• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スクラブ洗顔の効果とやり方。正しい頻度・注意点・選び方

Date:2017.05.30

顔を洗ってもとれない、毛穴のブツブツ。スクラブ洗顔が効果的といわれていますが、美肌を作るためにはやり方が重要なんです!

間違ったやり方は逆効果なので、毛穴をしっかり掃除して、キレイな肌を作るための方法をご紹介しますね。

正しいスクラブ洗顔の方法でツルツルのタマゴ肌を手に入れませんか。


粒子の力を借りて肌をキレイにするスクラブ洗顔

普通の洗顔料ではなく、細かい粒子が入った洗顔料であることをスクラブ洗顔といいます。

小さな粒子が肌の上を転がることで、古くなった角質を取ったり、毛穴汚れをすっきりキレイにすることで肌をキレイにしてくれるんです。

スクラブの素材は色々

スクラブは合成素材もあれば天然素材もあり、スクラブの目的や肌質にあったものを選ぶことが大切です。

<天然素材>

  • 天然塩
  • 米ぬか
  • 砂糖
  • コーヒー
  • オートミール
  • 海藻
  • あずき
  • 重曹
  • こんにゃく

など。

<合成素材>

  • ナイロンパウダー
  • マイクロビーズ
  • 合成ワックス

など。

素材別のおすすめはまた後ほどお話ししますね。

汚れもスッキリ!スクラブ洗顔の効果

毛穴の汚れがスッキリするというスクラブ洗顔ですが、それ以外にも嬉しい美容効果があります。

特に年齢を感じ始めたお肌にはおすすめです。

古い角質を落とすピーリング効果

スクラブのパワーで古い角質を落として、肌のくすみを取る効果があります。肌のざらつきもなくなり、肌の表面をなめらかにすることが出来ます。

ただし、薬剤を使ってピーリングをするよりも粒子で肌表面を研磨するイメージなので、肌への刺激はピーリングよりは穏やかです。

穏やかなピーリング効果で肌がワントーン明るくなると、ファンデーションの色もキレイに見えますね。くすみがちな肌にはとても効果的です。

化粧品のスキンケア効果を高める

古い角質が落ちることで、肌のごわつきも解消されますし、化粧水や美容液など基礎化粧品の浸透が良くなります。

普段使っている化粧品でも浸透率がアップすることで、より高い美容効果を得られるようになりますね。

化粧のノリがよくなる

肌の表面がなめらかになることで、化粧ノリが良くなるという効果も期待できます。スクラブをした翌日は、いつもよりファンデーションのノリがよくなると思います。

ファンデーションの密着度が高まるとメイクも崩れにくくなるので一石二鳥です。

肌のターンオーバーを促進する

ピーリング効果で古い角質を落とすことで、肌の新陳代謝を促し、ターンオーバーを正常化する効果があります。

肌がごわついたりくすんだりするのは、いつまでも古い角質が残っていて新しい肌が作られないからです。

新陳代謝が盛んな20代であれば、肌のターンオーバーは28日周期なんていわれますけれど、30~40代になればそれもどんどん乱れてきます。

28日どころか、「年齢×1.5」ともいわれていますから、人によっては50~60日かかる計算になります。それで肌の透明感が出るわけがありません。

ですから、少しでもターンオーバーを正常化させるためには古い角質層をしっかり落としていく必要があります。

スクラブを使えば余分な角質を落とすことが出来るので、年齢肌が気になる人ほど使ってみて欲しいのです。

小鼻の黒ずみケアにも

皮脂や古い角質が詰まって角栓が出来やすい小鼻。角栓が酸化してしまうと黒ずみとなってブツブツして見えるので嫌ですよね。

角栓は一度出来てしまうとなかなか取れにくいですが、スクラブ洗顔をすることでキレイにすることが出来ます。

角栓を放置すると炎症を起こしてニキビの原因にもなるので、気がついたら早めにケアしたいところです。

角栓が黒くなる前にケアできれば、ニキビ肌の予防にもなります。

ニキビケアにもスクラブ洗顔

毛穴の汚れや余分な皮脂を取り除く働きがあるので、毛穴が詰まりがちでニキビが出来やすい方にもおすすめです。

思春期ニキビとは違い、大人ニキビは繰り返しできるので、皮脂が過剰に分泌されてしまう方はスクラブでケアすることで、大人ニキビの改善にもつながるでしょう。

また、肌のターンオーバーを促進しますから、ニキビ跡が気になる方にも良いでしょう。

スクラブ洗顔の正しいやり方

肌を傷めないようにして、毛穴をキレイにしてつるんとした肌を手に入れるためのスクラブ洗顔の正しい方法をご紹介しましょう。

スクラブで毛穴の黒ずみが治らないというのは、たいていの場合スクラブのやり方を間違えているのであって、スクラブが悪いのではありません。

スクラブはメイクを落としてから

順番としては、

  1. メイクを落とす
  2. 普通の洗顔料で洗う
  3. スクラブ洗顔料で洗う

が基本です。

先に肌の汚れを落としておかないと、角質を取るなどのスクラブのパワーが発揮できないからです。

クレンジングの油分などが肌に残っていてもそれが邪魔になってスクラブの効果が半減します。ですから、しっかりと洗顔を行った後にスクラブを使います。

ただし、「これ1本で洗顔も出来る」と書いてあるものについてはメイク落とし→スクラブ洗顔でいいでしょう。

しっかり泡立てること!

スクラブ洗顔料は普通の洗顔料よりも肌への刺激は強いので、しっかりと泡立てて肌を包み込むようにして洗うことが大事です。

手で泡立てるのが上手に出来ないときは、洗顔用の泡立てネットなどを使ってたっぷりの泡を作りましょう。

優しくなでるように洗う

スクラブを肌で転がすわけですが、たっぷり作った泡を転がすようにすれば十分汚れは落ちるんです。

刺激が強い洗顔料だからこそ、力を入れずに優しく洗ってください。

すすぎはいつもより念入りに

スクラブの粒子が肌に残ってしまうと、それが肌トラブルの原因になります。ぬるま湯か水でしっかり洗い流しましょう。

特に、

  • 髪の生え際
  • フェイスライン

は洗い残しが心配なところ。

キレイになったかな、と思ってからさらに10回くらい洗うようにしてみてください。

ただ、念入りに洗うと入ってもゴシゴシこすってはいけません。水を優しく当てるようにして、丁寧に洗ってくださいね。

最後は丁寧に保湿する

スクラブ洗顔をした後はとても乾燥しやすくなっています。いつもより丁寧に保湿することを心がけてください。

洗ったらすぐに化粧水をたっぷり付けてくださいね。ここで保湿を怠ったらスクラブ洗顔の効果が台無し!

せっかく肌を生まれ変わらせようと思っているのに、放置したら余計に乾燥させてしまいます。

乾燥すれば過剰に皮脂が分泌され、それで毛穴が広がり、古い角質と混ざり合い角栓ができる、という最悪の状態になりますから、スクラブ洗顔と保湿はセットで考えてくださいね。

化粧水をつけ、乳液かクリームなどでしっかり蓋をしてください。

スクラブ洗顔をする時の注意点

スクラブ洗顔は肌を傷めないようにするために、やり方に注意が必要です。使い方を間違えると肌トラブルの原因になりますから、そうならないためのポイントをお伝えしますね。

ゴシゴシこすらないこと

スクラブ自体に摩擦効果があるのですから、それ以上力を入れてゴシゴシこする必要はありません。ゴシゴシこすった方が毛穴の汚れが落ちそうな気がしますが、それは逆効果です。

スクラブが肌への刺激になって、かえって肌を傷めてしまう可能性があります。いらない肌トラブルを起こさないように、優しく洗いましょう。

ざらつきが気になるところだけでもいい

スクラブは顔全体に使う必要はありません。Tゾーンはべたつくけど頬はかさつくといった混合肌の方は、乾燥しやすいところは避けて、

  • Tゾーン
  • 小鼻

などざらつきやべたつき、黒ずみが気になるところだけに使う、という方法もおすすめです。

肌の調子を見てやること

季節の変わり目になると肌の調子が悪くなる方や、生理前など体調によって肌がトラブルを起こしやすい方は、肌の調子を見ながら行うようにしてください。

疲れているときや風邪気味のときも肌が弱っていますから気をつけてくださいね。

日焼け後など肌が炎症を起こしている状態のときも使うのはNGですし、ニキビが炎症を起こしている時にもやめた方がいいでしょう。

ニキビが炎症を起こしているときはやめておく

ニキビのケアにも向いているのですが、それは出来初めのニキビです。

炎症を起こして膿がたまっているときなどは、スクラブの刺激でニキビが悪化してしまうこともありますから、やめておきましょう。

やり過ぎは逆効果!毎日やらないこと

スクラブ洗顔は、毛穴がスッキリして気持ちがいいですが、洗浄力の強い洗顔料ですから、くれぐれもやり過ぎないように。逆に角質を取りすぎて肌荒れの原因になります。

特に乾燥肌や敏感肌の方はやり過ぎには注意です。肌の調子を見ながらやるようにしてくださいね。

使用頻度としては週に1~2回が適当ですが、それも肌次第です。

素材別・スクラブ洗顔料の選び方

スクラブの素材は色々あるんですよ。毛穴のお掃除以外にも色々な美容効果があるので、目的別に選んでみてくださいね。

美白効果も!米ぬかスクラブ

スクラブ効果にプラスして美肌効果も高い洗顔料です。

米ぬかには

  • ビタミンB群
  • ビタミンE
  • アミノ酸
  • フェルラ酸
  • γオリザノール

などの美容効果も高い成分が含まれているので、アンチエイジングや美白にも良いとされています。米ぬかは昔から日本女性が使ってきた美容アイテムでもあります。

しかも米ぬかには「米ぬかセラミド」が含まれているので、保湿効果も高いんです。ピーリングしながら保湿もしてくれるので、乾燥が原因で皮脂が多くなっている方にもおすすめです。

血行を促進するソルトスクラブ

塩を使ったスクラブ洗顔料です。塩はやや刺激が強いので、敏感肌の方にはおすすめできません。

洗浄力が強いので、

  • 脂性肌
  • ニキビ肌
  • 毛穴の黒ずみ

が気になる方におすすめです。

塩には血行促進効果もあるので、肌のくすみが気になる方にもおすすめです。

毛穴の奥までスッキリ!重曹スクラブ

毛穴の汚れをスッキリさせたい!という方におすすめなのが重曹スクラブです。肌がツルツルになってスッキリするでしょう。

重曹は温泉の成分としても有名ですが、毛穴の中までしっかりキレイにしてくれる働きがあります。

ただしやや刺激が強いので、肌が丈夫な方、脂性肌の方におすすめです。

保湿力もあるシュガースクラブ

砂糖には保湿効果や肌を柔らかくする効果があるので、お肌のキメを整えたい方におすすめです。穏やかな刺激で余分な皮脂や角質を取り除きます。

刺激も穏やかなので、乾燥肌や敏感肌の方でも使えます。

毛穴の汚れを吸着・クレイスクラブ

砂糖と同じように刺激が少なく、クレイの吸着力で毛穴の汚れをキレイにしてくれます。肌への負担を少なくしながらも毛穴汚れを何とかしたい!という時におすすめです。

肌への刺激が少ないこんにゃくスクラブ

スクラブの粒子が柔らかく、肌への刺激が少ないので、敏感肌の方でも使えます。こんにゃくスクラブの主成分であるグルコマンナンは皮脂を吸着するとともに、古い角質もしっかり落としてくれます。

こんにゃくスクラブは粒子が柔らかいだけでなく小さくて丸いので、肌を傷つけずに毛穴や角質ケアが出来るんです。だから、肌の弱い方でも使えるんですね。

もともとこんにゃくスクラブが入った洗顔料もありますし、こんにゃくスクラブだけで売っているメーカーもあります。

その場合は、普段自分が使っている洗顔料と混ぜたり、水でふやかして使うことが出来ます。

自分でスクラブ洗顔料を作る方法

自宅にあるのものでスクラブ洗顔料を手作りすることも出来ます。この場合、泡立たないものもあるので、それを使う時には肌をゴシゴシこすらないように気をつけてくださいね。

洗顔料にスクラブ剤を混ぜる

洗顔料を手で泡立てたら、そこに塩や重曹、砂糖などをスプーン1杯程度加えて、自分で作ってみてもいいでしょう。

その都度自分の肌に合わせて作ることが出来るので、肌の調子を見ながらスクラブを選べるというメリットがありますね。

しかも混ぜるだけでたいした手間はかかりませんし、スクラブ材は家にあるもので作れるので、「今日はスクラブしたい!」と思った時にすぐに作ることができます。

初心者にははちみつ+砂糖

はちみつも砂糖も保湿効果があるので、肌に優しいシュガースクラブを手作りしてみませんか。

はちみつと砂糖を1:1で混ぜてみましょう。それを洗顔後のお肌に塗って、優しくマッサージします。くれぐれもゴシゴシこすらないように。

肌の上を滑らせるようにして軽くマッサージしたら洗い流してください。

慣れてきたらオリーブオイル+天然塩

塩はやや刺激が強いので、

  • スクラブに慣れている方
  • 普通肌~脂性肌の方

におすすめです。

オリーブオイルと天然塩を2:1~1:1くらいの割合で混ぜてみてください。これをシュガースクラブと同じように顔に乗せて軽くマッサージします。

その後は丁寧に洗い流してください。

塩は食卓塩などではなくて、ナトリウム以外のミネラルも含まれている自然塩の方がおすすめです。

使い切りにするのが安全

オイルや塩などは保存が利くものではありますが、保存状態によっては酸化するなど物質の状態が変わってしまうこともあります。

作ったものは1回使い切り、保存はしない方がいいでしょう。

スクラブ洗顔は適度にやると効果的!

ピーリングというとちょっと肌に刺激が強そう、と思っていた方も、スクラブ洗顔なら気軽にできるのではないでしょうか。

毛穴もキレイになりますし、古い角質層が落とせれば肌がワントーン明るくなります。なんといっても、スクラブ後のツルツル感がクセになりますよ。

やり過ぎはいけませんが、適度にやることで肌を生まれ変わらせる効果が期待できます。週に1度のスペシャルケアとしてスクラブ洗顔を取り入れてみませんか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント