• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

春は鬱になりやすい? 五月病の理由とは

Date:2014.05.07

五月病の季節です。春から初夏って、気候も乱高下して不安定ですが・・・、心も不安定になりやすい時期なんですよね。

冬の間の日照不足

気分の上下は、太陽の日照時間と関係が深いそうです。冬の間の日照不足は、どうしても気分も憂鬱になりがちですよね。その長い冬から、春に向けて少しずつ日照も増えてきて・・・気分も上がるパターンだと良いのですが。

どうも、その気分を上げられない人も少なくないとか?

新しい生活や出会い

春って、新年度とかで新しい生活が始まったりしますよね。新入学や新学年、入社とかだけでなく、移動や転勤、引っ越しなどなど・・・自分の生活環境が変わったりするだけでなく、様々な周囲の変化もある。

なんとなーく、新年度って、色々とフレッシュで新しくなる気がするものです。

ついていけない感覚

それらの新しくなる変化に、ついていけない気分、テンションが上げられない感覚、新生活に馴染めないというか、急激な変化が辛いってケースも少なくない。

自分なりのペースで、ゆっくり変わっていければ良いのですが・・・。春の変化って、結構一気に全てが一新される感じで、急激だったりしますよね。一気に春になる・・・みたいな、急に変わって追いつかないような・・・。

自分だけがついていけてないような、『取り残された感』って経験ありませんか?

新緑・・・つまりは芽吹き

春の新緑というか、山が一斉に芽吹く感じってわかりますか?都会では、なかなか見られませんが・・・。少し郊外へ行くと、山が白っぽく、薄い黄緑色というか、萌黄色になってきて、なんとなく『もやもや』してる感じになってきます。

モノトーンの景色から、一気に『芽吹いて』『萌えいずる』イメージ。そして、新緑が目に染みるような・・・目に青葉、山ホトトギスの季節まで、自然界では、芽吹きの季節となります。

その芽吹く季節に、身体がついていかないケースも多く、体調を崩しがちですよね。人間も自然界に属してるので、芽吹きたいのに、芽吹けない辛さ、ジレンマです。気持ちがついていかないケース、心が追いつかないケースも、あるんです。

山菜の苦み

身体や、心が、置いてかれてしまった時は、ゆっくりペースを調整できると良いですね。焦れば焦るほど、余計に悪循環で、ドツボにハマっちゃったりしますから。

春の芽吹きの季節に、ついていくためには・・・。旬の食べ物、春ならではの新芽モノ、山菜などが良いのだとか?特に山菜の苦みが、『春だよぉ~!!』と、心身に働きかけるそうです。

旬の食べ物をいただく、つまりは医食同源ですかね?

開放されたがる感覚

芽吹くって、成長する感じ、開放される感覚・・・ですよね。その開放されたがる感覚って、動物だと繁殖シーズンに通じるんですが、人間も、なんとなーく『恋したくなる季節』になってくるんですよ。春は恋の季節って、言いますよねぇ

恋愛は別に良いのですけども・・・。開放されたがる感覚に抗いきれず、変な方向へ開放されてしまうような、痴漢や変質者が増えるってのもあるそうです。皆さまも、ご注意くださいませね。

この記事をシェアする

関連記事