• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

さつまいもは美容フード!女性に嬉しい健康&ダイエット効果とは

Date:2015.02.03

shutterstock_149138864

皆さんは、さつまいもが好きですか?さつまいもは秋の食べ物ですが、最近では年中通して手に入れることができるようになりました。

「炭水化物で太りそう」、「カロリーが高そう」と食べることを避けている方も居るかもしれませんが、さつまいもは女性を美しくする栄養が沢山詰まっていることはご存知でしょうか。

今回は、女性に嬉しいさつまいもの健康効果やダイエット効果についてご紹介しましょう。これを読めばあなたもさつまいも好きな女性になるかも?!

産地や収穫時期、さつまいもと呼ばれる理由とは?

日本のサツマイモの産地は、鹿児島や茨城が多いと言われています。最近では年間通して手に入れることができますが、市場に多く出回る時期は秋から春を迎える前くらいまでです。

さつまいもの原産地はメキシコと言われており、日本には1600年ごろに中国から沖縄へ伝わったと言われております。

当時は「からいも」と呼ばれていましたが、沖縄から鹿児島(当時は薩摩と呼ばれていました)へ伝わったことで「さつまいも」として一般的に知られるようになりました

健康効果のある栄養3つとは?

1 血圧を調整するカリウム

カリウムは、体内のナトリウムバランスを保つために欠かせない栄養素です。主な働きとしては、血圧の調整です。

具体的には、脳卒中の予防、血圧上昇の予防、筋肉の働きを改善します。食欲が無い場合や脱力感がある場合は、カリウムが足りないことがありますので定期的に摂取するように心がけましょう。

2 骨を丈夫にするカルシウム

カルシウムには、歯や骨を丈夫にして骨粗しょう症を予防する効果や肩こり予防効果などがあります

また、カルシウムが不足すると体内に溶け出して精神状態が不安定になるので、イライラ予防のためにもさつまいもを食べて情緒を安定させることをお勧めします。

3 眼病予防になるアントシアニン

さつまいもには様々な種類がありますが、中身が紫色の場合はアントシアニンが豊富に含まれているので眼病予防効果があります。

ブルーベリーにも含まれているアントシアニンには、花粉症の予防効果もありますのでアレルギー体質の方にもおすすめです。

ダイエット効果のある栄養2つとは?

1 よく噛む習慣がつくセルロース

カプセル剤の材料に使われることが多いセルロースは、不溶性の食物繊維なので溶けにくいことから、何度も噛む必要があるために顎を強くする効果があります

噛むことで唾液の分泌も高まるので虫歯を予防する効果がありますし、食べ過ぎを予防する効果もあります。よく噛んで食べることで普段よりも少ない量で満腹感が得られるでしょう。

2 便秘解消になる食物繊維

野菜の中でも上位に入るほど食物繊維が豊富なさつまいもは、便の排出をスムーズにするので便秘解消効果があります。

便秘によって腸の働きが弱くなっている場合は、食物繊維を摂ることで腸の機能が回復し、腸内環境の改善にも繋がります

肌荒れや吹き出物などができにくい肌になるだけではなく、体臭が和らぐ、お腹がもたれにくくなるなどの効果も期待できるでしょう。

食物繊維は、体重を一定に保ち肥満を予防する効果や糖尿病になりにくくする効果もありますのでさつまいも以外の野菜も食べる習慣をつけると良いでしょう。

健康と美容効果のある栄養2つとは?

1 肌荒れを予防するβカロチン

かぼちゃやニンジンに含まれていることでお馴染みのβカロチンは、さつまいもにも多く含まれています。

βカロチンは、体内に入るとビタミンAに変わり肌荒れや乾燥を予防して皮膚の形成を助けます。体内に入った分の全てがビタミンAになるのではなく、多い分は体内にそのまま蓄積されます。

シミやそばかすなどの原因になるメラニン色素の働きを抑制する効果もあるので、日焼けしやすい方にもおすすめです。また、免疫力を高めて癌を抑制する効果や老化防止効果も期待できます。

2 炎症を抑えるビタミンC

体内のビタミンCが不足すると精神が不安定になる、血管がもろくなるなど体に悪影響を与えます。定期的にサプリメントを摂取している方も居るかもしれませんが、実はビタミンCはさつまいもにも含まれています。

さつまいもを食べることで、肌の老化を防ぎ、メラニン色素の働きも抑制するのでシミやそばかす対策にもお勧めです。また、ビタミンCは、炎症を抑える働きをするので傷の回復を早める、ニキビを予防するなどの効果も期待できます。

ビタミンCと鉄とタンパク質を摂取すれば、肌質を高めるコラーゲンを生成するので肌の弾力が欲しい方は組み合わせを考えて食べると良いでしょう。

沢山あって迷った時は○○なさつまいもを選ぼう!

さつまいもをどんな風に選べばよいかを簡単にご紹介します。

店頭でさつまいもを手に取り、全体を見てシミやシワが無いか確認し、色味が均一で全体的に張りがあるさつまいもを選びましょう

さつまいものヒゲが多い場合は食物繊維が多いので、ダイエット効果を期待している場合にはヒゲが多くて細い物を選ぶと良いでしょう。

さつまいもの保存方法とは?

最後に、購入後のさつまいもの保存方法をご紹介します。

自宅へ持って帰ったら冷蔵庫へ入れず、新聞紙やチラシで包んで風通しが良く陽が当たらない場所で保存することをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事