• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

憧れているあなたに警告!シェアハウスに潜む男女トラブルの実態

Date:2014.10.27

某テレビ番組の影響によって、わたしたちの暮らしにとても身近な存在になった“シェアハウス”。

都会で一人暮らしをするには、予算内で済む物件になると駅からかなり遠かったり、自分が生まれる前から立っていたような築年数の物件だったり…なかなか希望通りの物件を借りるのは一苦労ですよね。

そんな時、頼りになるのがシェアハウス!リフォーム済みの物件など比較的綺麗なところが多いこと、キッチンやバスルームなど普通の賃貸物件では考えられないほどの設備が使い放題なのが大きな魅力。

オシャレや立ち振る舞いに気を遣いながら、他人と一つ屋根の下で同居する…イマドキな感じがなんだか洗練された大人の住環境です。

でも、良いことばかりでもないようです。今回は、シェアハウスに入居したことのある方々が経験したトホホなお話をご紹介します。

男女のプライベートスペースは出入り禁止のはずが…

男女それぞれプライベートスペースだけは、出入り禁止のルールがあったのですが、残業して遅くに帰るとなぜか自分の部屋に男の人が…。

酔って暴れたのか、ドアは壊されていたし、金銭や下着など触られたくない、見られたくないものも置いてあるのに部屋に入り込まれて本当に不快な思いをしました。

結局、相手の男性が出ていくことにはなったのですが…正直言って、自分自身も居づらくなってしまいました。

(20代女性・公務員)

一人暮らしの寂しさを感じなくて良いという反面、他人と同じ空間で過ごさなければならないという面がシェアハウス内にはあります。

楽しい時間を共有する仲間がいるのは嬉しいですが、自分だけで過ごすことのできるいわば自分のテリトリーまでは他人に入られては困りますよね。

結婚した夫婦でさえ、自分の趣味の部屋が欲しいだとか、クローゼットは開けないでほしいといった意見があるのですから、他人同士ではなおさらです。

それにも関わらず部屋に上がり込まれてしまっては、完全に自分の心が休まる空間が無くなってしまい大変です。

そういった迷惑な人と同じシェアハウスに住みたくはないですね。

共用スペースに泥棒が出るシェアハウスがたくさんあるんです!

わたしの住んでいるシェアハウス内には今共用区画に自由に使える冷蔵庫があって、その中に入れていたものが無くなるということが日常茶飯事でした。

きちんと名前を書いて保管しているのに、誰かに食べられてしまっているんです。

結局犯人はわからず、気分が悪い思いをしました。

(30代女性・ピアノ講師)

女性の一人暮らしで怖いのが“犯罪に巻き込まれてしまわないかどうか”。

女性一人で住んでいると思われたら防犯上、あまり良くありませんよね。

しかし、この場合は同じ家に泥棒がいるのですから本当に困ったものです。

他人の食材を勝手に口にするとは…一体そういった人はどういう神経をしているのでしょうか…考えられないですよね。

でも、そういう人がどこかに存在しているのも現実なのです。

恋にストッパーが効かないのはわかるけれど…

とにかく手当たり次第にシェアハウス内の男性と付き合って、別れて、また違う人と付き合って…としている女性が一人いて、その人のせいでハウス全体の空気が悪くなってしまいました。

(20代女性・IT関連企業)

人を好きになるのに理由はいりませんし、確かに毎日顔を合わせるで暮らしていたら、お互いが気になってきてしまうことだって十分にあり得るでしょう。

しかし、この場合は“手当たり次第”ということですから、確信犯と考えて良いでしょう。

そういった女性には、男性陣もなびいたりしないで欲しいところですよね。

男という生き物は“来るものは拒まず”といった心情なのでしょう。

このような女性には、面と向かってハッキリ「迷惑しています」と言わなければ、絶対に伝わりません。

直接はっきり言ったところでシェアハウス内の空気は確実に悪くなってしまいますが、すでに空気が悪いのだからもう関係ない!と思って、思いのたけをぶつけてみてください。

案外こういったタイプの惚れっぽい女性は、直球で批判されると弱かったりするものです。

シェアハウス内で突然、ルールが決められて…

ある日突然、シェアハウス内外に関わらず、恋をしよう!というルールが出来て…困りました。

そんな、恋ってしようと思って簡単に出来るわけじゃないし…。

周りで恋バナだらけになって、恋ができない自分はいつまでたっても蚊帳の外で寂しくなってしまいました。

(20代女性・医療関係)

恋をしろ!なんて言われても本当に困ってしまいますよね。

恋をしたいと思っても出来ない人は星の数ほどいます。

言われて簡単に出来るものなら、この世はカップルでいっぱい…シングルの人なんて存在しないでしょう。

皆さんが憧れるシェアハウスには、実は見えない危険がいっぱいあるのです。

見かけだけに惑わされず、しっかり見定めてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事