• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

シミ対策はスキンケアと食事、両方から。早ければ早いほど効果が出る!

Date:2017.10.10

本気でシミを何とかしたいと思っている方へ、スキンケアはもちろん大切ですが、食事もとても大切です。シミ対策は身体の外側と内側、両方からケアすることで効果が出ます。

年齢を重ねるに従ってシミはどんどん濃くなっていくので、今気づいた時がケアする時なんです!

シミ消し対策は早ければ早いほど効果がでますから、すぐにでも始めませんか。そこで、今あるシミを消すための対策についてまとめました。


シミを消すためのスキンケア対策

シミを消すためには、美白化粧品を使うだけでなく、普段のスキンケアの方法もとても大切です。

▼シミの原因についてはコチラも参考にしてください!

シミの原因の記事のトップ画像キャプチャ

角質を硬くしないための保湿

私たちの肌はターンオーバーを繰り返し、新しい肌が毎日作られています。完全に生まれ変わるまでの周期がおよそ28日といわれていますが、これは20代前半の健康な肌である場合です。

残念ながら、年齢とともにこのターンオーバーは乱れ、肌の生まれ変わりがどんどん遅くなるのです。

シミの元であるメラニン色素というのは、出来た時からすぐにシミになるわけではありません。メラニン色素は誰でも作られるのですが、それが残るか残らないかがシミの分かれ道なんです。

肌の奥で生まれたメラニン色素がどんどん上に上がってくるのですが、新陳代謝が盛んな頃は古い角質層と一緒に排出されてしまうので、シミとして残らない、それだけのことなんです。

ターンオーバーが乱れると古い角質層が硬くなって肌の表面に残ってしまい、そこにシミが定着します。

ですから、この角質層を硬くしないで、早く剥がれるようにしたいんですね。

そのためには肌を柔らかくし、たっぷり保湿できる化粧水や美容液を使って保湿することが超重要です。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

など、保湿成分がたっぷり入った基礎化粧品を使って肌を徹底的に保湿しましょう。

適度にピーリング効果のある洗顔料を使う

年齢とともに、保湿だけではターンオーバーの乱れをくい止めることが出来なくなってきます。

その時には、酵素洗顔など適度にピーリング効果のある洗顔料を週に1〜2回使って、角質層をためないようにしていきましょう。

シミを消すために使いたい美白化粧品

通常、美白成分といえば「シミを予防する」ためのもの。もちろん、新しくできるシミは防がないといけませんが、出来てしまったシミを消す効果とはまた違うのです。

シミを消したいならシミを予防するのではなく、メラニン色素を消してくれるような成分が配合されている化粧品を選びましょう。

シミ消しといえばハイドロキノン

ハイドロキノンはコーヒーやベリー類にも含まれる天然成分ですが、「肌の漂白剤」と呼ばれるほど美白効果の高い成分です。

それは、メラニンの還元作用で、黒くなってしまったメラニン色素を薄くしていくことが出来るんです。

しかし、非常に刺激の強い美白成分でもあるので、敏感肌の人は注意が必要です。濃度が高いハイドロキノンクリームは肌が荒れてしまうかもしれません。

スポット的に使うクリームタイプが多く、使用上の注意を守ることが大事です。

夜専用といわれたら日中は使ってはいけないので、シミを何とかしたいという思いで広範囲に塗ってしまうとか、日中も使ってしまうなど、指示された使い方以外の使い方をしないように気をつけましょう。

▼ハイドロキノンの効果や注意点についてはコチラも参考にしてください!

ハイドロキノンの効果の記事のトップ画像キャプチャ

メラニンを排出するプラセンタエキス

プラセンタエキスとは胎盤から取り出したエキスのことです。

エイジングケアとしても人気のプラセンタエキスですが、出来てしまったメラニン色素を黒くしないという効果があり、その美白作用にも大きな注目が集まっています。

また、メラニンが出来てしまってもその排出を促進するので、シミを薄くしていく効果が期待できるんです。

プラセンタエキスは高価なので、化粧水よりは美容液で使われることが多いです。

日本酒にも含まれるアルブチン

アルブチンもハイドロキノンと並んで有名な美白成分ですが、ハイドロキノンよりも刺激が穏やかなので、敏感肌の方はこちらの方がおすすめです。

アルブチンにはαとβの2種類があります。アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖が結合したもので、その仕組みによってαとβに分けられます。一般的にアルブチンといったらβアルブチンをさしています。

しかし、出来てしまったシミを薄くする効果が高いのはαアルブチンです。

化粧品でアルブチン配合のものを選ぶ時は、どちらのアルブチンかを確認してから購入した方がいいですね。

予防だけじゃない、ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体にはメラニンの還元作用があるので、シミの予防だけでなく、出来てしまったシミにも働きかけることが出来ます。

ただし、ビタミンC誘導体は皮脂をコントロールして肌を乾燥させやすくなるので、乾燥肌の人は注意が必要です。

ビタミンC誘導体入りの化粧品を使う時は、同時に保湿成分が配合されているものを選びましょう。

ターンオーバーを促進するフラーレン

シミを消すためには、メラニンを黒くしないという以外に、排出しやすくするというのも重要なポイント。

そのために役立つのが、肌のターンオーバーを促進するフラーレンです。

あまり聞き慣れない美容成分かもしれませんが、保湿力や肌のターンオーバーを促進することで、できたてのシミなら薄くできる可能性があります。

肝斑を薄くするならトラネキサム酸

一般的なシミというよりは肝斑のケアによく使われる成分です。

元々は止血剤や抗炎症剤などの薬として使われてきた成分で、女性ホルモンの影響で出来てしまう肝斑のケアに有効です。

化粧品より「医薬部外品」を使う

シミ消し効果を期待するなら、化粧品よりも「医薬部外品」を選びましょう。

医薬部外品とは化粧品と医薬品の中間に位置するもので、化粧品とは違い、特定の効果が期待できる有効成分が配合されているのが特徴です。

厚生労働省が認めている成分ですから、化粧品よりはシミ消し対策に有効だと思われます。

シミを消すために取り入れたい食事、睡眠

年齢とともに、スキンケアや化粧品だけではシミ対策が出来なくなっていきます。

ターンオーバーを促進するためのタンパク質

肌の調子を整えるためにはビタミンやミネラルはもちろん大事です。しかし、野菜サラダや野菜ジュースだけでは、ターンオーバーは促進できません。

大事なのはタンパク質!新しい肌を作るには、タンパク質が欠かせません。

植物性、動物性、両方摂りたいので、肉や魚だけでなく、大豆製品なども積極的にとるようにしてください。

ちなみに肉を食べると太る、と誤解している人がいますが、肉では太りませんからご安心ください。

脂質と糖質を同時に摂ることがいけないので、良質のタンパク質はむしろ美容にも健康にも必要なものです。

成長ホルモンを分泌するための睡眠

肌のターンオーバーを促進するためには、食事と並んで睡眠が超重要です。しかし、頭では分かっていても、それを実践出来ている人はとても少ない!

寝る直前までスマホをいじっていたり、休みの前の日はついつい夜更かしをしたりしていませんか?それでは質の良い睡眠は取れません。

シミを消したいなら質の良い睡眠は不可欠です。なぜなら、成長ホルモンが分泌されないと肌の新陳代謝は盛んにならず、睡眠の質がよくないと成長ホルモンがしっかり分泌されないからです。

寝入りばなの数時間はぐっすり眠る!これが成長ホルモンを分泌する秘訣です。夜更かしせず、すっと気持ちよく寝付けるように、

  • 寝る前のパソコンやスマホをやめる(目からの光の刺激で寝つきが悪くなる)。
  • 出来ればその日のうちに就寝する。
  • 休みの日でも平日と同じ時間に起きる。

この3つを守って身体のリズムをしっかり作り、質の良い睡眠をとるようにしてください。

そうすれば成長ホルモンがきちんと分泌されることで、新陳代謝も良くなり、シミが早く消えるようになるでしょう。

シミ対策に役立つサプリメント

シミを消すために役立つ成分としては、

  • L-システイン
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC、E
  • ビタミンB群
  • エラグ酸

などが配合されているものをおすすめします。

ビタミン類は食事からも摂れますが、シミを消すほどの量を毎日摂るのは難しいものです。美容のためにサプリメントで補うことをおすすめします。

L-システインはメラニンの排出を促進してくれます。これも食事から摂るのはなかなか難しいのでサプリメントで摂る方が効率的でしょう。

即効性を求めるなら美容クリニック

化粧品や生活習慣からのケアはもちろん必要なものですが、効果が出るまでに少々時間がかかります。

そこで、即効性を求める人には美容クリニックや美容皮膚科での治療がおすすめです。

肌の回復に合わせて数回の治療を行い、完全に消えるまでには数ヶ月〜1年くらいかかりますが、化粧品だけよりはずっと早いでしょう。

シミ消しレーザー治療

ピンポイントでシミにレーザーを当てることで、セルフケアでは消えなかったシミもキレイにしてくれます。

レーザーには色々種類があり、シミの範囲や濃さによって適したものが違ってきます。

料金もシミの大きさや範囲によってまちまちですが、病気の治療ではないので自由診療となります。

▼シミのレーザー治療についてはコチラも参考にしてください!

シミ取りレーザーの記事のトップ画像キャプチャ

美白のための外用薬、内服薬の併用

美容クリニックでは、レーザー治療のあとに、より早く効果を出すために、

  • トレチノイン
  • ハイドロキノン

などの外用薬を併用していくこともあります。

  • ビタミンC
  • トラネキサム酸

などの内服薬を使うこともありますが、いずれもシミの程度によるでしょう。

肌の奥まで美白成分を届けるイオン導入

超微弱な電流を流すことで、美白成分を肌の奥まで届けるのがイオン導入です。

家庭でイオン導入が出来る美顔器などもありますが、やはり機械の性能と使う美白成分の品質からいうと、クリニックでやってもらった方が効果が断然違うでしょう。

角質を取り除くケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を塗って強制的に古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進する方法です。シミを取り除く他、くすみや毛穴の悩みにも有効な美容法です。

自分で行う方法もありますが、やはり専門家にやってもらった方が効果は高いですね。

▼ケミカルピーリングについてはコチラも参考にしてください!

ケミカルピーリングの記事のトップ画像キャプチャ

できたてのシミなら早くケアするほど効果的

日焼けをするとすぐシミが出来るわけではありません。メラニン色素が作られるまでにも時間がかかりますし、それが定着するのにもある程度の時間がかかります。

ですから、できたてのシミならば肌のターンオーバーを促進し、メラニン色素を排出、もしくは無色化していくことで消すことが出来ます。

ですから、もしシミを見つけたらすぐに美白対策をすることが必要です。そしてまだ表面に出てきていないシミを撃退するためにも、1日でも早くケアすることです。

シミを薄くして、もうメイクでごまかさない!

今回ご紹介した化粧品を使ったり、スキンケアを丁寧にすることで、出来てしまったシミも薄くしていくことが出来ます。

しかし、シミが出来る原因を元から断つのも大事なことです。

メラニンの生成を抑えるために基本的な紫外線対策として日焼け止めを塗ることは必須ですし、肌に摩擦を与えないように優しく扱うことも大切です。

年齢を重ねるに従ってシミを消すのにも時間がかかるようになりますから、今それほど気になっていない人でもしっかりシミ対策をしていった方がいいですよ!

この記事をシェアする

関連記事

コメント