• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

指先だって綺麗でいたい!ささむけ・さかむけケアをしよう

Date:2013.07.19

女性たるものの指先だって綺麗にいたいですよね。指先は意外と人の目についたりもしますし、だからこそネイルもして魅力的な指先を演出しようと努力します。

でも、手は日常的に使用しない日はなく、常に外気に当てられているので、荒れやすいもので、特に指先は痛んでしまうものですよね。そこで起こりやすい悩みがささむけ(さかむけ)です。

爪の生え際にかぶさっている甘皮が向けてしまい、痛みが伴ったり、ひどいと出血もしてしまうささむけは本当にやっかいです。知らない間に気づくとできてしまうこのささむけ、どうしたらよいのでしょう?

ここではそのささむけができてしまう原因とケア方法をご紹介していきます。

ささむけの原因

なぜささむけは出来てしまうのでしょうか?まず一番の理由が乾燥です。水分や油分が皮膚から逃げ出してしまうためです。次に栄養不足が考えられます。

栄養バランスのある食事をしていないことがささむけの原因ともなりうるのです。また、洗剤やマニキュアの除光液などの化学製品が手あれ、ささむけの原因にもなります。

ささむけのケア方法

では具体的にどのようにケア、予防をしていけばいいのでしょうか?

1. 保湿

やはり乾燥からくるささむけには保湿が一番大切です。手を洗うたびにハンドクリームをしっかりと塗り、爪と甘皮を中心にマッサージをしてよく刷り込んであげましょう。

爪と甘皮を定期的にマッサージしてあげることは爪の健康に役立ちます。血の循環をよくしてくれ、爪の表面を健康的に保ち、ピンクの綺麗な爪に導いてくれるのです。そして、コート剤なしでも綺麗に見えます。

また、ひどいささむけには、オリーブオイルなどのオイルを甘皮に刷り込んであげるとより効果が期待できます。

2. めくらない

ささくれができた時に引っ張ってめくってしまう方も居るのではないでしょうか。でも、甘皮は雑菌から肌と爪を保護してくれているものなのです。そこから雑菌が入り込んでしまう可能性があります。

代わりにキューティクルクリームを塗って、ウッドスティックなどで甘皮を優しく中に押し戻してあげましょう。中に戻らない部分ははさみを使って綺麗に切ってあげ、クリームか消毒液をつけてあげると良いでしょう。

3. オイルに漬ける

ささむけがひどい場合はホホバオイルやココナツオイルに指先を浸けてみましょう。オイルで保湿をするのはとても効果的なのです。少し漬けたあと、蒸しタオルを指先に巻き、水分を閉じ込めてあげましょう。これを週に一度行うことでささむけ対策にもなりますよ。

4. 手袋を使用する

水仕事や洗剤などを利用するときにはゴム手袋をして刺激や乾燥を防いであげましょう。

5. 栄養のバランスを整える

皮膚の乾燥を防いでくれるビタミンAと綺麗で丈夫な肌を作るのに欠かせないビタミンCを十分に摂りましょう。ビタミンB2やたんぱく質なども忘れずに摂りましょう。規則正しい食生活が健康な肌を作ってくれるのです。

なお、ささむけから雑菌が入るなどして、腫れたり膿んできたりした場合は皮膚科を受診しましょう。放っておくと悪化してしまいますので注意が必要です。

是非ちょっと皮がむけているくらいだからと放っておかず、気づいたときに適切にケアをしてあげ、魅力的な指先をゲットしましょう!

この記事をシェアする

関連記事