• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美白化粧品では落ちないシミも!30代から始める4つのシミ対策

Date:2012.11.24

肌に刺激を与えないこと

多くの女性が目元のメイクを拭いて落としていると思います。目元をコットンなどで刺激することでシミは出来やすくなります。紫外線はシミの大敵であると言われますが、紫外線と同じくらい強力なシミの原因は「拭くこと(摩擦を与えること)」です。

目元はオリーブオイルをコットンに含ませて、1分くらい目元に置くことでメイクを浮き上がらせます。浮いたメイクをさっとぬぐうとそれでOK。目元以外でもできるだけ拭く系のクレンジングは使用しないことです。洗顔もしっかりと泡をつくって、泡のクッションで肌を守るようにしましょう。

UVカットクリーム+パウダーファンデを!

UVカットの化粧品を使っているからといって安心はできません。SPF値が多いとそれだけ肌に刺激の強い成分がたくさん入っているので、紫外線でシミにならなくても、刺激の強い成分がシミを生むことも。できればSPF20~30くらいのUVカットクリームを厚めに塗りましょう。

肌がベタついてイヤな人は、薄く塗ってその上からパウダーファンデーションを塗りましょう。パウダーファンデーションには紫外線を拡散させる作用もあり、UVカットクリームと同じような作用があります。

基礎代謝を上げる

シミの原因の多くは、体の基礎代謝が落ちていることが原因でもあります。若い頃、太陽の光をたっぷりと浴びてもシミができにくかったのは、肌のターンオーバーが良かったから。30代を過ぎると必要のないメラニン色素が忘れたころに肌の表面に出てきます。

基礎代謝を上げましょう。最近では酵素ドリンクを飲んで基礎代謝を上げる女性も多くいます。運動をする。バランスの良い食事をする。ビタミンを多めに摂取するなど、肌に良い方法はたくさんあります。

ビタミンサプリメントはたくさん摂りすぎると、その大部分が尿として出ていきます。せっかく高いサプリメントを飲んでも意味がないので、用量に注意しましょう。

ストレスはどんな手段を使ってもいいので消すこと

ストレスは活性酸素を生みます。また女性ホルモンのバランスを悪くさせます。よってシミができやすくなります。どんな方法を使ってでもその日に受けたストレスは、その日のうちに消すことです。

一番いいのは、バランスのとれた食事をゆっくりととること。あるいは寝ることです。どちらもダイレクトに女性ホルモンに作用しますので、わりとストレスが減ります。可能であれば、夜は10時には寝て、翌朝は5時に起きる(太陽の光とともに活動を開始する)ことです。

人は太古の昔から体内時計を持っており、それは1日を25時間で計算しています。1時間余分なのです。この余分な1時間が私たちを徐々に夜型人間にしています。夜遅くまで起きていたり、お酒の飲んでいたりすると肌に良くないのは、みなさん御承知のとおりです。

1時間の誤差に負けないためには、寝る時間がばらばらであっても起きる時間を統一させること。寝不足は昼寝で補いましょう。これだけでも随分とストレスは減ります。

この記事をシェアする

関連記事

コメント