• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

25歳一人暮らしで毎月1万円多く貯金する生活費を抑える3つの方法

Date:2012.11.27

コンビニで飲み物を買わない

コンビニで飲み物を買うことにまったく抵抗がない人のほうが多いと思います。しかし1本150円の飲み物を毎日購入すると、それだけで1カ月4500円です。

外出する時には水筒を持って行きましょう。家ではお茶くらい沸かしましょう。景気が良い頃は水筒=ケチくさいというイメージがあったように思いますが、時代はエコです。エコを標榜してオシャレな水筒がたくさん売られています。

週末に自炊して冷凍庫保存するクセをつける

ひとり分の食事をつくるとコストがかかると言われます。たしかにカレーを1人分つくると、最低でも500円くらいはします。であれば、コンビニご飯……というのは早計。

週末に多めにつくって、冷凍庫に1食ずつ保存しておきましょう。平日は仕事で疲れていて家事をする気にならないと思います。500円で4食ぶんのカレーができると、1食あたり100円ちょっとです。

エアコンを使わない

エアコンを使っていると、電気代はすぐに1万円近くになります。夏は扇風機。冬は加湿器です。冬場は室内の湿度を上げると、エアコンをつけなくてもなんとなく温かく感じるものです。

加湿器がなければ、狭い部屋でシチューでもつくっていると湿度がぐっと上がって温かくなります。着る毛布もあれば湯たんぽもあります。時代はあなたに貯金を薦めているかのようなあったかエコグッズで溢れています。

毎月の化粧代とか被服費というものは、そう多く節約できないと思います。また、無理に節約をしても続かないと思います。貯金のプロが口を揃えて言うことがあって、それは「節約することを習慣化することが大切です」ということ。

25歳ひとり暮らしで無理なく習慣化できる節約法と言えば、

コンビニでお茶を買わない(水筒を活用)
週末にご飯をつくって1食ずつ保存(1食100円くらいに抑える)
エアコン使用の自粛(エコグッズで代用)

の3つではないでしょうか?新聞をとるのをやめるという方法も昔はありましたが、新聞、とってないですよね?とってないということはやめようがないということで……。

この記事をシェアする

関連記事