• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

飲み過ぎの強い味方、シジミ料理で二日酔い改善!?

Date:2013.07.04

二日酔いの朝に飲むと良いとされる「シジミ汁」。肝臓の働きを助ける他にも、いろいろな良い成分を含んでいるのです。この効能を調べて、食生活にも生かしましょう。

シジミはこんなに体にいい

主に効能があるのは、二日酔い、肝臓障害、疲れやすい、貧血、黄疸、血栓症の予防、などです。二日酔いの朝にシジミ汁を飲むと、メチオニン・タウニン・ビタミンB12が働いて、貧血を防ぎ、肝臓のはたらきを増進させます。 

このため肝臓病の対策にもなり、アルコールの消化にも効果があると考えられています。記憶力や集中力を高める効果のあるビタミンB12も豊富で、ウナギにも並ぶほどです。シジミを食べれば頭が良くなって、成績が上がったり、仕事がはかどったりするかもしれません。

タウリン・カルシウムも含みます。また、アミノ酸のバランスが良く、プロテインスコア100となっています。鉄や脂肪を燃えやすくするオルニチン(アミノ酸)も含みます。ダイエットも期待できますね。

また、不飽和脂肪酸、ステロール類など、コレステロールを上げない成分も含まれていますから、まさに理想の食品と言えるでしょう。

どんな料理で食べる?シジミ

味噌汁や澄まし汁以外に思い浮かばない貴女!アサリの料理と置き換えて考えると、いろいろと料理法が出てきますよ。

とりあえず砂出しは、水1Lに塩10gの1%食塩水で、4時間漬けて吐かせてください。すぐ浮かぶお料理は、酒蒸し。日本酒や紹興酒をかけて、ネギやショウガなどを載せて、フライパンやレンジで蒸せばいいので簡単です。おつまみにもなりますね。

それからペペロンチーノ。やはりアサリの感覚で。独特のシジミの旨味が味わえますよ。砂出ししたシジミは、冷凍すると脂肪燃焼作用のあるオルニチンが4倍になるので、冷凍シジミを料理するのもダイエットに繋がっていいですね。

冷凍のシジミを野菜・キノコなどと、ナンプラー・豆板醤を使ったスープにもできます。増えたオルニチンとピリ辛味で、ダイエットスープの出来上がりですね。炊き込みご飯の具にしてしまうというのもあります。シジミからいい出汁が出て美味しいです。

このように、素晴らしく栄養満点、味も良いシジミです。小さくて食べ辛いと思うのは止めて、積極的に食事に取り入れましょう。肝臓を守る他にも、ダイエットも期待できますよ。

この記事をシェアする

関連記事