• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食事でもっと免疫力を上げよう!風邪と闘う10個の食品

Date:2012.12.02

寒くなり、乾燥してくると、どうしても風邪を引きやすくなってしまいます。予防として、手洗いうがいをまめに行い、しっかりと身体を休めることが必要となってきますが、それに加えて、やはり食生活はとても大切です。

栄養のあるものをバランスよく食べることが理想的ですが、実は中でも風邪と効果的に闘ってくれる食品があるのをご存知ですか?規則正しいライフスタイルに加え、風邪予防に効果的な食品を食生活に取り入れ、免疫力を上げて健康な生活を送りましょう!

1. 魚

サケ、マグロ、サバなど、脂がのった魚は、身体の中で害がある炎症を減らしてくれるのに効果的なオメガ3をたっぷり含んでいます。慢性炎症は免疫系の働きを妨害し、風邪や更に深刻な病気に繋がる可能性があるのです。

複数の医学生が魚のオイルのサプリメントを3ヶ月続けて取ったところ、炎症のレベルが低くなり、免疫力を落としてしまう原因となる不安感の症状を軽減させたとの研究結果も出ています。

2. にんにく

にんにくは料理にアクセントを加えてくれるものですが、それだけではなく、刻むことで、その刺激臭の原因となっているアリシンという抗酸化物質が発生して、風邪予防の役割を果たしてくれるのです。

2001年に行われた研究では、11月から2月の間12週間にんにくのサプリメントをとった人たちは、偽薬をとった人たちよりも風邪を引く人が少なく、具合が悪くなった人も、にんにくのサプリメントをとったことで、治りが早くなったとの結果が出ています。

3. 柑橘類

実は、近年の調査ではビタミンCの摂取はかつて思われたよりもそこまで風邪予防に有効ではないと言っているようです。でも、風邪の初期症状が出た時点でビタミンを摂ると、風邪を患う期間が一日ほど短くなるという研究結果があるのです。

そこで、オレンジや、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系のフルーツをたっぷりとりましょう。柑橘類は栄養の宝庫なのです。ビタミンCは摂りすぎにはならないので、進んで摂取しましょう。

4. ヨーグルト、ケフィア

ヨーグルトやケフィアのようなプロバイオティック食品は腸内環境や消化器官を整えてくれる、健康食品です。更にはプロバイオティックを摂取することで、上気道感染のリスクも減るという調査結果も出ています。

5. お茶

風邪で痰などで咳が出て胸が詰まった感じがするときや喉がいたいときには、温かいお茶を飲むことでその症状が和らいだりしますよね。

でも、それ以上に、紅茶でも、緑茶でも、お茶一般はカテキンと呼ばれる抗酸化物質を含み、風邪予防に多大な効果をもたらすと研究結果としても出ています。日本人は緑茶を沢山飲みますが、日常的にお茶を飲むことは良いことのようですね。

6. 赤ピーマン

柑橘類と同じように、赤ピーマンも沢山のビタミンCを含んでいます。ひとつの赤ピーマンには女性が必要としている一日の摂取量の倍に当たる、150ミリグラムのビタミンCが含まれているのです。

これは、大きなオレンジひとつ分以上に当たります。風邪で具合が悪いときは一日に400から500ミリグラムのビタミンCをとると良いとも言われており、欧米では特に、風邪を引くと薬よりまずビタミンCというのが通念です。

7. 牛乳

ビタミンDはご存知、骨を強くするのや、心臓病と闘う効果があるのですが、更には免疫系にも大切なのです。

太陽の日の光を浴びること、牛乳、オレンジジュース、シリアルなどでビタミンDは摂取できます。ビタミンDを摂取することで、上気道感染に有効であったり、子供の冬風邪を予防するという研究結果が出ています。

8. きのこ類

きのこは沢山種類がありますが、どのきのこも免疫力を高める抗酸化物質を始め、カリウム、ビタミンB群、繊維を含んでいます。

9. ブルーベリー

ブルーベリーは抗酸化物質の宝庫で、特に野生のブルーベリーは、免疫力を高めてくれる効果があるのです。

2007年のコーネル大学の研究によると、野生のブルーベリーは、アントシアニンという抗酸化物質のレベルが高いため、活発な抗酸化物質を他のどの果物よりも含んでいる、とのことです。

10. ダークチョコレート

チョコレートが風邪に?と思うかも知れませんが、原料のココアが重要なのです。純正ココアは病気と闘う抗酸化物質であるポリフェノールをベリー類よりも含んでおり、プラス、それを引き上げる亜鉛も含んでいるので、とてもよいとされています。

でも、勿論、チョコレートといったら砂糖がついてまわりますよね。砂糖はやはり身体には良くないので、チョコレートを選ぶときにはミルクチョコレートを避け、ダークチョコレートを選びましょう。

また、ココア70%以上のチョコレートを選び、一口サイズのものを一日ひとつ程度を守るのが良いでしょう。

この記事をシェアする

関連記事