• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今日から乾物をとりいれよう!乾物の女性に嬉しい栄養素とは

Date:2012.09.09

古くは江戸時代から、主に収穫物が減る冬場の栄養源として食されてきた乾物。生の食材を干すことによって女性に嬉しい栄養素が増します。保存も効いて便利な上に体にいいとなれば、食事に取り入れない手はありません。

乾物=おばあちゃんというイメージがあるかもしれませんが、忙しくて食生活が乱れがちな現代女子にこそ、試して欲しい食材なのです。是非、その良さを見直してみましょう。

乾物の種類

乾物にはたくさんの種類があります。以下によく使われる乾物とその代表的な栄養素を挙げます。

  • 干しシイタケ(ビタミンD、食物繊維)
  • 切り干大根(食物繊維、カルシウム)
  • ひじき(マグネシウム、カルシウム、食物繊維、鉄分)
  • わかめ(カルシウム、食物繊維、ミネラル)
  • 高野豆腐(カルシウム、アミノ酸)
  • きくらげ(食物繊維、鉄分、カルシウム)

栄養素1:カルシウム&鉄分

カルシウムは骨粗鬆症を予防したり、精神のイライラを鎮めるのに役立ちます。そして鉄分はご存じの通り、貧血を予防します。

これらの症状と言えば…そうです。女性の生理です。生理時こそ、積極的に食事に取り入れましょう。

そして女性ならばいつかは訪れる閉経。閉経後は女性ホルモンが出なくなるため骨粗鬆症になりやすくなると言われています。若い今のうちからしっかり摂り入れて丈夫な骨を作っておきましょう。

栄養素2:アミノ酸

高野豆腐にはアミノ酸がバランスよく含まれています。アミノ酸は脂肪燃焼を助けてダイエットに役立つ他、髪、肌、爪を美しく保つ働きをしてくれます。

また、体力維持や免疫力UPにも役立つとされ、美容効果だけでなく健康効果も期待できる優れた栄養素なのです。

栄養素3:マグネシウム

ひじきにはマグネシウムが豊富に含まれています。マグネシウムは糖の代謝をスムーズにし、中性脂肪の蓄積を防ぐ役割があります。まさにダイエットにぴったりの食材と言えます。

またマグネシウムには、シミの原因となるメラニンを体外へ排出する働きもあるため、美肌にも効果があるとされています。

栄養素4:食物繊維

切り干し大根をはじめ、乾物には豊富な食物繊維が含まれています。そして乾物の食物繊維は「不溶性食物繊維」と言って、水に溶けない性質で、体内に溜まった毒素を吸着し便として体外へ排出してくれます。

女性に多い便秘を解消しデトックス効果も期待できるのです。

栄養素5:ビタミンD

生のシイタケに含まれているエルゴスチンという成分は干すことによってビタミンDに変化します。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にする役割があります。

また、近年ビタミンDには抗ガン作用があることも分かってきました。将来のガン予防のためにも積極的に乾物を摂りましょう。

生のシイタケを調理前に天日干しするたけでもビタミンDがグッと増えますので、干しシイタケがない場合には試してみてください。

乾物を使った代表的な料理

以下に我が家でよく作る乾物を使った料理を挙げておきますので、参考にしてみてください。

  • 干しシイタケ → 大根、にんじんと一緒に煮物に。
  • 切り干し大根 → 切り干し大根とにんじんの煮物。
  • ひじき    → ひじきの煮物(にんじん、油揚げ、水煮大豆)
  • わかめ    → 味噌汁や酢の物に。
  • 高野豆腐   → にんじん、絹さやと一緒にだし汁で煮る。
  • きくらげ   → 八宝菜などの中華調理に。

女性に嬉しい効果がギュッと詰まった乾物。毎日の食事に摂り入れて、健康美人を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事