• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

7つのおすすめアンチエイジングサプリ。肌の衰えに効果バツグン!

Date:2015.12.13

shutterstock_238917469

目尻のシワや目の下のクマを軽減するアイクリーム、年齢により弛んでしまった肌をピーンとハリのある肌にしてくれる美容クリームなどなど…。

肌の衰えを感じると即、思いつくアンチエイジング対策と言ったら肌の老化を改善してくれる成分の入っている美容液を買いに行くという女性も多いですよね?

確かに、お肌のお手入れを何もしないよりは、保湿剤や美容クリームを塗った方が肌の老化を食い止めるのに効果はありますが、肌から吸収される栄養分は限られているのです。

それに、肌細胞に効果的に栄養を与えてくれる可能性が高いのは、やはり口から得る栄養ではないでしょうか?そこで、気軽に利用できるのがサプリです!

なので、ここで体の中からアンチエイジング効果を高めてくれる有能なサプリ(栄養素名)をご紹介しますので是非、毎日の生活に上手に取り入れて、若さと美しさを無理なく手に入れてしまいましょう!

1.美肌サポーターの代表格でもある「ビタミンC」

冬の季節には風邪の予防にもなるビタミンCはもちろん、大気中に存在するフリーラジカルによる肌ダメージ、例えば

  • シミ
  • シワ
  • たるみ

を肌細胞の再生を促す事で、予防、軽減してくれる頼もしい栄養素。

それに、今の技術ではいくら美容液などにビタミンCが含まれている物を使っていても、酸化しやすい性質上、美容液やフェイスクリームから肌細胞の活性に必要な量を得るのはほぼ不可能だと専門家も断言しているのです。

よって、この美肌応援の代表格である栄養素、ビタミンCはサプリなどで口から取り入れる事が最善だと言えるのです。

しかも、ビタミンCはサプリだけでなく、野菜やフルーツでも簡単に取り入れる事も可能なので、一番手軽に補いやすいビタミンと言っても過言ではないのです。

2.抗酸化作用で肌細胞から若返らせる「ビタミンE」

ビタミンC同様、抗酸化作用が高く皮ふの炎症を抑える効果が高いのがビタミンE。

そんなビタミンEの主な効果は下記の通り。

  • 古い皮ふや角質を炎症を起こすことなく、こそぎ落す
  • 紫外線や大気汚染などの肌ダメージから肌を守る
  • 大気中の肌ダメージの原因から肌の表面及び肌内部を守る事でシワやたるみを防ぐ

正にアンチエイジング対策には無くてはならない重要な栄養素となるのです。

こちらも、ビタミンC同様、

  • 乳製品
  • ナッツ類
  • ひまわり油
  • 穀類

に多く含まれる為、サプリ同様に食事を通して容易に得る事が簡単にできます。

但し、ビタミンEをサプリで摂る場合は表示されている一日の摂取量を守り、常用している薬や慢性の症状がある場合には専門医に相談して、摂り過ぎには注意が必要です。

3.アンチエイジングに万能な働きをしてくれる「α(アルファ)リポ酸」

エイジングや肌ダメージの根源と称させるフリーラジカルは何も大気中だけでは無く、私達の細胞内部にも見つける事ができ、特に細胞内のエンジンとも言われるミトコンドリアの中にあるフリーラジカルは私達の老化と深く関わっているという説もあるのです。

そして、このミトコンドリア内のフリーラジカルに対抗してくれるのがαリポ酸なのです。

更に、このαリポ酸はフリーラジカルを撃退し役目を終えた、ビタミンC及びビタミンEをリサイクルし、再びフリーラジカルを撃退出来るように再利用する役割も担っているのだとか。

よって、老化の最大の原因でもあるフリーラジカルをより効果的に撃退し、いつもまでも若い美肌を保ちたい女性にはビタミンC、Eと共にαリポ酸を取る事がとても重要になってくるのです。

▼αリポ酸については下記の記事も参考にしてくださいね!

ダイエット、アンチエイジングの味方!aリポ酸のスゴイ効果
http://josei-bigaku.jp/beauty/arufariposan7543/

4.肌の若さをDNAレベルで支える「オメガ3脂肪酸」

2012年にアメリカはオハイオ州立大学で行われた研究結果で、オメガ3脂肪酸はDNAの末端についているテロメアと呼ばれる部位を保護する役割を担っている可能性があると発表したのです。

このテロメアが短く弱くなると中高年の筋肉の衰えを始めとする様々な「老化現象」が現れる事が分かっており、肌のハリもその中に含まれているのです。

確証を得る為には、更なる研究が必要ではあるものの、実際に、このアメリカでの4ヶ月に渡る調査では、ほとんどの被験者にオメガ3脂肪酸によってこのテロメアが損傷から守られているのを確認できたそうです。

5.美容クリームなどでお馴染みの「コエンザイムQ10」で蘇る肌

α-リポ酸のところでも少し書きましたが、“細胞内のエンジン”とも呼ばれるミトコンドリアは私達の代謝から機能にいたるまで全てに関わっているようで、ミトコンドリアの働きに支障が出てくると脂肪が付き易くなったり、肌がたるみ出す老化現象がみられるのです。

そこで、市販の化粧品でもお馴染みになってきた、アンチエイジング成分、コエンザイムQ10。

コエンザイムQ10は、実はエイジングとの関わりが深いと言われるミトコンドリアの機能を正常に保ち続ける為には必要不可欠な物質なのです。

しかも、日本でのコエンザイムQ10を美容液ではなく、サプリとして摂取した場合の実験では、たった2週間で深いシワを浅く目立たなくし、肌もふっくらとしたという結果が出ているのです。

6.ハリのあるみずみずしい肌にしてくれる「グルコサミン」

肌のエイジングのサインといえば、乾燥、肌のハリが失われる事でシワ、シミが目立ってしまう事ですよね?

この乾燥と肌のハリが失われる原因の1つに、肌細胞内に存在するヒアルロン酸という物質が少なくなるという理由があるのです。

なので、化粧水や美容液に「ヒアルロン酸配合」などと書かれている物をアンチエイジング対策として使っている女性も多いですよね?

ですが、元々肌の細胞内に無ければならないモノなので、やはり体内で作り出した方が効果的に肌の保湿・保水に肌のハリを取り戻せると考える方が普通なのです。

そこで、グルコサミン。

グルコサミンはヒアルロン酸を体内で作る為には必要不可欠な物質なので、体内のグルコサミンレベルが低くなれば成る程、ヒアルロン酸も出来ないという事になってしまうのです。

7.紫外線による肌ダメージに良く効く「セレン(セレニウム)」

ミネラルの一種であるセレンあるいはセレニウムは、紫外線からの肌ダメージに良く効く事で知られているのです。

しかも、セレンをサプリとして毎日適量を飲んでいる女性はそうでない女性より、肌に弾力が保たれるのだそうです。

更に、紫外線ダメージで一番恐ろしい、皮膚ガンを発症する確率さえも軽減させてしまうという研究結果もあるので、セレンは強い紫外線を受けた後の秋・冬の肌を総合的にサポートしてくれそうなサプリという事になります。

<番外編>有望サプリ、「天然植物シダエキス」を飲んで日焼けを防止

このサプリはまだ日本では発売されておらず、海外サイトからの直接販売でのみ手に入る様では有るのですが、将来有望なアンチエイジングサプリなのです。

中央アメリカ原産のシダから抽出されるエキスで、何とこれをサプリで摂取すれば強い夏の日差しを浴びても、紫外線からの肌ダメージを軽減してくれる「飲むUV対策」サプリなのです。

また、このサプリは

  • 体内でコラーゲンを作り出し、壊れたコラーゲンを修正する役割を担う細胞をサポート
  • 紫外線ダメージからのシワやたるみを防止
  • 肌のトーンまで整え、肌のくすみも軽減

などの効果も期待できる事から、海外では「驚異のサプリ」とさえ呼ばれているそうです。

私達の肌も身体も「毎日、口にするもので作られている」

「アッ!シワ!シミ!たるみ!」と鏡を覗いてエイジングのサインを見つけると、デパートの化粧品売り場に駆け込みがちではあるのですが、私達の肌も体も私達が毎日口にするもので出来ている事をお忘れなく。

ヘルシーで栄養のバランスを考えた食事を毎日取る事が基本ではあるのですが、そうそう料理や買い物に時間を取られるのもストレスになるので、サプリで気軽で簡単に肌のエイジングを防止してくれる栄養素を補充できたら良いですよね?

但し、薬と同様にサプリも1日に摂って良い量は決まっているので、パッケージや説明書に記してある摂取量を守り、その他併用しているサプリや薬との組み合わせにも注意を払って、より効果的にそして安全にサプリを利用する様に心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事