• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

減量も美肌も叶わない?美容サプリの効果をなくしてしまう飲み方

Date:2015.02.16

shutterstock_148309424_

手軽に栄養を補給できるサプリメント。すっかり生活の一部になっている人も少なくありません。

今回は、特に美容に関係したサプリメントの飲み方のお話です。

サプリを効果的に飲むために

バランスのとれた食事を用意するのも忙しい現代人にとって、サプリはとても便利なものです。

特に、美容に気を使いたい女性にとっては、栄養面だけでなく、より肌を美しくしたい、痩せたい、若々しくなりたい、という願望をかなえるためにも必要な手段になっています。

しかし、実はこれらサプリは、日常のちょっとしたことで効果が薄れてしまうことがあります。

きちんとサプリのルールを知って、有効に活用していきましょう。

サプリの基本ルールをおさえよう

水で飲むのが大前提!

まず、どのサプリにも共通する基本ルールをおさえておきましょう。

サプリを飲む大前提として、「水で飲む」ことが大切です。

つい、飲みかけにしていたコーヒーや紅茶など、カフェインが入った飲み物で飲んでいることはないでしょうか?

実は、このカフェインやタンニンなどの成分が、サプリの栄養成分と結びついて、体への吸収を阻害してしまうのです。

どんなサプリも、基本は水で飲むようにしましょう。

病気療養中は医師に相談を

病気療養中、体が弱っているからこそ、栄養を補う目的でサプリを飲もうか考えることはあると思います。

医師から処方された薬があり、その他に何かサプリを飲みたい時は、一度、かかっている医師、または薬剤師に相談をしましょう。

薬の中には、特定の栄養をサプリで多く摂ることで、薬効を弱めてしまったり、副作用を出すことがあります。

用法用量は守ること

サプリというよりは薬の基本ですが、説明書きに書かれている用法用量は必ず守りましょう。

サプリはたくさん飲めばその分高い効果が期待できるというものではなく、過剰に摂るとその分は体外に排出されるものや、体にとって有害なものもあります。

ルールをきちんと守りながら、根気よく続けていくのが、もっとも高い効果を発揮する飲み方なのです。

ダイエットサプリのルール

カロリーカット系サプリ

では、ここからはサプリメントの種類別に見ていきましょう。

まず、ダイエットサプリの中でも、もっとも人気のある、カロリーカット効果のあるサプリです。

カロリーカット系サプリで一番注意しなければならないのが、飲むタイミングです。

このタイプの多くは、飲むことでその後胃に入ってきた脂肪分と結びつき、そのまま体外に排出します。つまり、食事の前に飲まなければ、カロリーカットの効果が発揮されないのです。

食べ過ぎてしまったからといって、食事後に飲むのでは十分な効果は発揮されません。飲み会や外食など、カロリーが過剰になりそうな時は、必ず前もって飲むようにしましょう。

酵素ダイエットサプリ

酵素ダイエットのためのサプリは、文字通り、本来食べ物で摂る酵素をサプリで補うことで、酵素を効率よく脂肪の燃焼に使えるようにするためのものです。

酵素は体内で実にさまざまな働きをしています。体脂肪をエネルギーに変換するほか、内臓機能を正常に働かせたり、肌や髪を美しく健康に保つなど、体を維持すること全般に関わっています。

アルコールやタバコなど、体に負荷がかかるものを分解する際にも、酵素が必要です。

酵素サプリを摂る時には、アルコールやタバコ、また食品添加物などが多く含まれている食事と一緒に摂ると、そちらに酵素が優先的に使われてしまいます。

酵素系サプリを活用する際は、できるだけ添加物の少ない、健康的な食事と一緒に摂ることが大切です。

美肌系サプリのルール

ビタミン系サプリ

メラニン生成をおさえ白く美しい肌に導くビタミンCや、若々しい肌を保つのに重要なビタミンEなど、ビタミン系はサプリの定番です。

ビタミン類を補うサプリで注意したいのが、意外に思われるかもしれませんが「食物繊維」です。

と言っても、バランスの良い食事の中で食べるサラダや果物程度の食物繊維であれば問題になりません。

便秘解消などの目的で、食物繊維を多く摂れるサプリ、健康食品を過剰に摂った時に、あわせてビタミン系のサプリを摂ると、その食物繊維でせっかく摂ったビタミンも一緒に排出されてしまうのです。

また、ビタミン類の中には、ビタミンCのように大量摂取しても排出され無駄になるもの、ビタミンAのように大量摂取が体に有害になるものもあるので、注意が必要です。

アミノ酸系サプリ

アミノ酸系サプリの代表と言えば「コラーゲン」です。

コラーゲンこそ、肌のハリの正体。 化粧品や食品に添加されていることも多く、女性なら一度は試したことがあるかと思います。

コラーゲンの一日の摂取量は5~10g。コラーゲンのサプリはさまざまな形態がありますが、説明書き通りの量を飲めば、過剰にはなりません。

しかし、たとえばコラーゲンのサプリを飲んだ上で、食品やドリンク等でさらに摂取すると、体内で過剰になってしまい、せっかく摂取したものが吸収できなくなってしまうのです。

料理に入れるタイプのコラーゲン食品や、ドリンクなどを常用している人は注意が必要です。

プラセンタサプリ

赤ちゃんを育む栄養がたっぷりつまった「プラセンタ」。

新陳代謝を活性化させることで、体を若々しく保ち、メラニンをおさえることで美白にもつながる、また精神の安定をはかるなど、さまざまな美容、健康効果があるとされています。

このプラセンタのサプリの注意点は、「お酒」です。

お酒がお腹に入っている状態でプラセンタを飲むと、アルコールによってプラセンタが分解されてしまうのです。

プラセンタは基本的に食事の前、少なくとも30分前までには飲んでおき、アルコールと混ざらないようにするのが鉄則です。

正しく飲んでキレイに

サプリ活用の注意点、いかがでしたか?

意外に「あ、それやってるかも…」というタブーがあったかと思います。

サプリは効率よく綺麗になれる、女性にとっては欠かせない相棒のようなもの。せっかく飲んだものが無駄にならないように、正しい飲み方を守りたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事