• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼とのデート中に『グ~』というお腹の音を出さないようにするには?

Date:2012.12.17

誰でもお腹の音は鳴るものですね。お腹がすいているから鳴るものと思っていましたが、お腹がいっぱいでも『グ~』という音が鳴ることがあります。困るのは静かなところで鳴ってしまうこと。こればかりは自分の意思で止めることができません。とても恥ずかしい思いをしますね。

また、彼とのデート中に鳴ってしまうのも困ります。彼に気付かないふりをされても嫌ですね。なんでお腹の音は鳴るのでしょうか?そのお腹の音を鳴らないようにする方法はあるのでしょうか?

お腹の音が鳴るのはなぜ?

お腹がすいているときでも、お腹がいっぱいのときでも、お腹の音は鳴りますよね。その原因はなんなのでしょうか?それは、食事の際に一緒に飲みこんでしまった空気が胃の中にあり、胃が動くことで水や消化液などと混ざるときに音が鳴るのです。

また、食事中にたくさんの水を飲むと食物を消化する胃酸が薄まり、食べ物を消化する力が弱まってしまいます。そのためお腹が膨れたり、体内ガスが発生しお腹の音につながってしまのです。この音を出さないようにするには、どんな方法があるでしょうか?

お腹に空気を入れないようにする

食事をしていると食べ物と一緒に空気が入ってしまうのは普通のことです。でも早食いをするとさらに空気を入れてしまうことになります。食事は噛んで、ゆっくり食べてできるだけ胃の中に空気を入れないようにしましょう。

お腹が鳴ったら物を食べるといい?

空腹時にはお腹の音は鳴りやすくなります。だからといって胃に何か物を入れればいいかというとそうでもありません。できるだけ空腹になることを避けることが必要。そのためには、決まった時間に食事をするようにすること。

それを習慣づけることで、お腹がすく時間、というのがなくなりますね。朝を食べなかったり、食事の時間がまちまちだと空腹の時間も増えてお腹の音が鳴ってしまうことも多くなります。規則正しい食生活を送るようにしたいですね。

GI値が低い食品を食べる

GI値が低い食品は血糖値の上昇がゆるやかなので、空腹になるまでに時間がかかります。玄米やさつまいも、そば、豆類、牛乳、チーズ、肉類、魚介類、トマトなどがおすすめです。反対にお腹がすきやすい食品としては、うどんや食パン、ケーキやドーナツ、じゃがいもやにんじんなどです。

お腹が鳴りそうなときの対処法

    • 深く呼吸をする

ゆっくり大きく息を吸ってお腹に力を入れます。そしてゆっくりと息を吐きます。

    • 「ぐーぴたっ」を食べる

お腹の音が鳴らないようにする市販のクッキーです。コンニャクマンナンという食物繊維が入っているので、これでお腹が満たされることで、お腹の音が鳴らないというものです。クッキーの他にもビスケットやグミ、豆乳おからクッキー、クリームグラノーラ、キャンディなどもあります。

    • 背筋を伸ばす

背筋を伸ばすとお腹に力が入り音が鳴らなくなります。

    • 指圧をする

左手の小指の付け根を押す、左右の鎖骨の間を押す、手の平の親指の付け根を押す、といった指圧をすると、お腹の音が止まります。また、お腹を温める、お腹のみぞおちを押す、といった方法もあるようです。それが効くかは確かめてみてください。

食事のとき水はたくさん飲まない

食事のときは水をたくさん飲まないようにしましょう。胃酸が薄まってしまうのと、水と一緒に空気も入ってしまうからです。また、炭酸水も控えた方がいいでしょう。炭酸水は体内にガスをためてしまうことになり、お腹の音の原因になります。

この記事をシェアする

関連記事