• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

凛とした女性になりたいなら!美しい姿勢作りのポイント

Date:2013.04.30

第一印象のよしあしは、姿勢によって大きく左右されます。いつ見ても背筋が伸びている女性は、きちんとしていてしっかりとした印象になるものです。

反対に姿勢が悪いと何となくだらしなく見られたり、ぼやけた印象になって得をすることは何一つありません。

今回は「凛とした女性になりたいなら!美しい姿勢のポイント」をテーマに、美しく見える立ち居振る舞いについて解説していきます。

背筋を伸ばしてピンと立つこと

「背筋を伸ばしてピンと立つこと」は美しい姿勢の基本です。背筋は真っ直ぐ、胸を張った状態を保つ事が大切です。

重い荷物を持っているときは、背中が丸まり猫背になりやすいので要注意。背筋を伸ばすと、気持ちも前向きになって何となく楽しい気持ちになりますよ。

ハイヒールの時は小股で歩く

高いヒールを履いているときには、重心がとりにくくバランスをとるのが難しいので前のめりになりがちです。普段よりも小股で歩くことで、身体がぐらつくのを防ぎます。

さらにやや遠くを見て歩くようにすると、視線もあがって効果的。無理に膝をのばそうとするとロボットのような歩き方になるので、気をつけてください。

座った時は膝をつけて上品に

レストランでの食事のときや電車での移動中などイスに座る場面はたくさんあります。座ったときの姿勢は、人目につきやすいのできちんと押さえておきましょう。

背もたれは使用せず、少し浅めに腰掛けるのがポイントです。股を大きく開いてどっしりと構えるのは、もってのほか。正面から見たときに横柄な印象、がさつな印象を与えてしまいます。

上品に膝をつけて背筋は真っ直ぐピンとのばした座るようにしてください。足を組むのは避けた方が無難です。

さらに高級クラブのお姉さんが使用するテクニックですが、ひざの角度は120度くらいで斜め前にのばし、左右どちらかに少し傾けるように座るとスラッと長い足を演出できます。この座り方はあくまで「身体のラインを美しく見せる」方法です。

身体に負担が少ないのは、ひざ90°の座り方。場面にあわせて使い分けるようにして下さい。

腹筋に力を入れて 上からつり上げられる感覚を

どんな時でも共通のポイントとして、腹筋に力を入れておくのが姿勢美人への近道です。空中から糸でつり上げられているようなイメージを持っておくと良いと思います。大切なのは、肩からヒップにかけてのIラインがまっすぐそろっていること。

最初のうちは疲れてしまうと思いますが、だんだん身体が慣れてきて自然とこの状態を保てるようになります。

最後の仕上げは前向き意識!

ここまでのポイントに注意すれば、十分姿勢美人が出来上がりますが、最後の仕上げに「前向き意識」。身も心も「前を向いている」ことを忘れないようにしてください。マイナス思考になると視線が下を向き、悪い姿勢になってしまいます。

落ち込んでいるときこそ笑顔を忘れず「前向き意識」を心がましょう。

以上5点ご紹介いたしましたが、いかがでしょうか。姿勢が悪いと、老けた印象になったり、実際に身体がたるんでしまったり、マイナスのことばかりです。日頃から美しい姿勢を心がけて印象アップを目指していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事