• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

セルライトの除去に効果的なマッサージ方法。毎日の積み重ねで解消!

Date:2017.10.25

ダイエットしても痩せない部分はありませんか?

私は太もも、ふくらはぎと下腹部がまったく脂肪がとれません。典型的な下半身デブだなぁ、とお腹を撫でていたら、ある共通点に気がつきました。

ふくらはぎ、太もも、下っ腹。どれも手で触るとひんやり冷たいです。最近筋トレを頑張っている上腕二頭筋(二の腕の上の部分)は触っても冷たくないのです。

また、よく見ると白いひび割れのようなものがちらほら。この「セルライト」が原因で体重を落としてもスリムにならない、という悩みが女性に多く見られるようになりました。

自宅で試せるセルライトマッサージ法をご紹介します。美しいボディスタイルを手に入れましょう!


ダイエットを成功させるためには欠かせない「セルライト解消」

「ダイエット」とは、本来はよい生活習慣をつけ体を健康な状態に保つことを意味します。ただ体重を減らすだけでは、健康的とはいえません。

過剰な脂肪を減らし、適度な筋肉がある状態が1番健康的で美しいボディバランスなのです。

脂肪を減らしたい!そう思って運動したり、ジムに通ったりしますよね。確かに運動をして筋肉を増やせば脂肪が燃焼されて減りますが、それでは減らない頑固な脂肪の固まりがあるのです。

太ももが全然細くならない、お腹まわりが減らない……それ、実は「セルライト」が原因かもしれません!

セルライトがあると、どんなに運動しても脂肪は減らず、筋肉を増やすばかりになってかえって太くなってしまう可能性さえあります。

簡単、でも効果的!リンパを意識したセルライトマッサージ

それではさっそくマッサージを始めましょう!セルライトは老廃物と水分が脂肪と結合したもの。

老廃物はリンパ管を通って排出されるので、リンパの流れを意識し、可能であればリンパマッサージと組み合わせるとよいでしょう。

また、マッサージに最適な時間はいつでしょう。入浴中、もしくは入浴後の体が温まっている時が効果的です。温まることで血管、リンパ管が拡張しよりマッサージ効果が得られます。

逆にマッサージをしてはいけない時間もあります。まずは食後。臓器を刺激することになってしまい、気持ち悪くなったり吐き気を感じたりしてしまいます。

最低でも30分、消化器活動が落ち着いてからマッサージするようにしましょう。食べ過ぎたと感じたら、お腹が落ち着くまで時間をおいてからするようにしてください。

セルライト解消マッサーをするならまずボディクリームを!

マッサージをするにはクリームが必要不可欠です。なくてもできますが、摩擦によって肌を傷めたり必要以上に力を加える要因になったり、逆効果になりかねません。

マッサージオイルももちろん効果的です。クリームがいいかオイルがいいか、それぞれの長所短所を踏まえて、お気に入りの一品を見つけましょう!

マッサージクリーム
べとつかず滑りやすい
保温性に優れている
マッサージオイル
保湿性が高い
少量でのびる
塗るとじんわり温かくなるクリームや、特別保湿力の高いクリームなどもありますが、重要なのはお財布と肌にやさしいこと。まずは人気のあるものから試してみるといいですよ。

セルライトができやすい足は、足の裏からじんわり攻略すべし

まずは、セルライトができやすい足から。ふくらはぎや太ももにあるこのひび割れを……と手を出す前に、実は「足の裏」が重要です!

セルライトマッサージは、血行はもちろん、リンパの流れも重要です。老廃物を押し流すために、下半身の場合は下から上、末端から心臓にかけてマッサージする必要があります。
1.足ツボを押す
左右の足の裏の真ん中に「副腎」というツボがあります。血行不良に効くツボなので、まずはそこを両手の親指を重ねて指圧しましょう。
2.足首から膝にかけて手の骨で押し上げる
3.手を握って、第3関節か指の付け根の骨を利用して、両手で挟んで足首から膝まで滑らせます。
4.ふくらはぎをねじる
雑巾を絞るように、きゅっきゅっと軽くねじります。
5.膝裏に老廃物をためよう
ふくらはぎの老廃物を膝裏に集めたら、優しく押して太ももに繋げましょう。
6.太ももは少しずつねじろう
手のひら全体を使って、膝から足の付け根にかけて肉を持ちあげるようにマッサージした後、ふくらはぎのように軽くねじってあげましょう。

力入れすぎず、「痛気持ちいい」くらいにしましょう。
もしあざができてしまったらそれは力を入れすぎてる証拠なので、治るまで待ってから、再度力を抜いておこなってください。

たるたる振り袖の二の腕はぜい肉を絞り出すようにねじるべし!

二の腕は年齢とともにたるみやすくなります。ですのでマッサージと同時に筋トレを組み合わせることをオススメします。

1.爪先からマッサージを
爪の根元にあるツボは血行を良くします。リズミカルに10回ほど押してみましょう。
2.手のひらをほぐす
特に親指の付け根は凝りやすいので、ぎゅっと押しましょう。
3.手首からひじにかけてねじる
腕に螺旋を描くように、もう片方の手のひらでひじに向かってねじります。
4.肘から肩もねじる!
力こぶをつくるように肘を曲げ、たるんだ振袖お肉を脇から胸に流すように撫でます。

上記の工程を片腕5分かけられると良いですね。ただ、くれぐれもアザにしないよう注意を。
足と同様、セルライトには「ねじる」動きが効果的だそう。梱包材をプチプチっとねじって潰すイメージで、セルライトも潰していきましょう!

セルライトマッサージの陰の立役者は顔マッサージだった!

顔にセルライトができることは少ないですが、顔のむくみは体内の血液循環が滞っている証拠です。脂肪が固くなる前にほぐしておきましょう。

1.頬骨から下にまっすぐおろす
4本の指先で、優しく指を下に滑らせます。頬の下の輪郭に老廃物を溜めるイメージで。
2.たるんだほっぺを耳の前までリフトアップ
頬の下に溜めた老廃物を、顔のラインに沿って耳の前まで持ち上げます。
3.眼球のまわりの骨をマッサージ
頬骨からまゆ毛の骨まで内回りにゆっくり3周し、最後は耳の前に集めます。
4.おでこは真ん中から始める
両手をおでこの真ん中から耳の前までおろします。
5.最後は溜めた老廃物を鎖骨に流す
耳の前から首を通り、鎖骨まで流しましょう。このとき首のあたりが気持ちいいと感じたら首こりの証拠です。

血液はすべて心臓から送られ、心臓へ戻ります。従って上半身は上から下へ、下半身は下から上へマッサージをすることによって血流が良くなります。

全身をマッサージすればそれだけ体中を血が巡ります。毎日は忙しくてできない!という方は週末だけ、お休みの日だけでも少し時間をかけてマッサージしてあげてください!

お金を掛けずに美を保つには、継続こそが一番の近道

エステやクリニックでセルライトを解消できればそれに越したことはありません。しかしセルライトは1回2回でなくなるものではなく、継続することが重要です。

それでも自分でマッサージするより、はるかに短い期間で効果が出ます。

しかしエステにかけるお金はない、となったら地道に毎日同じことを繰り返す以外に道はありません。

モチベーション維持は大変なことですが、その1日1日が美への一歩になっていることを信じ、続けていかなければ永遠に美しくはなれません。

思い立ったが吉日です。今日から一歩ずつ前進してきましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント