• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

仕事後1時間で資格をゲット!多忙な社会人のための勉強法

Date:2015.10.30

shutterstock_201113354 - コピー

社会人でスキルアップしたい人や何か新しいことに挑戦したい人にとって、仕事後の時間の使い方はとても重要です。

しかし、仕事の後は疲れてしまって何も手につかない…と諦めている人も多いのではないでしょうか。

そんな新たな資格やスキルが欲しいけれど時間が取れない人のために、みるみるやる気が出てくる勉強術をご紹介します。

ちょっとの工夫で劇的に集中できる!忙しい女性のための勉強法

資格のテキストは買ってあるけど、数回開いてそのままに…という女性必見!仕事で疲れていても集中できて、テキストの内容が頭に入ってくる勉強法をご紹介します。

仕事が終ったら「サードプレイス」へ行こう

「サードプレイス」という言葉をご存知でしょうか。

サードプレイスとは?
自宅、職場に続く、「3番目の自分の居場所」と考えられる場所のこと。出勤の前後や休日に出かけていき、特に自分らしくいられると感じられる場所をさす。
カフェやファーストフード店、公園や図書館などを挙げる人が多い。

仕事の後、何となくまっすぐ帰りたくなくて、お気に入りのカフェで本を読んだりスマホをいじったりすることがある、という方はその場所が「サードプレイス」です。

スキルアップの勉強に集中したい人は、まず仕事帰りに立ち寄れるサードプレイスを見つけましょう。サードプレイスでの勉強は以下のようなメリットがあります。

  • 場所が変わることで頭が切り替えられる
  • テレビやインターネットなどの誘惑がない
  • 人の目があることで集中できる

勉強が禁止されているカフェもあるので注意しながら、自分が落ち着き集中力を保てるサードプレイスを見つけてみてください。そして、仕事の後は毎日1時間でもサードプレイスに立ち寄り勉強することを予定に組み込むことで、勉強時間を確保します。

語学は家事をしながら復唱を

勉強時間を確保したら、あとはどんどん頭に詰め込んでいくだけですね。特にスキルアップとして人気の高い語学の勉強は、覚えることや口に出して実践することがとても大切です。

サードプレイスではできない「口に出す」勉強法は、自宅に戻って家事を片付けながらやるのが効果的です。掃除や料理で手と体を動かしながら口に出すことで、脳が活性化されてより覚えやすくなります。

家事は語学テキストのCDをかけながら行い、自然と口から単語が出るようになるまで繰り返し復唱するようにしましょう。

時間を決めて勉強する

勉強時間は長ければ長い方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、実は集中力をキープして勉強を続けるには時間をあらかじめ決めておいた方が良いのです。

タイムリミットがない状態だと、人は「まだ時間があるから大丈夫」と休みたくなる欲求に勝てません。それが1時間と時間を決めてやることで、どんどん近づいて来るタイムリミットに追われ、高い集中力で勉強に取り組むことができます。

「寝る前暗記」でどんどん覚える

もっとも効果的に暗記できるタイミングは「寝る直前」です。

というのも、脳は寝ている間にその日あったことを整理しており、睡眠中の脳にとってもっとも印象に残っているもの、つまり寝る直前に見ていたものを強く記憶に残します。

そのため、ベッドの中に入って眠くなるまで暗記したい部分のテキストを読むことは、怠けているように見えてとても効率的な勉強法なのです。

時間は自分で作れる!勉強の時間を日常に組み込もう

shutterstock_230097466 - コピー

忙しい毎日の中でも勉強の時間を作るには、仕事後の時間と勉強時間を切り離すことが重要です。

仕事終わりで勉強しようとしても、どうしても「今日は仕事で疲れているからいいや」と休みたい気持ちが勝ってしまいます。

勉強の時間を「仕事後の自由な時間」ととらえずに、「サードプレイスに立ち寄って勉強すべき時間」と考えて日常に組み込むことで、脳は休息モードにならずに勉強に集中することができるのです。

スキルアップへの最初の一歩が出せずに足踏みをしている人は、ぜひこの勉強法を試してみてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント