• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

背骨を整えて背中美人に。簡単にできる背骨の改善ストレッチ

Date:2012.12.19

後ろ姿がキレイな女性って素敵ですよね。しかし、猫背だったり、背中に余分な脂肪がついていては美しくはありませんね。年と共に背中にはお肉がついてしまうものです。それは代謝が悪くなるというせいもありますが、背骨が曲がっていたり、正しい位置にないせいもあるのです。

背骨が正常な位置にあるということは、姿勢もキレイでいられるということ。また、背骨のゆがみは肩こりや腰痛の原因になることもあり、また下腹ぽっこりの原因になっていることもあるのです。背骨のゆがみを改善するための、自分で簡単にできるケアの方法を紹介しましょう。

肩甲骨ストレッチで背骨周辺をほぐす

背骨のゆがみを改善するためには、肩甲骨をほぐすことが大事です。肩甲骨をほぐすことで首や肩コリの解消にもつながりますよ。

  • イスに座ってお腹に力を入れて、背筋を伸ばします。
  • 両手をまっすぐ上に伸ばします。このとき肩も一緒に上がらないように注意します。
  • 右のヒジを、右手が頭の後ろにくるように曲げて、そのヒジを左手でおさえ二の腕を伸ばします。
  • 左手を下から背中にまわし、右手をつかみます。無理をしないでできるところまで伸ばします。
  • 反対側も同様に行います。

背中を伸ばすストレッチ

特に姿勢の悪い人は意識していないと背中が丸まってしまいます。それをまっすぐにするストレッチです。

  • 足を肩幅、もしくは少し広めに広げます。
  • 両手を壁につきます。
  • 息を吐きながら、ゆっくりと上半身を腰の高さまで倒します。このとき、顎をひくと首の後ろも伸びて気持ちいいですよ。

背筋がすっきり伸びるのを感じましょう。

美しい背中をつくるヨガ

背筋を伸ばし、背中の余分なお肉を解消するヨガのポーズを紹介しましょう。「ねじりのポーズ」です。

  • 床に座り左足を立てます。右足はかかとを突き出すようにして前に伸ばします。
  • 左手を骨盤の後ろにおいて、背骨と腰を伸ばします。
  • 右手を左足の外側において息を吸います。次に息を吐きながら腰から背中をゆっくりと左へねじります。呼吸を続け、息を吸いながら元に戻ります。
  • 反対側も同じように行います。

ポイントは背中や腰が丸まらないこと。背中の伸びを感じながらねじりましょう。

足を組まない

これはよく言われることですね。片方の足をもう片方の上に乗せる姿勢が習慣になっていると、背骨がゆがんでしまいます。足を組み変えてもいけません。骨盤のゆがみにつながりますよ。さらにお腹も圧迫されて、下半身の血液が心臓にまわりにくくなり、むくみや冷え性の原因になることもあります。

頬杖をつかない

片方のヒジを机の上についてみると分かると思いますが、背骨はまっすぐにはなっていませんね。片方のお尻にも重心がいくので、骨盤のゆがみにもつながります。頬杖がついやってしまいがちですが、注意して頬杖をつかないようにしましょう。

高い枕をしない

枕が低いと眠れない、という人も少なくないでしょう。しかし、枕が高いと首の付け根から肩甲骨がかたまりやすくなります。首や背中が凝りやすいという人は枕が高いせい、ということもあります。枕はできるだけや高くしないようにしましょう。

横座りをしない

女性がしてしまいがちな横座り。これは背骨や骨盤のゆがみには一番悪い座り方と言われています。横座りはまず骨盤がどちらかにゆがんでしまいますね。それに伴い、腰は体をまっすぐにしようと反対側にゆがみ、背骨もゆがみます。腰痛の原因にもなりますよ。横座りはしないようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事