• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【女子必見】どんなに食べても太らない食事の方法とコツ10か条

Date:2012.08.16

もともと太らない体質、という人もいますが大部分の人は食べればその分太ります。また、女性は特に年齢とともに太りやすい体質になっていきます。

でも、中にはものすごく食べるのにスリムな体型を維持している人もいますね。反対にそれほど量は食べないのに、太ってしまう人もいます。体質だから、と諦めないで。

食べても太らない人は、食べても太らない方法を知っているのです。食べ方に注意することで、好きなものを好きなだけ食べることもできるのですよ。それには、食事の方法と内容にコツがあるのです。

食べる順番を変えてみる

普段の食事の量や内容を変えずに、食べる順番を考えて食べましょう。最初に食べるのは野菜やスープ、次に肉や魚、最後にご飯やパン、といった順番で食べるのです。

空腹でご飯やめん類などを大量に摂ると、急激に血糖値が上がり脂肪の蓄積につながってしまいます。野菜から食べ始めると体脂肪の合成がゆるやかになり、脂肪の蓄積を防ぐことができるのです。

さらにゆっくり噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、カロリーの高いものを食べる前にお腹が満たされることで、食べ過ぎを防ぐことができます。

寝る3時間前までには夕食を終わらせる

多くの女性が知っていることだと思いますが、寝る前に食べたものは消化しきれないので、夕食が遅いと太る原因になります。夕食は遅くても寝る3時間前までにとるようにしましょう。

夕食が遅くなる日は夕方に少しだけ食べる

夕食が遅いうえにたくさん食べては太るのは当たり前です。お腹がすいた状態で家に帰ってたくさん食べるとカロリー過多になってしまいます。そうならないためにも、夕方にうどんやおにぎり1個など、少し食べておきましょう。

また、家に帰ったら少しでも寝る前の時間にカロリーを消費できるように、最初にご飯を食べ、そのあとお風呂に入ったり、掃除をしてカロリーを消費してから寝ましょう。

脂肪分の多いケーキは午後3時に食べる

脂肪の生成を促し、体内に脂肪の蓄積をする働きがあるタンパク質があります。この物質が多く分泌されるのが午後10時~午前2時。一番分泌量が少ないのは午後3時と言われています。

これを考えると、脂肪分の多い甘いもの、ケーキやチョコレートなどを食べるのは、午後3時がおすすめですよ。

空腹は我慢しない

お腹がすいてもダイエットだと思って我慢してはいけませんよ。食事の回数を減らしても量が多いとダイエットにはなりません。空腹で食事をすると、血糖値が急激に上昇し、脂肪が蓄積されやすいのです。また、食べ過ぎにもつながります。

空腹を感じたら、何かお腹に入れるようにしましょう。3食のうち1食でも抜くと、その間空腹状態になり次に食べたときに過剰に栄養を摂取してしまいます。1日3回、バランスよく食べることを心がけましょう。

調理方法に注意する

外食の脂物は高カロリーです。素材そのものか、蒸したもの、ゆでたもの、焼いたもの、など油をあまり使わずに調理されたものを選んで食べるようにしましょう。

家で調理をする際には、蒸し器や電子レンジを使って調理を。フライパンよりも網で焼くと脂質をカットすることができます。

調味料の使いすぎに注意

しょうゆや砂糖など味を濃くすると、ついつい量を食べてしまいます。だしを濃くとったり、ハーブやスパイスなどで味付けをしたりして、調味料の使いすぎにも注意しましょう。

砂糖などは調理の最後に入れると甘味は強くなりますよ。また、砂糖の代わりにはちみつなどを使うとカロリーもおさえることができます。

いつも腹8分目に

満腹になるということは食べ過ぎ、ということです。お腹が落ち着いたな、というところでやめておきましょう。もったいなくて食べるのをやめられない、という人は最初から食べる量を少なく用意しましょう。

また、ゆっくりよく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されます。会話を楽しみながら、ゆっくりと食事を味わいながら食べましょう。

どか食いをしたら次の日はおさえる

飲み会やパーティなどで食べ過ぎてしまうこともありますね。そんな日の翌日はカロリーが低めな食事をしましょう。

食事を抜いてしまってはいけません。3食は食べるようにして、その内容を軽めのものにしましょう。また、運動をしてカロリーを消費することも必要です。

運動をして筋肉をつける

ダイエットをしている女性なら誰もが知っている運動の重要性。運動をしてカロリーを消費することもダイエットにつながりますが、やせやすい体をつくるには筋肉が必要です。

筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、食べても太らない体になるのです。運動をしないでやせると筋肉が落ちて、太りやすい体になってしまいます。

基礎代謝を上げるには、有酸素運動の他にスクワットや腕立てふせ、腹筋、ダンベル運動などの筋力トレーニングをするようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事