• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

表情筋を鍛える方法とその効果。小顔になるには表情筋のトレーニング

Date:2017.02.07

小顔矯正や小顔メイク、小顔ローラーなど、今も昔も小顔を願う女性が溢れています。

しかし、高額である、難しいなどでなかなか小顔に辿りつけないで悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

実は、小顔は顔の中にある筋肉を刺激するだけでも手に入れることができることはご存知でしょうか。

美容整形とは違うのですぐに効果が出るわけではありますが、続けることで小顔に近づけることが可能です。

今回は、顔に張り巡らされている表情筋を鍛えるメリットや具体的な鍛え方などについてご紹介しましょう。


表情筋を鍛えるとなぜ小顔になる?表情筋を鍛えるメリットをご紹介

小顔になるためには表情筋を鍛える必要がありますが、鍛えることで得られるメリットは顔が小さくなるだけではありません。

ここでは、表情筋を鍛えるメリットについてご紹介しましょう。

顔の脂肪が減少する

脂肪は、足や腕などだけではなく顔にもつく厄介なものです。顔に脂肪があると二重顎や頬が垂れるなどが起こり、小顔から遠ざかってしまいます。

表情筋を鍛えれば、顔まわりについてしまった脂肪が減少するというメリットがあるのです。

ほうれい線やしわが目立ちにくくなる

表情筋は、目や鼻や口など顔全体に巡っている筋肉ですが使わなければ衰えていくだけです。

筋肉が衰えるということは、支えている皮膚が緩むのでほうれい線やしわが目立つようになります。

しかし、表情筋を鍛えれば、筋肉がついて皮膚が上がってほうれい線やしわは目立ちにくくなるでしょう。

目が大きくなる、二重になる

表情筋は目の周りにもありますので、鍛えることでまぶたが動きやすくなって目が大きく見えるでしょう。

人によっては、表情筋の動きが活発になることで二重になることもあります。

表情豊かになる

表情筋を鍛えると顔の筋肉が動きやすくなって、喜怒哀楽も表現しやすく無表情になりにくくなります

引きつった表情になることもないので、笑顔も見せやすくなります。表情豊かになることで明るい印象をもたれるでしょう。

血流が改善される

表情筋を鍛えるとフェイスラインが全体的に引き締まります。

小顔効果はもちろんですが、顔と繋がる首のしわもできにくくなりますし、顔全体の血流が良くなることで頭の血流も改善されます。

顔の血流が改善されることで、体にも変化が起こって肩こり解消や冷え性改善などの効果も期待できるでしょう。

では、一体どうすれば衰えた表情筋を鍛えることができるのでしょうか。次の項目で表情筋を鍛える方法を幾つかご紹介しましょう。

小顔は鍛え方次第でゲットできる!小顔にするために表情筋を鍛える方法

表情筋を鍛えることは小顔になることに繋がりますが、日本人には小顔になりにくい原因があるのです。

そもそも日本語の発音方法や感情の表し方は、海外に比べておとなしいのであまり顔の筋肉を使用しないという特徴があります。

表情筋を使うことが少ないので、日本人は海外の人と比べて顔が大きくなりやすいようです。

ですが、諦める必要はありません。表情筋を鍛えれば日本語を使い続けても小顔になることは可能です。

ここでは、表情筋を鍛える具体的な方法をご紹介しましょう。

口角トレーニング

口角が下がると顔が大きく見えやすくなりますし、不満気に見えて機嫌が悪いと勘違いされてしまうかもしれません。

口角とは、口の周りの筋肉で表情筋の一つです。鍛えることで小顔だけではなく、口角も上がって笑顔が似合う顔になるでしょう。

口角トレーニングの方法をご紹介します。

  1. 右目を閉じる
  2. そのままウインクするのですが、この時に頬と口を引き上げる
  3. 5秒程度キープしたら今度は左目で同じことをする

1日3回程度行うことで、口角と一緒に頬も引き上げられて小顔になるでしょう。口の周りの筋肉は使うほどに鍛えられます。

普段からよく噛んで食事をするだけでも口角トレーニングになりますので、柔らかい物ばかりではなく噛み応えがある物も食べる習慣をつけましょう。

変顔トレーニング

表情筋を鍛えたい場合は、普段使わない筋肉を使うことがポイントです。

そこで、普段は絶対にしない変顔をして鍛えるという方法をご紹介しましょう。

変顔トレーニングと呼ばれる方法は以下です。

  1. 舌を出し右へ動かす時に目も同時に右へ動かし、左へ動かす時に目も同時に左へ動かす
  2. 口を大きく開けてからゆっくりした顎を前に出して戻す
  3. 顔のパーツを真ん中に集めるようにイメージして縮めてから大きく口を開ける

変顔であれば何でも構いませんので、思いつく限りの変顔を試してみましょう。

動かしにくい部分や動きが悪い部分はそれだけ表情筋が衰えているということなので、重点的に鍛えましょう。

笑顔キープ

笑顔は見る人を幸せな気分にさせるものですが、口だけ笑っていても不自然に見えます

自然な笑顔によって誰かを幸せ気分にできますし、何より小顔効果も期待できます。

ここでは、割り箸でできる笑顔トレーニングの方法をご紹介しましょう。

  1. 割り箸をくわえた状態で笑う時と同じように口を横に開いて30秒キープする
  2. 割り箸をくわえたまま10秒休んだらもう一度行う
  3. 慣れてきたら30秒キープ中に目を閉じたり開いたりも行って目の周りの筋肉も一緒に鍛えましょう

keep smiling 0213-1

尚、理想的な笑顔は口を隠して目と眉毛だけが見えている状態でも笑っているとわかる状態と言われています。

小顔と併せて笑顔も手に入れたい方は、口だけを手やハンカチで隠した状態で鏡を見ても笑顔に見えるように練習しましょう。

アイウエオ体操

表情筋は、「アイウエオ」を言うように口を動かして鍛えることもできます。

実際に声を出しても、出さなくてもできるので場所を選ばず鍛えることができます。

アイウエオ体操は以下です。

  1. ア、イ、ウ、エ、オの1文字につき10秒キープします
  2. キープする際には普段使わない表情筋を意識して目いっぱい動かしましょう

血行が促進されるほど動かしやすいので、湯船の中や湯上りにすることが効果的です。

舌回しトレーニング

舌を動かすことも表情筋を鍛えることに繋がります。

舌を回すことで、口腔内の唾液が増えることから歯周病予防にもなります。

舌回しトレーニングは以下です。

  1. 口を閉じたまま歯の表面を舐めるようにして、舌を右回りで1周させることを10回程度行う
  2. 左回りでも同じように行う

1日3回程度行い、急がずゆっくり舌を回しましょう。そして、片側10回に慣れてきたら徐々に回数を増やして、舌と表情筋を鍛えましょう。

表情筋トレーニングのために積極的に摂りたい食品

一人暮らしや喜怒哀楽を顔に出さない女性は、表情筋が衰えやすいので実年齢以上にみられる原因になります。

マッサージや器具を使って表情筋を鍛えることもお勧めですが、食べ物で表情筋の機能を高め、鍛えることもお勧めします。

食べるという行為で表情筋を鍛えるためには、噛む回数が必要で顎だけではなく表情筋を鍛える硬い食べ物がお勧めです。

お勧めしたい食べ物は以下です。

  • フランスパン
  • イカやスルメなどの珍味
  • せんべい
  • ナッツ類
  • 軟骨

噛み続けることができるガムも表情筋を鍛える効果が期待できるでしょう。

また、表情筋の組織の柔軟性や弾力性を高める食品は以下です。

  • 鶏皮や牛筋、フカヒレなどコラーゲンを含む食べ物
  • ブロッコリーやさつまいも、果物などコラーゲンの生成をサポートするビタミンC
  • マグロやカツオ、真アジなどコラーゲンを作り出すために欠かせないアミノ酸

上記の食品を食べるだけで表情筋がスムーズに動くようになりますし、よく噛んで食べること自体が表情筋を鍛えることにも繋がります。

尚、ご紹介した食品を食べる時は、片側だけではなく両側で噛みましょう。片側噛みばかりしていると歯や顎に負担がかかるだけではなく、顔の歪みの原因になります。

両側を使って噛むことで表情筋は均一に刺激され、左右の顔のバランスが整います。

今の顔に不満があるなら自分で変えよう!表情筋を鍛えて小顔美人に!

表情筋を鍛えて小顔になる方法についてご紹介しましたが、少し習慣を変えることで小顔にすることが可能です。

スマートフォンやタブレットを操作することは、習慣化しているでしょうが、下を向いて使用することで二重顎やたるみ、口角を下げるなどの悪影響が出てしまいます。

悪影響によって老け顔になるだけではなく、全体的に下がってしまうので顔が大きくなりやすいのです。

スマートフォンやタブレットなどの操作時には、下を向かずに目の高さまで上げることを心がけましょう

パソコンも同様に目線より下げ過ぎると顔が大きくなるだけではなく、姿勢も悪くなります。

姿勢の悪さは体内の血液循環を悪くするので、小顔にするためのリンパマッサージやエクササイズをしても効果が出にくくなります。

電子機器を扱う時、読書する時などは、姿勢を正すことを日常的に心がけて習慣化しましょう。

小顔になることができれば、服装やメイクなども顔の大きさを意識せずにお好みでアレンジすることができるでしょうから、この機会に表情筋を鍛えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント