• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ショートヘアが似合う条件とショートヘアにすべきタイミング

Date:2016.01.09

ショートヘア

子供の頃になりたいと思っていたプリンセスも、漫画の中の女の子のキャラも、憧れたハリウッド女優も皆、ロングヘアで現在の自分の髪でさえもロングという女性ってどれくらいこの世の中にはいるのでしょうか?

なぜ、多くの女性がロングヘアの女性に憧れて、自分もロングヘアを好むのかと言ったら、それはもちろん、大多数の男性が好むのが“ロングヘア”の女性であって、世間で「美人でセクシーな女性」と言ったら、どうしてもロングヘアの女性を思い浮かべるからです。

自他ともにロングが似合うと認めているので、長年ロングヘアで通してきたのでしたら、問題はありません。

ですが、もし「友達も周りの女の子もロングヘアだし、カレもロングが好きだから…」という理由で自分でも気づかない内に世間の波に飲み込まれているとしたらどうしますか?

実は「もしかして、私ショートヘアの方が似合うのかも…」と思わせてしまう女性の条件といわれるものがあります。

「明日、美容院でショートにしてしまうかも!」と思わせる様なショートヘアが似合う条件をこちらで紹介しますので、今度、ヘアスタイルを変える時の参考にしてみてください。

「5.5センチの法則」が教える貴女のショートヘア度

「5.5センチの法則」って聞いた事が有りますか?

この5.5センチの法則があなたはショートヘアが似合うかどうかをズバリと当ててくれるのです。

  1. まず、長めのエンピツやリップブラシ等を横にして、アゴの一番尖っている先に当てます。
  2. 定規を縦にして、左右どちらかの耳に当てがいます。
  3. エンピツと定規の交差するところから、耳たぶの一番下までの長さを測ります。
要するに、アゴの下から耳の下までの長さが5.5センチ以下の場合はショートヘアが似合うと言われ、5.5センチ以上だとミディアムからロングヘアが似合うと、海外の有名ヘアスタイリスト達の間では常識となっているそうです。

貴女の顔の輪郭でショートが似合うかどうかが分かる

「5.5センチの法則」もそうですが、顔の輪郭や形でショートが似合うか、どんなショートヘアが似合うのかが決まってくるようです。

例えば、タマゴ型の女性は、昨今ハリウッドセレブもこぞってしているピクシーカットと呼ばれるベリーショートが良く似合うと言われているのです。

「サイドのエラが張ってるのが気になる」というベース型の女性はショートボブにすれば気になる左右の張りも横の髪でカバー出来てしまいます。

丸顔の女性もシャープなカットで顔の丸みを隠してしまえば、さほど気にならなくなりますよ。

但し、面長の女性は無暗にショートにしてしまうと、顔の長さを強調してしまうので、カットを工夫するか、ミディアムかロングヘアにしておくのが一番似合うでしょう。

ヘアトリートメントやスタイリングの時間が惜しいと思っている

考えてみると、私達女性は美しい髪を保つ為に下記の長い工程を、ほぼ毎日繰り返しています。

シャンプー前のヘアパック

シャンプー&リンス

ヘアトリートメント

念入りなタオルドライ

ドライヤーで乾かす

途中、保湿剤で髪を保護し、ヘアスタイリング剤をつける

ドライヤー、あるいはヘアアイロン、ホットカ―ラー等でスタイリング

もちろん、ショートヘアになっても、この工程に大した変わりはないのですが、費やす時間がカナリ短縮出来る事は間違いありません。

しかも、シャンプーやトリートメントにスタイリング剤の量も髪が短ければ各段に減るので、洗い流す、乾かす、スタイリングする工程の時間短縮がかなり出来てしまうのです。

特に、一番忙しい朝にこの工程を毎日行っていれば、ふと「こんなに一生懸命髪の為に時間と労力を費やすのは飽きてきた…。」と思う日が有ってもおかしくありません。

そんなふうに、ヘアスタイリングの時間と労力に疑問を持ち始めた時がショートヘアへの転身のベストタイミングなのです。

人と違う事をしたい!目立ちたい!成長したところを見せたい!

貴女が街中を歩いている時に前にいる全ての女性を見回してみてください。

ミディアムブラウンカラーで肩よりやや長めで毛先に軽いパーマがかかっている、あるいはストレートの後姿ばかりが目に付きません?

何処を歩いてもまるで既製品の様に同じ髪型をした女性ばかりの中で、ショートヘアがいたらやっぱり目を引きますよね?

いくら大半の男性がロングヘアの女性が好きだとは言っても、目立つ女性、あるいは意外性のある異性に、男性は自ずと視線が向いてしまうのです。

それに、30代、40代に突入なんて人生の節目にふと、「私って人間として女性として立派に成長したわ!」とは思うのに、髪型は以前と変わらずにいたら、周りに認めて貰えない様な気がしませんか?

ここはチョッと大人の女性の魅力をショートヘアで主調してしまいましょう!

しかも、元カレに偶然、道端で遭遇して、ガラッと成長した自分をみて「アレッ!」って驚かれたら…、気分イイですよね?!

年齢と共に髪質や髪のコンディションが変わってきた

30、40代突入というと、人として女性として成長するのと同時に、髪質も顔立ちも好む好まざるに関わらず、変化してきます。

いつまでも、やわふわカールが似合う年齢でい続ける事は難しく、その年齢や社会的地位いに見合った髪型が必要になる事も多いに有り得るのです。

また、長年白髪を染め続けてきた髪や強い日差しを浴びてきた髪は傷んでいる事も多く、傷みの激しい髪をそのままロングにしておいても、返って年齢を浮立たせて、老けて見えてしまう事も多いのです。

しかも、髪が痛み、年齢と共にかみの量も乏しくなってきたら、レイヤーのショートにした方が簡単にボリュームアップができ、下手なボトックス注射や整形よりも5も10歳も若返り効果が期待できますよ。

持っている素質やなりたい自分が求めているのはショートヘアかも

髪切る女性
「カレはロングヘアが好きだから…」、「憧れのハリウッドセレブがロングだし…」などに惑わされて、本当はショートヘアがとても似合うのに自分で気づいていない女性も多いはず…。

もう1度、自分の顔を鏡でよーく観察して、そして自分が本当になりたい姿はどういう女性かを自分自身に問いかけてみましょう。

そうすれば、本当になりたい自分や、新たな自分がショートヘアで見出せるかもしれませんよ!

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • ごまみそ

    ベリーショート挑戦したいけど勇気が出ませぬ、、

    返信

コメント