• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝も洗顔しないと老化が早まる!正しい「朝洗顔なし美容」とは?

Date:2015.08.21

shutterstock_187890116 - コピー

朝に洗顔しない美容法を取り入れている芸能人やモデルさんが増えています。「私は朝の洗顔をしていません」と言っている方は皆さんキレイで若く見える女性ばかり!「朝の洗顔をやめるくらいなら私にもできそう!」と思いますよね。

朝洗顔なし美容を取り入れる方が増えていますが、正しいやり方はご存知でしょうか?間違ったやり方は肌荒れや老化の原因になり、美肌から遠のいてしまう可能性が…

今回は朝に洗顔をしない美容法の正しいやり方と、どんな目的と効果があるのかをご紹介します。

最近よく聞く、「朝洗顔なし美容」とは?

朝に洗顔をしない美容法は名前だけ聞くと「朝は洗顔を全くしない」と思いがちですが、実際のところは「朝の洗顔には洗顔フォームや石けんを使わない」というのが正しい方法です。

日本では洗顔の時に洗顔フォームなどを使うのが主流のため、洗顔フォームを使わない=洗顔なしという言葉で広まりました。

朝に洗顔しない目的とは?

朝に洗顔をしない大きな目的は以下の2つです。

  • 必要以上に皮脂を落とさない
  • 摩擦による肌ストレスを軽減する

洗顔料には汗、皮脂、古い角質などを落とす役割がありますが、年齢を重ねて皮脂分泌量が減少してきた大人の女性には少し洗浄力が強すぎるのです。

また、乾燥や肌荒れで敏感になっている肌には洗顔時の小さな摩擦が大きな負担になることもあります。

朝の洗顔をしないことで皮脂の取り過ぎや摩擦ストレスをなくして、乾燥肌や敏感肌を改善するのがこの美容法の目的です。

「朝洗顔なし美容」の効果とは?

この美容法には、以下の3つの美肌効果があります。

乾燥肌の改善
皮脂は肌の中の水分が蒸発しないように油膜でフタをする役割をしています。洗顔しない美容法は皮脂の取り過ぎを予防して乾燥肌を改善させます。
肌トラブルの予防
洗顔時の摩擦や乾燥は肌に刺激を与えて小さな炎症を起こしたり、ニキビなどが悪化しやすくなります。最低限の洗顔のみにすることで肌へのストレスを緩和し、肌トラブルを予防できます。
アンチエイジング効果
肌の乾燥や肌荒れは、シワ、シミ、たるみなど肌の老化につながるトラブルです。朝洗顔なし美容にはこういったトラブルを防ぎ、肌を若々しく保つアンチエイジング効果もあります。
普段、洗顔料を使って洗顔していると「洗顔しなくて本当に大丈夫?」と不安になりますが、朝は洗顔料なしでも大丈夫です。

日中と比べ、寝ている間は皮脂や汗の分泌量が少なくなるので、洗顔料を使って洗顔しなくても十分汚れを落とすことができます。

もちろん、汗や皮脂でベタついている時は洗顔料を使った方が良いです。その時の肌の状態に合わせて、適切なお手入れをしていくのが大切です。

朝も洗顔しないと老化の原因になることも…

こんなに簡単でうれしい効果がたくさんある「朝洗顔なし美容」ですが、間違った方法で続けていると肌荒れや老化を引き起こすきっかけになってしまいます。

特に多い間違いが「朝の洗顔をしない」というもの。最初に書いたように「朝洗顔なし美容」は洗顔料を使わないという意味で、洗顔しないという意味ではないのです。

寝起きの肌も汚れている

日中に比べれば寝ている間の汗や皮脂の量は少なく、メイク汚れもありません。しかし、汗や皮脂は少量でも出ていますし、寝具にはダニが住み着いています。

洗顔料を使う必要はなくても、水やぬるま湯でこういった汚れをきちんと落としてからスキンケアやメイクをしないと肌に負担がかかってしまいます。

具体的には以下のような肌トラブルの原因になります。

  • 乾燥
  • しわ
  • たるみ
  • ニキビ
  • くすみ
  • ごわつき

皮脂や汗は放っておくと酸化して肌に刺激を与えて肌荒れを起こし、皮脂が毛穴につまるとニキビができやすくなります。また、酸化した皮脂は油焼けの原因になり、肌を暗くくすませます。

さらに古い角質が蓄積しやすくなり、肌のごわつきや水分の浸透を妨げて乾燥するといったトラブルにもつながります。

このように間違った知識で「朝洗顔なし美容」を始めてしまうと、美肌とは真逆の結果になってしまいます。正しい「朝洗顔なし美容」のやり方をマスターしましょう!

正しい「朝洗顔なし美容」のやり方

shutterstock_153840215 - コピー繰り返しになりますが、「朝洗顔なし美容」は洗顔料を使わず洗顔する美容法です。紛らわしい言葉で広まってしまったため、私も最初は勘違いしていました。

正しいやり方は大きくわけて以下の3つの方法があります。

ぬるま湯のみで洗顔

洗顔料を使わずぬるま湯で洗顔するオーソドックスな方法です。

ぬるま湯の温度は30度から35度程度。ぬるいと感じる程度の温度が最適です。40度前後の熱いお湯は皮脂を落としすぎてしまうので、必ずぬるま湯で洗顔しましょう。

ふき取り化粧水も併用する

くすみやゴワつきが気になったり、ぬるま湯で洗顔した後にベタつきが気になる時はふき取り化粧水を合わせて使ってみましょう。

化粧水をコットンに馴染ませてふき取るだけで洗顔では取り除けなかった古い角質やベタつきを取り除いてくれます。

強くこすったりなじませる化粧水の量が少ないと肌の負担になるので、たっぷり化粧水を浸透させたコットンで優しくなでるようにしてください。

蒸気で汚れを浮かす

スチーマーや蒸しタオルを使って蒸気を当てると、毛穴が開いて皮脂やメイク汚れなどが浮き上がります。

2分から3分程度蒸気を当てたら、乾いたタオルで顔を拭いて汚れをふき取れば終了です。洗い流す必要がないので、このまま化粧水や乳液を使って大丈夫です。

スチームには他にも以下のような美容効果があります。

  • 肌を柔らかくする
  • 化粧水の浸透を良くする
  • 血色を良くしてくすみを取り除く
朝に洗顔しない美容法は言葉だけ聞くとぬるま湯洗顔すらしないように感じますが、きちんと汚れを落としてからスキンケアやメイクにうつらないと肌トラブルを起こしたり老化を早めてしまいます。

間違った知識のまま実践せず、正しいやり方で洗顔しない美容法を試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事