• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

身長が低いと悩む女性向けコーデのコツ。スラリと背を高く見せる!

Date:2017.08.25

可愛い!と一目惚れして買った服、実際着てみると何か違う…。こういう経験のある小柄な女性は多いと思います。

平均的な日本人女性の身長は約158cm程度と言われています。市販の服は身長160cm弱の女性を標準として作られていると言えるでしょう。

このためお店でディスプレイされていて素敵だな、と思った服でも、実際着てみると何だか似合わない、そんなギャップが生じてしまうのです。

でも、アイテムの選び方やコーディネイトの仕方で、小柄さんでも色んなおしゃれを楽しむ事が出来るんです。今回は背が低い人でも似合う、洋服選びのポイントをご紹介したいと思います。是非参考になさって下さい。

小柄さんのコーディネイト。まずは基本を押さえよう

まず、小柄さんの服選びの基本ルールです。このルールを押さえておけば、コーディネイトがしやすくなると思います。

背が低い人でもバランスを考えてアイテムを選ぶことで、スラリとしたスタイルに見せる事が可能です。

色のコーディネイトのポイント
アイテムの色や柄は服選びの大切なポイントです。まずは色ですが、一般的に明るい色や暖色系は膨張色、ダークカラーや寒色は引き締め効果があると言われています。
なるべくボトムスに引き締め色を、トップスに膨張色を持ってくるとバランス良く、安定感のあるコーディネイトになります。
全身を同系色でまとめる「ワントーンコーデ」も縦長効果があり、スッキリと見せる事が出来ます。
柄は細かいものを選ぼう
次に柄物ですが、なるべく柄の細かいものを選ぶようにしましょう。大柄のものはインパクトがあり過ぎて、背の低い方には着こなすのが難しいアイテムになります。
花柄であれば小花模様のもの、ボーダーは幅の細いものをおすすめします。
また、地色と柄の色がなるべく同系色の方が着こなしやすいでしょう。ストライプは縦長効果がありますので小柄さんにはおすすめです。これもやはり幅の細いストライプ柄を選ぶと良いでしょう。
必ず「コンパクト」を取り入れよう
トップス・ボトムスのいずれか、または両方をコンパクトにまとめます。例えばゆったりしたパンツやマキシスカートを履く時は、トップスは丈の短いものを選ぶか、トップスをボトムスにインするとバランスが取れます。
逆にトップスにボリュームのあるものを選ぶ時は、ボトムスは丈の短いもの、またはスキニー等細身のパンツを選びましょう。上下両方ともコンパクトにまとめてもOKです。
目立つポイントは上の方に!
目線を上に誘導するのもバランスよく見せる秘訣です。ハイウエストで着こなす、サッシュベルトなどでウエストマークする、帽子や大ぶりのネックレス、スカーフなど、目立つ小物を取り入れる、等の方法があります。
スラリとシャープに見えるIラインでコーディネイト
少しでも背を高く見せたい…!という人は、全体のシルエットが「Iライン」になるよう意識してみましょう。
ふんわりと広がるようなアイテムは選ばず、細身のストンとしたトップスやパンツでまとめる事で全体がシャープに、痩せて見えるというメリットもあります。
スッキリした髪型でメリハリをつける
髪型もメリハリをつける重要なポイントになります。全体を細く、長く見せる縦長効果があるのはコンパクトな短めのスタイル。
ロングヘアーの人は高い位置でまとめ髪にするとスッキリ見えます。お団子ヘアーは小顔効果も抜群で特にオススメ。

小柄さん向け・アイテム別の選び方、着方

基本的なルールを押さえたら、次にアイテム別にコーディネイトのコツを見ていきましょう。

ボトムスにインしてすっきり!シャツの選び方

シャツを選ぶ時はなるべく身体にフィットするものを選びましょう。また、襟の大きいものは小柄さんにはバランスが取りにくく、不釣合いになってしまいがちです。襟のデザインもコンパクトなものをおすすめします。

シャツはボトムスにインした方がすっきり見えますが、最近よく見かける「前だけシャツイン」もメリハリのあるスタイルを作ることができますし、脚長効果もあります。

「小柄だけど、ゆったりしたシャツをラフに着たい…!」という場合は、ボトムスをスキニーやレギンスパンツなどでコンパクトにしてバランスを取りましょう。ベルトでウエストマークするとアクセントになりますよ。

シャツの袖が長すぎる場合は袖口を折り返し、手首を出して着るとすっきりした印象になります。

首元を見せて小顔効果も!ニットの選び方

タートルネックなど首元の詰まったデザインよりも首、鎖骨が見えるトップスの方がすっきりとして見え、小顔効果もあります。

なるべく首元は開いたデザインのものを選ぶようにしましょう。一番のおすすめはVネック。タートルのニットを選ぶときは、比較的首回りがゆったりとしたオフタートルのものが良いでしょう。

襟元にボリュームが出て、目線を上げる効果もあります。意外と丈が長いものの方がおすすめなのがカーディガン。ロングカーデをIラインを意識しながらコーディネイトすると、縦長効果でスリムに見えるのです。

逆にショート丈はミディアム丈のものは着ぶくれしがちなので、なるべく薄手のもの、引き締め色のものを選ぶようにして下さい。

シャープなシルエットを意識!アウターの選び方

ジャケットやコートも極力丈が短めのもの、タイトなものがおすすめ。ロングジャケット、ロングコートを選ぶ時は、裾が広がるタイプよりもチェスターコートなど、Iラインで着こなせるものを選びましょう。

袖丈や肩幅などが大き過ぎると、アウターに「着られている」状態になってしまいます。試着する時は要チェック。袖丈は可能であればお直ししてもらいましょう。

ひと工夫でスリムからワイドまで!パンツの選び方

スキニーやレギンスパンツは下半身をコンパクトにまとめてくれる小柄さんの強い味方。ボリュームのあるトップスを選ぶ時におすすめです。ロングブーツにインして履くと縦長効果でスラリとシャープな印象に。

ボーイフレンドデニムなど裾をロールアップして履くタイプのパンツは折り返しの幅に注意。

太い幅でロールアップすると足が短く見えてしまうのです。幅を細くして折り返すようにしましょう。

ガウチョパンツやワイドパンツなどゆったりしたものを選ぶときはトップスをコンパクトにまとめましょう。クロップトパンツなどくるぶしが見える丈のパンツは、パンプスと合わせる事で美脚効果のあるスタイルになります。

縦のラインを重視!スカートの選び方

小柄さんにとって難易度が高いのはミモレ(膝下)丈のスカート。バランスが悪く見えてしまいます。でも流行ってるから履きたい…!という方はトップスをインするか、短めトップスで合わせましょう。

小柄さんに似合うのはミニ丈か膝丈、あるいはマキシ丈。マキシ丈はIラインで履きこなせるストンとしたデザイン・素材のものを、トップスをコンパクトにして合わせましょう。

フレアーなデザインのスカートは横幅を強調してしまうので、なるべくタイトなシルエットのものや裾だけフレアーなものをおすすめします。

「バランス」と「メリハリ」で着こなしの幅は広がります!

いかがでしたか?色や柄、ボリュームや小物でバランスを取り、メリハリをつける事で背が低くてもスタイル良く見せる事が出来ます。

今まで諦めていたファッションやアイテムがあれば、何処かにひと工夫取り入れて、是非もう一度チャレンジしてみて下さいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント