• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美容医療でどこまでシミが消えるのか?シミに悩む元美容部員の体験記

Date:2013.11.29

シミや色ムラは老けて見られる原因!ほほに大きなシミが一つあるだけで、5歳は老けて見えてしまいます。

私自身も物心ついた頃からそばかすがあり、20歳の頃には1センチ近いシミが頬にできてしまい、シミにはずっと悩まされてきました。

「お手入れで消してやる!」と高額な美白化粧品を使い、紫外線ケアを徹底し、ビタミン療法を取り入れてもシミは消えません。20代の新陳代謝の良い肌に、化粧品販売の中で学んだ「シミを薄くする方法」を徹底的にやってもダメだったのです。

そこでちょっと怖いけど、思い切ってレーザーなどの美容医療に頼る事にしました。私に限らず美容医療って「高そう」「痛そう」「自分には早い」なんて思っている人は多いようです。

でもそれって、もったいない事かもしれませんよ。思い切って美容皮膚科に行ってみた私の体験を、ちょっとでも参考にしてもらえたらと思います。

美白化粧品ではシミは消えない?!

私の実感としては「美白化粧品で肌は白くなる。シミも薄くなる。でも消えない」。美白化粧品とは「メラニン色素の生成を抑制する」つまり「今から出来るメラニンを減らして、これ以上黒くならないよう予防します」というもの。

確かに肌は生まれ変わっているので、今から出来るメラニンを減らせば自然と白くなるはず。でも肌を白くする事はできても、シミを消す事は化粧品では難しいのが現実。

シミの箇所は、紫外線などにより遺伝子にエラーが起こって「メラニン生成が止まらない!」状態にあるそうです。そんな暴走したメラノサイト(色素を作っている細胞)を取り除かない限り、シミを消す事は難しいでしょう。※諸説あり。

レーザー治療を受けてみた

ある程度濃くなったシミに有効なのがレーザー治療。レーザー光線で過剰なメラニンを含んだ細胞ごと取り除く施術です。私はコンプレックスだった1センチ程の大きなシミと、2ミリ程のホクロの様なシミに行いました。

・施術の流れ

シミの箇所をキレイにする→ゴーグルをつける→パチン!と2回光る→絆創膏をつけて終わり。5分もかからず「これで終わり?」と驚くほど簡単でした。痛みは針でちょっと突いた程度のもので、全く問題無しです。

・経過

カサブタができて取れるまでの1週間は、絆創膏+軟膏を使用します。絆創膏がちょっと恥ずかしいけど我慢!カサブタが取れたらキレイなピンクの肌が!シミを再発させないために、美白クリームとUVケアを徹底します。

1ヶ月後、1センチの大きなシミは再発しませんでしたが、小さいシミは再発したので再度レーザーを当てました。

・感想

何をしてもダメだったシミが、驚くほど簡単に取れるのは快感です。でも施術跡のケアが大変でした。特に紫外線に注意が必要なので、夏はやらない方がいいと思います。

ちなみに1センチのシミで1万円、2ミリのシミで5千円、その他ビタミン剤や軟膏のお代がかかります。化粧品の金額を考えると「激安でシミが消えた!」というのが私の感想です。

フォトフェイシャルを受けてみた

顔全体に特殊な光を当てて、メラニンを攻撃したり代謝を高める方法です。レーザーを当てられない薄いシミや大量のそばかす、ついでにシワのケアにもなる優れ物です!

・施術の流れ

メイクを落とす→ゴーグルをつける→冷やしながらフォトを当てる。フォトを当たる時にちょっとゴムではじかれたような痛みが「バシッ!」ときます。その後は軽く火傷をしたような痛みがありましたが、我慢できる範囲でした。

絆創膏は必要なく、すぐにメイクもできます。

・感想

1回目はあまり効果は感じられませんでした。でも2回目からはシミがどんどん濃くなって、1週間程でポロっと取れました!レーザーと違い一度に数個のシミが取れるので、細かいシミがたくさんある人に良いと思います。さらにハリがでて美肌になりました。

でもメラニンを作る細胞である「メラノサイト」はそのまま残るので、徹底した美白とUVケアをして予防する必要があります。

私な遺伝性のソバカスがある為か、3年程で元に戻りました。金額は1回2万円とやや高額。最低でも5回は続ける必要があり、ちょっとお高めですがそれに見合う効果はあると思います。

ピーリング+ビタミンC導入を受けてみた

レーザーやフォトと比べると安心感があり、金額もお手頃なので「とりあえずコレから」と始める人も多い施術です。

・施術の流れ

メイクを落とす→薬剤を塗って放置→拭き取ってイオン導入。その後1カ月は肌が薄くなっている為、保湿やUVケアを徹底します。

・感想

くすみが取れて明るくなり、キレイな肌になりました。数日後に皮膚がめくれましたが、少しなら問題ないそうです。シミも多少は薄くなりましたが、これでシミが取れる事は無いと思います。

薄い初期のシミや、ニキビ、毛穴に効果的な「エステの延長」くらいに思ったらいいでしょう。

ハイドロキノン軟膏を塗ってみた

高級な化粧品に入っているハイドロキノンですが、皮膚科に行くと数百円で5%配合の高濃度な軟膏がもらえます。ハイドロキノンはメラノサイトの働きを抑え込む強力なお薬で、ちょっと刺激があり赤みがでる事もあります。

「シミの所にだけ塗って」と指示されますがズボラな私には難しく、シミの周りが白斑のように白く浮いてきたのでやめました。それからはレーザーを打った後の、シミの再発防止の為に使うようにしています。

トラネキサム酸を飲んでみた

肝斑が出来ていたようで、トラネキサム酸という薬を処方してもらいました。それまで頬が全体的にくすんでいて「チークが合わなかったのかな?」と気になっていましたが、それが肝斑だったようです。

薬を飲んでから3カ月程で頬のくすみがキレイに無くなり、これにはビックリしました!しかも薬代は1カ月1800円程度で、薬局で買うよりも激安です。

トラネキサム酸は長期間続けて飲んではいけないらしいので、肝斑に関しては皮膚科に相談した方がよさそうです。

いかがでしたか?あくまでも私個人の体験と感想ですが、参考になれば嬉しいです。私はレーザー治療やフォトフェイシャルを受けて良かったと思っています。だって10年かけてビクともしなかったシミが、あっと言う間に消えたのですから!

シミにお悩みの人は、思い切って美容皮膚科に相談してみては?想像以上に簡単にキレイになるかもしれませんよ!

この記事をシェアする

関連記事