• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

シミの改善は美容液の選び方が重要。ポイントや注意点とは?

Date:2017.10.16


しっかり対策をしないと顔中にできてしまうシミ…。シミがあると老けて見えますし、美しい肌に見えません。

紫外線やスキンケアによって、シミはできやすく、しかも、一度できてしまったシミを化粧品で消すのは難しいとされています。

シミのない美しい素肌を保つには、シミ対策の美容液がおススメ。

さまざまな種類があるシミの美容液の中で、自分にピッタリの美容液を見つけましょう。

シミを改善するには美容液に含まれる成分に着目!

お店やネット上には「シミに効く」と言われている美容液がたくさんあります。その中でどれをチョイスすればいいのかを考える前に、なぜシミに効くのか?を考える必要がありますね。

美容液に含まれる成分は主にシミができる原因を取り除く

シミに効く、シミ対策になるという美容液には、主にシミの予防ができるもの、シミができる原因となるメラニンの生成を排除する働きをするものと、美白成分にはできてしまったシミを漂白、還元して薄くするものもあります。

シミ対策をするには、予防をしたいのか、できてしまったシミを薄くしたいのか、両方の効果を期待するのか、を考えて選ぶことが大事です。

美白化粧品に含まれる成分は、メラニンの働きをあらゆる過程において、ストップさせる働きや、メラニン色素を薄くする成分があります。

メラニンの生成をストップする成分にはさまざまなものがある

シミを改善する美白化粧品に含まれる主な成分には次のようなものがあります。それぞれの特徴や働きを知っておきましょう。

アルブチン
コケモモや梨などの植物から抽出される成分です。チロシナーゼに作用し、メラニンの生成を抑えてくれます。メラニン色素を取り除く働きもあります。肌に吸収されるとハイドロキノンとなるという性質がありますが、ハイドロキノンと比べると肌への刺激が少ないです。
ハイドロキノン
チロシナーゼの働きを阻害し、メラニンを薄くする漂白作用と還元作用があります。肌の漂白剤と呼ばれるほど、美白効果が高い成分です。ただし、美白効果が高い分、肌への刺激が強いのがデメリット。低濃度で化粧品に配合されていることもあります。
ビタミンC誘導体
抗酸化作用が高く美白効果も期待できるビタミンCですが、壊れやすく不安定な性質というデメリットがあります。それを安定させ、肌に浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体。新陳代謝を促すとともに、生成されたメラニンを還元し色素沈着を防ぐ効果、皮脂分泌をコントロールする効果などが期待できます。
トラネキサム酸
メラニン色素が生成されるのを抑制します。炎症を抑える作用や、肝斑、肌荒れ改善効果も期待できる成分です。
リノール酸S
紅花油から抽出された成分で、チロシナーゼを分解し、メラニンの生成をストップさせます。
カモミラET
カモミールから抽出した美白成分。メラノサイトに指令を送るエンドセリンを抑制し、メラニン色素ができないように働きかけます。
ルシノール
チロシナーゼの生成を阻害してくれる成分。安定性が高く、肌への浸透性も高いです。
プラセンタエキス
動物の胎盤から抽出される成分で、チロシナーゼを抑制します。血行をよくする、新陳代謝を高める働きもあります。
コウジ酸
味噌やしょうゆに含まれる麹菌由来の成分です。シミを予防する効果や、糖化による黄ぐすみに効果があると言われています。
シミができるメカニズム
肌が紫外線を浴びると、表皮細胞が情報伝達物質であるエンドセリンが発生し、メラノサイトに指令を出します。メラノサイトはメラニンを生成するチロシナーゼを作り出し、チロシナーゼはチロシンを酸化させ、メラニン色素が作られます。メラニンが過剰に生成されると、蓄積されシミになってしまうのです。

▼美白成分についてはコチラも参考にしてください!

美白成分の記事のトップ画像キャプチャ

シミができる要因は何?肌質や生活スタイルによる美白美容液の選び方

シミができる原因は紫外線や生活習慣などが大きく関係しています。自分は何が原因でシミができるのかを考え、それを予防する美白ケアが必要です。スキンケアによってもシミができやすい場合も。肌質に合った美容液を選ぶことも重要です。

肌の弱い人が注意したい美白成分がある

ビタミンC誘導体やハイドロキノンは、美白効果は高いものの、肌への刺激が強いので注意が必要。

敏感肌や乾燥肌など、肌荒れをしている場合は避けた方がいいでしょう。特にハイドロキノンは濃度によって肌荒れしやすいので注意。

ただし美白美容液の中には、ハイドロキノンなどの美白効果が高いけれども刺激が強い成分を、カプセルで包んで肌への影響を軽減させているものもあります。

また、低濃度であれば、肌への負担も軽くなるので、敏感肌や乾燥肌の人はパッチテストを行ってから使うといいでしょう。

美白美容液の中には天然成由来成分のみで作られている美白美容液があります。肌に負担のない成分かどうかを確認してから使うのがおススメです。

肌が黄色くくすんで見える“黄ぐすみ”にはコレ!

通常のくすみと言えば肌が黒ずんで見えることですが、肌が黄色くくすんでしまう場合があります。それは糖化による黄ぐすみかもしれません。

黄ぐすみはタンパク質が血液中の余分な糖と結びつき、老化を進行させてしまう“糖化”によって起こります。コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質と糖分が結びつくと、体温によって加熱し、茶色(黄色)くなってしまうのです。

黄ぐすみに効果的なのが、

  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • コウジ酸
  • コウキエキス
  • カモミール
  • ドクダミ
  • ビタミンC誘導体

などといった成分です。

  • 肌が全体的に黄色い
  • 肌にハリや弾力がなくなった
  • スイーツや脂っこい食べ物が好き
  • 血糖値が高い
  • 肌がごわつく
  • メイクノリが悪い

といった人は、黄ぐすみを改善する美白美容液がおススメです。

肝斑が気になる人は油溶性甘草エキスがおススメ!

30~40代になると、目の下の頬骨にそって左右対称にできるシミです。閉経になると自然と消えると言われていますが、それまで放置しておくのはイヤですよね。しかし、肝斑は女性ホルモンやストレスが関係しているため、化粧品ではなかなか改善できないとされています。

皮膚科での治療をおススメしますが、自分で行うケアとしては

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • プラセンタ

などが配合されている美白美容液がいいでしょう。

ニキビ跡を薄くしたい人におススメの美白美容液

ニキビ跡のケアとしては、

  • 炎症を抑える
  • メラニン色素の発生を抑える
  • 炎症を起こさない

といった美容液選びが大切です。おススメはビタミンC誘導体が配合されたもの。さらに乾燥しやすい場合は、保湿成分が配合されている美容液を選びましょう。

さらに、新陳代謝を促すためにも、プラセンタもおすすめ。色素沈着がひどいようであれば、ハイドロキノン配合の美容液もチェックしましょう。

加齢による乾燥肌をケアしたい人は保湿成分にも着目

加齢とともに肌の水分量が減り肌は乾燥しやすくなります。肌にうるおいを取り戻し、美白もしたい、という人は保湿成分もしっかり配合されているかどうかをチェック。

  • セラミド
  • コエンザイムQ10
  • アミノ酸
  • ビタミンE誘導体

などが配合されていると、乾燥を防ぐとともに肌をやわらかくしてくれるでしょう。

こんな選び方をしても効果なし!間違った美白美容液の選び方に注意

美白美容液を選ぶ際に、知名度や価格だけで選んでいませんか?間違った選び方をしていると、効果が出ませんよ!自分の美白美容液の選び方をチェックしてみましょう。

効果の高い成分が配合されていても誰にでもおススメというわけではない

美白効果が高い成分が配合されているものは、確かにシミを薄くしてくれる効果も期待できます。ただし、配合されている成分は肌に刺激となることがあります。美白効果が高くても、肌に刺激があると肌が乾燥したり、赤くなったり、肌トラブルのリスクが!

美白効果の高い化粧品に手を伸ばしがちですが、肌質に合ったものを選ぶことが大事です。特に肌の弱い人は、パッチテストをしたり、美白ケア用トライアルセットで試したりしてから本格的に購入するようにしましょう。

美白効果の高い成分が配合されていても肌に効果的とは限りません。大事なのは浸透力です。成分だけではなく浸透力があるかどうかも確認しましょう。

価格の高い美容液だから効果があるとは限らない

価格が高いのはブランドだから、ということも。コマーシャル費用にお金がかかっているため、それが化粧品に反映されてしまっているのかもしれません。

もちろん、中には効果の高い成分が凝縮されているから値段が高いということもあります。安すぎる美容液は成分の配合量が少ないことも。

化粧品には配合されている成分の量が多い順番に記載されていますので、順番もチェックしましょう。

成分がしっかり入っていることは大事ですが、あまり高価だと量をケチってしまったり、同じものを使い続けることができなくなったりすることも。

美容液はたまにつけても効果は期待できません。毎日使用することで効果が得られるものなので、無理せず、適量を使える程度の価格のものを選びましょう。

コマーシャルでやっているからといって自分に合うわけではない

テレビコマーシャルで流れる美容液はとてもいいものに思えてしまうでしょう。確かに効果的な成分が配合され、肌にも浸透しやすい構造の美容液も多いです。しかし、それぞれ特徴があります。大事なのはどのような肌に合うか?ということです。

コマーシャルで流れているものや、口コミなどで評判がいいものなどは、それだけで飛びつくのではなく、自分の肌質や悩みに合っているかどうかを確認するようにしましょう。

透明感のある白い肌になる美容液の選び方のポイント

  • 美白成分がしっかり配合されている
  • 配合されている成分が肌に合っている
  • 悩みに適した成分が配合されている
  • 価格がお手頃で毎日使える
  • 使い心地が悪くない

▼美容液以外のシミ対策についてはコチラも参考にしてください!

シミ対策の記事のトップ画像キャプチャ

美白ケアは毎日コツコツが大事!気長にケアをしましょう

美白効果の高い成分が配合されていても、塗った次の日にシミが消えた!ということはほとんどないでしょう。

美白ケアは基本的にはシミやくすみを増やさないものです。できてしまったシミを薄くする美容液でも、すぐに効果が出るとは限りません。

それでも毎日続けて使うことが大事です。肌に合った美容液を見つけ、継続してケアをするようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント