• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食欲増の原因は黄体ホルモン!生理前の食欲と上手く付き合う方法

Date:2014.08.15

生理前になると、甘いお菓子やスナック菓子、揚げ物など「あれも食べたい!これも食べたい!」と心が欲するまま食べてしまい、結果的に体重が増加してしまうという方はいませんか?

この時期は黄体ホルモンの影響で食欲が増加しやすくなりますので、体重増加や油分摂取によるニキビを防ぐためには食事の摂り方に気を付ける必要があります。

今回は、生理前に悩む方が多い、止まらない食欲と上手く付き合う方法をご紹介します。

食欲の源?!黄体ホルモンって何?

女性の体では、毎月排卵が起こると同時に黄体ホルモンが増え始めます。黄体ホルモンは食欲と関係しており、生理が来るまでの間は食欲やむくみなど女性にとっては煩わしい症状を引き起こします。

黄体ホルモンは妊娠するために必要ですが、着床しなければ生理になるので食欲は自然に収まります。一般的には生理前の数日間がピークと言われていますが、月経前症候群や黄体ホルモンの影響をどれだけ受けるかによって食欲が増える日数は違います。

では、食欲と上手く付き合う方法を5つご紹介しましょう。

1 チョコやクッキーなどに入っている砂糖以外で糖分を摂る

生理前は、食事よりもお菓子に手を伸ばしてしまう女性が多いようです。

お菓子はバターや砂糖、油分などが含まれているので肌荒れの原因になります。特に砂糖は、血糖値を急激に上げてしまうので頭痛や疲労を感じやすくなり、あまりお勧めできません。

砂糖ではなく天然の糖分を摂ることをお勧めします。お勧めは、ドライフルーツです。

砂糖不使用のドライフルーツは血糖値の上昇も緩やかですし、栄養価も高く、冷蔵庫に入れておけば長期保存も可能です。ドライフルーツの種類は様々ありますのでお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

2 何か食べる時は温かい飲み物も添える

食欲が旺盛な時は、食べたい気持ちを飲み物で抑えることもできます。スナック菓子やチョコレート菓子を食べることを中断させるために、温かい飲み物も添えて一口食べるごとに飲むという習慣をつけましょう。

お勧めはホットミルクです。タンパク質が豊富なミルクと一緒に食べることで満腹感を得やすいので、食べたい気持ちを抑えることができるでしょう。また、緑茶にも空腹感を紛らわせ、イライラも抑える効果もあるので、食事やおやつの時間には温かい飲み物を添えてみてはいかがでしょうか。

3 少量を沢山噛んで満腹感を得る

食べたい気持ちが強い時にはあまり噛まずに飲み込む傾向にありますので、できるだけ噛むことに集中しましょう。大量に口の中へ放り込まずに、少量を入れて沢山噛みましょう。脳の満腹中枢は噛むことで刺激されますので、普段以上に噛むことに集中しましょう。

また、スナック菓子やチョコレートなどは箱や袋ごと出してしまうとうっかり全部食べてしまう可能性があります。小皿やティッシュなどに少量出してから食べることをお勧めします。

4 低カロリーで腹持ちの良いゼリーや寒天を自作する

「少量のお菓子では我慢できない!」という方は、低カロリーで満腹感を得られるゼリーや寒天をお勧めします。市販品は糖分が多くてカロリーが高くなるのでご自身で作ると良いでしょう。

100%ジュースに寒天やゼラチンを入れて冷蔵庫で固めるだけで完成です。濃厚さが欲しい時には牛乳や豆乳を入れたり、彩が欲しい時にはパイナップルやオレンジなどのフルーツを入れたりしても良いでしょう。

また、カロリーゼロの炭酸水を飲むこともお勧めです。糖分が入っていない炭酸水を飲むことで、満腹感を得られます。炭酸水の中にゼリーや寒天を入れて手作りスイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

5 食べる回数を増やして間食を減らす

生理前は、朝・昼・晩と三食しっかり食べてもすぐに空腹感に襲われることが多いので、五食や六食など回数を増やすこともお勧めです。3回分の食事を複数回に分けることで、間食を減らすことができます。

カロリーが高い間食ばかり選んでしまう方は、野菜や煮物など低カロリーの食事を食べてケーキやドーナッツなどのお菓子を遠ざけましょう。

どうしても糖分が欲しいという時には、こんにゃくに甘味噌ダレをかける、大学芋、カボチャの煮つけ、煮豆など甘みのあるおかずを作ってみてはいかがでしょうか。

産婦人科での検診も出来ます

生理の時には、甘いものや脂っこい物を食べたい気持ちが強くなりますが、それはホルモンの影響なのでご自身でセーブすることは難しいかもしれません。

特にイライラして人に当たる、自暴自棄になるなど過食以外にも症状がある場合は、月経前症候群の可能性があります。

産科や婦人科でのホルモン検査や基礎体温表などによって診断してもらえますので、精神的トラブルも起こりやすい方は一度検査してみてはいかがでしょうか。

食べたい気持ちは生理になれば落ち着きますので、数日間は修行と思って乗り越えましょう。

この記事をシェアする

関連記事