• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

サプリメントの飲み合わせが悪いと、せっかくの美容効果が台無し!

Date:2014.06.11

近年は非常に多くのサプリメントが販売されており、しかも各メーカが競い合うように開発するものですから価格の方も安価になり、消費者側も気軽に入手しやすい傾向にあります。

昔であれば健康や美容を気遣いながら毎日の料理で工夫を凝らしたものですが、今では食生活も変わって不足している栄養素や美容成分などはサプリメントで補うという考えの人も増えています。

但し、サプリメントの組み合わせによってはその効果が無駄になってしまう事をご存知でしょうか。

何でもかんでもサプリメントに頼るのは間違い

サプリメントの良いところは、薬と違って副作用がほとんどないというところです。日々不足している栄養素をこの栄養補助食品というサプリメントで補うと言う考えは間違っていませんし、どうしてもサプリメントでなくては補給できない栄養素だってあるでしょう。

しかし、毎日バランスの良い食事を心がけている人が、今以上に健康になりたい・綺麗になりたいといってサプリメントを摂取したからと言って効果を見込めるかというとそうではないようです。

反対にサプリメントを摂取しているからと言って、不摂生な日々を送っていても大丈夫というものでもありません。あくまで健全な体質は日々の食事からが基本であり、どうしても食事では補えないものを「補助的に」足してやるというものなのです。

例えで言いますと、女性が生理中に酷い貧血状態になる場合のサプリメントによる鉄分補給などがそれにあたります。

組み合わせNGのサプリメント

副作用がないからと言って、欲張ってたくさんのサプリメントを併用していないでしょうか。サプリメントは薬ではありませんので組み合わせが悪いからと言って身体に危険な作用を及ぼす事はほとんどありません。

但し、効果がなくなってしまうためにせっせと飲んでも無意味になるケースはあります。

例えば鉄分のサプリメントは牛乳で飲むと効果がないという事は良く知られていますが、同じ意味で言うと鉄分とカルシウムのサプリの組み合わせは鉄分の吸収を阻害するために効果がなくなります。

それ以外にも、鉄分と亜鉛・鉄分とマグネシウムも同じ条件で効果がありません。最近では妊婦さんに愛される葉酸も、亜鉛と一緒に摂ると効果半減です。サプリメントは、いい加減な食生活を送っても大丈夫な魔法の薬ではありません。

あくまで不足栄養分を補助的に補える(かもしれない)補助食品の位置づけなのです。また、いくら副作用が出にくいと言っても、ビタミン類では摂取しすぎると身体に蓄積されて悪影響が出るものもあります。

あくまで大切なのは日々のバランスの摂れた食事という事を忘れてはいけません。

この記事をシェアする

関連記事