• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日焼け止めと化粧下地は両方必要?2つとも使うときのコツや手順

Date:2017.11.07

メイクをする時、多くの人が悩むことがあります。それは、日焼け止めと化粧下地をどう使ったらいいのかということです。

「化粧下地を塗っているのに、本当に日焼け止めを塗る必要はある」と疑問に思う人もいるのでは?

また、日焼け止めを使うとしても、どのタイミングで塗ればいいか分からず迷ってしまい、結局日焼け止めは使わないという女性もいます。

日焼け止めと化粧下地を両方使う場合、どのタイミングで日焼け止めを塗れば紫外線をカバーすることができるのでしょうか。

化粧下地と日焼け止め、上手に使いこなすには、役割や塗るタイミングを知ることが大事です。


日焼け止めと化粧下地、それぞれの役割を知る

日焼け止めと化粧下地、よくどっちを使った方がいいのか迷うことがあります。

両方使った方がいいのか、またどちらか片方でいいのか分からないという人がほとんどだと思います。

日焼け止めと化粧下地、まず使う前にそれぞれの役割を知ることが大事です。それぞれの役割が分かれば、使い分けをすることもできます。

日焼け止めの役割は「とにかく紫外線を予防すること」

日焼け止めの役割は、何といっても紫外線を予防することです。化粧下地よりも高い紫外線予防効果があります。

また、使用時間や用途によって紫外線予防の度合いが違うものを選ぶことができます。

そのため、室内などではSPFやPAの弱いもの、野外での活動の時はSPFやPAの強いものといって使い分けをすることができます。

日焼け止めの場合、紫外線を防ぐ力は強いですが、肌を綺麗に見せてくれる働きはほとんどありません。

最近はベージュ系の色がついた日焼け止めも販売されていますが、これだけでは化粧下地と同じような顔色補正や肌を綺麗に見せてくれる効果はあまり期待できません。

ただし、室内で紫外線予防として日焼け止めを使う際、ベージュ系の色がついていれば白浮きしないので便利です。

化粧下地の役割は「メイクのノリを良くしてくれること」

化粧下地の役割は、何といってもメイク(ファンデーション)のノリを良くしてくれることです。

日焼け止めにはない、次のような効果があります。

  • 肌の凸凹を補正しフラットにしてくれる
  • 保湿効果があり乾燥を予防してくれる
  • 肌色を補正してくれる
  • 外的刺激から肌を守ってくれる

化粧下地というと、メイクのノリを良くしてくれるだけというイメージがありますが、メイクによる肌の乾燥を予防したり、外的刺激から肌を守ってくれる働きもあります。

また、化粧下地を塗ることで毛穴にファンデーションが入り込むのを予防し、メイクを落としやすくしてくれる働きもあります。

化粧下地の中には、SPFやPAといった日焼け止め効果のあるものもありますが、日焼け止めよりも効果は少し落ちます。

日常生活であれば、化粧下地だけで問題はありませんが、屋外への外出や野外イベントなどには不向きな場合もあります。

日焼け止めと化粧下地を両方使うメリット・デメリット

日焼け止めと化粧下地の役割を知ると、両方使った方がいいのかな?と思うこともあります。

では、日焼け止めと化粧下地、両方使うメリット・デメリットはあるのでしょうか。

【日焼け止め・化粧下地の両方を使うメリット】

  • 紫外線を予防する高い効果が期待できる
  • 日焼け止め独特の白浮きをカバーすることができる
  • 日焼け止めを塗った時の乾燥を予防することができる

日焼け止めと化粧下地を使うと、紫外線予防力は高くなります。

また、日焼け止めを塗った時に白浮きしたようになることがありますが、これも化粧下地を塗ることでメイクのノリが良くなるのでカバーすることができます。

その他、化粧下地を塗ると肌が乾燥するという人も、保湿力のある化粧下地を塗ることで日焼け止めによる乾燥を予防することができます。

【日焼け止め・化粧下地の両方を使うデメリット】

  • 化粧崩れした時にメイク直しが面倒
  • 塗り方を失敗すると、もったりとした仕上がりになる
  • ファンデーション前に何層も塗るのでメイクが崩れそう

日焼け止めを塗って化粧下地を塗った時、化粧崩れをすると日焼け止めも落ちてしまうことがあります。

そのため、塗り直しが面倒なので日焼け止めを使わないという人も多いようです。

また、メイク前に日焼け止めと化粧下地を両方塗るため、メイク崩れを起こしやすかったり、厚塗りしてしまうと、もったりとした仕上がりになるのがデメリットです。

日焼け止めと化粧下地の両方の働きをするものもある

今、どちらを塗った方がいいか分からないという人も多いせいか、次のような商品が出ています。

  • 化粧下地効果のある日焼け止め
  • SPFやPAの数値が高い化粧下地

どちらも、化粧下地と日焼け止めの効果がありそうですが、やはり両方を使うよりは効果が落ちます。

特に、SPFやPAの数値が高い化粧下地の場合、屋内などの紫外線予防効果はありますが、屋外で活動をする時には、これだけでは日焼け止め効果は足りません。

また、化粧下地効果のある日焼け止めも、普通の化粧下地より保湿効果が落ちるので、肌が乾燥する可能性もあります。

しっかりと紫外線をカバーしたい人や、乾燥を予防したい人は日焼け止めと化粧下地の両方を使った方がいいようです。

日焼け止めと化粧下地を併用する時の塗り方・塗る順番

日焼け止めと化粧下地を併用する場合、塗る順番や塗り方が分からないということはありませんか?

実は塗る順番によって効果やメイクの仕上がりが変わってくるため、塗る順番は大事です。

基本的な塗る順番は、日焼け止めを塗ってから化粧下地を塗る方法です。雑誌やメイク売り場の美容部員の人は、この順番をオススメしています。

今回は、日焼け止めを塗ってから化粧下地を塗る順番を紹介します。

その1.化粧水や乳液でしっかりと保湿をする

メイク前のスキンケアですが、しっかりと化粧水や乳液で保湿をします。日焼け止めによっては、肌が乾燥してしまうものもあります。

肌が乾燥しないためにも、化粧水や乳液でしっかりと保湿をすることが大事です。

メイク前に、油分のある乳液を塗るのを嫌う人がいますが、気になる場合は、少しさっぱりとした乳液や、乳液を塗った後にティッシュオフをして余分な油分を取り除けば気にならなくなります。

その2.スキンケアが乾いたら日焼け止めを塗る

スキンケアが終わって、すぐに日焼け止めを塗るのではなく、ある程度乾いてから塗るようにします。

日焼け止めを塗る時、適当にササっと塗っていませんか?また、重たくないからといって薄く塗っているという人も多いと思います。

あまり薄く塗ると、日焼け止め効果が落ちることもあるので、日焼け止めを塗る時は、必ずその商品の「適量」を知ることが大事です。

日焼け止めは、商品によって適量が違うことがあります。適量を使うことによって、記載されている効果を発揮するので、必ず適量を使うようにしましょう。

【日焼け止めの塗り方】

  1. 適量をおでこ・両頬・鼻・あごの5点にのせる
  2. 内側から外側に向かって伸ばしていく
  3. 小鼻や目元などの細かい部分は、指先を使って丁寧に伸ばす
  4. 輪郭や首、デコルテなどにも伸ばしていく
  5. 頬の高いところなど日焼けしそうな部分やシミができやすい部分に重ね付けする

日焼け止めを塗る時は、とにかく丁寧に塗ることが大事です。ムラなく丁寧に塗らないと、せっかく日焼け止めを塗っても意味がありません。

また、塗った後に油分が気になる場合は、ティッシュで軽く押さえて余分な油分を取り除いてもOKです。

その3.日焼け止めが乾いてから化粧下地を塗る

日焼け止めを塗った後、すぐに化粧下地を塗ると日焼け止めが取れてしまいます。そのため、日焼け止めがある程度乾いてから、化粧下地を塗ります。

この時、化粧下地をゴシゴシと擦るように塗ると、これも日焼け止めが落ちる可能性があるので注意が必要です。

【化粧下地の塗り方】

  1. 適量をおでこ・両頬・鼻・あごの5点にのせる
  2. 内側から外側に向かって伸ばしていく
  3. 小鼻や目元などの細かい部分は、指先を使って丁寧に伸ばす
  4. 輪郭に伸ばしていく
  5. パフを使って化粧下地を馴染ませていく

化粧下地を塗った後、油分が気になる場合はティッシュオフをしましょう。

また、化粧下地は最後にパフで馴染ませていくことが大事です。馴染ませることで、次のファンデーションのノリが良くなります。

その4.化粧下地が終了した後にメイクに取りかかる

日焼け止めと化粧下地が塗り終わった後、メイクに入ります。

もしファンデーションにSPFやPAの効果がある場合は、顔だけではなく首まで塗るとさらに日焼け予防効果がアップします。

日焼け止めを忘れた時はスプレータイプやパウダータイプを使う

メイクをする時、日焼け止めを塗るのを忘れた時や日焼け止めを塗るのが面倒な時は、スプレータイプやパウダータイプの日焼け止めがオススメです。

スプレータイプの日焼け止めは、メイクの上からスプレーするだけの日焼け止めです。

メイク後に付けることができるため、メイク直しの後などにも使うことができます。ただし、スプレータイプなため塗りムラができる可能性があります。

また、パウダータイプの場合、メイクの最後にフェイスパウダーの代わりに付けることもできます。

パウダータイプを使う場合は、付けすぎると白っぽくなる可能性があるので、付ける時は注意しましょう。

屋外で長時間活動する時は、化粧下地→日焼け止めの塗り方でもOK

上記では、日焼け止めを塗った後に化粧下地を塗る方法を紹介しました。

しかし、野外で活動をする時、しっかりと紫外線を予防した時は、化粧下地を塗ってから日焼け止めを塗る方法がオススメです。

最後に塗ったものの方が効果が強いため、先に日焼け止めを塗るよりも、先に塗った方が紫外線を予防する効果も高くなります。

外出や短時間の屋外での活動であれば、日焼け止めを先に塗っても紫外線予防はできます.

しかし、長時間屋外で活動する時やスポーツ観戦などをする場合は、日焼け止めの働きを優先させるために化粧下地の後に塗る方がいいかもしれません。

日焼け止めと化粧下地は用途によって使い分ける

日焼け止めと化粧下地は、常に両方使わなければいけないというわけではありません。

室内でしか活動をしない場合は、化粧下地のみでもカバーすることができることもあります。

しかし、しっかりと紫外線を予防してメイクも綺麗に仕上げたい場合は、両方使う方が効果的です。

また、化粧下地効果のある日焼け止めやSPFやPAの高い化粧下地なども、用途によって使い分ける必要があります。

自分がどういうところへ行くのかなどを考えて、使い分けることも大事です。

この記事をシェアする

関連記事

コメント