• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の憧れサロネーゼになる!自宅サロンを開業するための流れ

Date:2014.10.07

サロネーゼとは、自宅の一部で教室を主宰することです。今サロネーゼが新しい女性の生き方、起業スタイルの一つとして、注目を集めています。

いつかは自宅でサロンを開きたいと、夢描いている女性も多いのではないでしょうか。サロネーゼになるには、どうすればよいのか、その流れについて、学んでみましょう。

自分の好き、得意をみつける

サロネーゼに憧れるけれど、人に教えられそうな得意分野がない。そうすると、まずは何のサロンを開業するかで、立ち止まってしまうでしょう。

サロネーゼが憧れの対象となっているのは、自分の好きな事を仕事にしているからです。よって、まずは自分の好きなこと、やりたいことが何なのかを考えてみましょう。

そしてそれに関連した資格を探してみるのです。

例えばお花が好きで、お花の教室を開きたいと考えたら、お花に関連する資格を取りましょう。日本の伝統、華道、フラワーアレンジメントもあります。

どれも資格取得までに、それほど長い期間は必要としません。一年ほど教室や、学校に通えば取れてしまうものが多いのです。

まずは自分の好きな事を見つけることです。それから資格を取っても遅くありません。十分人に教えられるほどの、技術とスキルを身に付けられます。

サロネーゼに必要なスキルを学ぶ

技術があれば何とかなる。残念ながらそれだけで、お客様を呼び込むことは難しいのです。

サロンを始める方には、それを宣伝すること、生徒さんにやってみたい、続けてみたいと思わせる能力が重要になってきます。

そのプロデュース能力を学ぶには、どうすればよいのでしょうか。人気のサロネーゼのブログを、覗いてみましょう。

サロネーゼという女性が注目されるようになってから、その数は増え続けています。しかし人気があるのは、ごく一部です。

人気のあるサロネーゼは自分の教室のホームページや、ブログを開設しています。それに人気の秘密が隠されているはずです。

サロネーゼスクールに参加してみましょう。サロネーゼになるためのノウハウを教えてくれるスクールが、あります。

そこで必要なノウハウを吸収してみるのです。またそこで同じサロネーゼを目指す人と、人脈ができます。きっと同じ悩みを抱えている事でしょうから、何かと相談でき心強いです。

スクールに行くと、経営術も学べます。サロンを開業したものの、経営難に陥り辞めてしまう方もいらっしゃいます。

せっかく好きで始めた仕事です。それで多くのお客様が喜んでいただけたら、それ以上のやりがいはありません。

そのためにも、ある程度経営に関する知識は学んでおいたほうがいいでしょう。

家族の理解を得ること

サロネーゼは、自宅で開業される方がほとんどです。自宅にお客様を招き入れるわけですから、そこで生活する家族に理解を得なくてはいけません。

また仕事を持つことで、家事や育児が今までのようにこなせなくなることも、出てくるでしょう。

そんなときは、家族の理解や協力がなくてはやっていけません。無理をしすぎると自分も辛いですし、家族にもそのしわ寄せがきます。

家族の理解が得られなければ、サロンの継続自体が難しくなるでしょう。

サロンオープンに向けて

自宅である程度の設備が整っている場合は、すぐにでもサロンがオープンできます。

ただし、家のスペースや必要な道具が揃わないなどで、自宅での開催が難しいこともあります。

そのときは自宅にこだわらず、地域の公民館などを借りることも、考えてみましょう。

最初から無理はせず、できる範囲で教室が開けるのが、サロネーゼの魅力です。好きを仕事にできますので、充実感も高いですよ。

この記事をシェアする

関連記事