだこれから。諦めないで、女性みんなで前向きにがんばっていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事