• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

サプリメントの飲み過ぎでニキビができる?!注意したい副作用

Date:2014.08.27

美容によいとされるサプリメントは年々増えているように感じるほど、種類が豊富になっています。自分が必要と思うものを手軽に選べますから、中にはサプリ大好きという方も少なくないのではないでしょうか?

美容に良いサプリメントの代表的なものとして、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンなどがあげられます。良い品質のものを選ぼうとすると、毎日続けるにはコストパフォーマンスが良くなかったり・・・。

そのため飲まないよりは良いという考えから低価格のもので毎日大目に飲むという方もおられるようです。

それぞれのメーカーによって異なる成分や体質に合うものと合わないものがあるため、サプリメントの効果には個人差が出るものです。ですから、サプリメントの規定量を多めに自分で決めて飲むのも無理もありません。

とはいえ…サプリメントの飲み過ぎがニキビなど肌トラブルを引き起こすこともある事をご存じでしょうか?

多めの摂取は危険!?

例えば美容に良いサプリメントでランキング上位をキープしているのがプラセンタです。プラセンタには肌のツヤやハリに欠かせない保水力を高める作用があるとされています。またホルモンバランスを整え細胞の働きを活発化させる効果があるとされ女性にうれしい効果を発揮すると期待されています。

プラセンタがなぜこのようによい効果が多いのか?というと…プラセンタとは言い換えれば胎盤であるため。胎盤は母体と胎児をつないでいるもので、動物の出産の場合、母親は出産後栄養価の高いこの胎盤を食べてしまいます。

胎盤から抽出されているためお値段が高いのもうなずけるのではないでしょうか?適量を守って摂っていれば、副作用はないと言われていますが…大量に摂取すれば話は別です。

プラセンタは特に摂取しすぎると、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすと言われています。その他のサプリメントもとり過ぎによってホルモンの分泌が活発になりニキビや湿疹といった肌荒れが出てしまうという事実も否めません。

年齢や世代の体調や肌の症状に合わせたサプリメントの正しい選び方や体調にあわせて量を調節するという事も必要です。特にプラセンタやコラーゲンなどは品質と効果は著しく比例するものです。ですから安心できるものを選ばなくてはなりません。

良質なものを選び適量を摂取することが必要。

ニキビなどの肌荒れという仕方で表れる副作用もあれば、過剰摂取によってお腹が緩くなったり、鉄や亜鉛などによって吐き気をもよおしてしまったりと内科的な症状が出るものもあります。

ドラッグストアでイチョウの葉のサプリメントを何種類かの中から一つを手に取り、気になる表記もなかったので選びレジに持って行きましたら、薬剤師の方にほかのものを紹介されました。

話を聞いてみると…少し高くなっても良いのであれば、国内産のものに変えた方がよいという事でした。国内産のものではなかったようです。

どれも同じという考え方でサプリメントは選んではいけないと改めて認識しました。よく知っている栄養素であっても薬剤師さんに相談することが必要なのです。

もちろんインターネットでの購入の場合はそのようにはいきませんが原産国を調べる事はできます。インターネットでの購入の場合の方が原産国がはっきり表記されている場合が多いようです。

先ほどのサプリメントの場合は…中国産でのものを選んでいたようでした。しかしそのような原産国の記載はなかったため国内産を思い込んで選んでいたのです。美容によいサプリメント代表のプラセンタはどのように選ぶことができるのでしょう?

原産国をチェックしましょう!

良質なプラセンタを選ぶコツは、規定水準の高い国のものを選ぶのがよさようです。規定水準の低ければ品質も粗雑なものになりやすいものです。日本のものが安心という先入観がありますが、そうではないようです。

日本よりむしろ水準の高いアメリカ、オーストラリアなどのプラセンタは研究が進んでいることもあり水準が高いとされ、品質も良質と言われています。

また何を由来にして加工されているか?というのも確認する必要があります。日本人に多いのが馬のプラセンタよりも豚由来のものが良いと言われる方も少なくないようです。

どのようなものを選ぶにせよ、合わないと感じたならいくら高額でも摂取をやめるようにしましょう。

また何を由来とするかで体調も変化するものです。ホルモンに働きかけるものですから最新の注意を払って、慎重に摂取して行くことが必要です。

良い変化が出てきたなら間隔をあけて体調に合わせ、うまくサプリメントを活用していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事