• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お肌のしみは消えるの?しみに良いとされる対処法は何?

Date:2013.10.18

鏡を見て、いつの間にか顔に出来てしまったしみを見つけて、悲鳴をあげたことありますよね?そんな憎々しいしみですが、消すことはできるのでしょうか?

王道・・・日焼け止め&ビタミンC

紫外線に当たらないことと、ビタミンCを取るというのはもう常識ですよね。でも日焼け止めをバッチリ塗って、ビタミンCを摂取していても、なぜか薄いしみってできていませんか?

日焼け止めは汗をかくとどうしても知らず知らずのうちに流れ落ちてしまうし、ビタミンCは一度に大量摂取しても意味はなく、必要以上のものは体の外に出てしまうそうです。

毎日ビタミンCをきっちり取り続けるのも面倒くさいですし。ということは、しみの誕生を食い止めるのはなかなか難しそうですよね。

しみができてしまったら?

では、しみができたらどうすればいいのでしょう?しみ対策用のクリームがいろんな化粧品メーカーから、もしくはエステサロンから出ていますよね。

ああいったもの、効果ありますか?「ない!」という声も聞こえてきそうですが、人によって効果があったりなかったりもやはりあるみたいです。自分のしみにどの化粧品が合うのか探してみる必要があるのかもしれません。

長年しみで悩んでいたある人は、値段も手頃な小林製薬の『ケシミン』で、顔の真ん中らへんにあった大きな親指の爪くらいのしみが1年ほどで跡形もなく消えたそうですよ。自分のしみに合ったものを探し出すことができたら本当にラッキーですね。

皮膚科で

自分のしみに合った化粧品なんて探し出すのに時間がかかりすぎるからイヤだという人もいるでしょうが、もし探し出せなくてもあきらめる必要はありません。化粧品がダメならレーザーがあります!

今すぐにしみを消したいなら、レーザーのほうが早いですよね。でも、エステでトラブルが少なくないのも事実。もしエステサロンでのレーザーの施術が怖くて不安だという方は、皮膚科の病院をお勧めします。

全ての皮膚科では行ってはいないかもしれませんが、皮膚科の病院でしてもらえるとやはり専門知識の豊富なお医者さんがすぐ近くにいるということで安心できますよね。病院なら高価な化粧品を売りつけられることもないでしょうし、トラブルも少ないかもしれません。

日焼けを避け、ビタミンCを毎日きちんと取り続けて、しみを予防することが大事ですが、もし新しいしみができてしまったら一刻も早く消したいものですよね。そういう方は、レーザーの施術を行っている信頼できる皮膚科を探してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事