• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

春コーデのお役立ちアイテム!スヌードの簡単な作り方

Date:2017.03.11

冬の厳しい寒さも去り、だいぶ暖かくなってきた今日この頃。お出かけの服装も少し薄着になり、春らしいコーディネイトを楽しみたくなりますよね。

とはいえ、朝晩はまだ肌寒かったりして、着るものを選ぶのが難しいのがこの季節です。そんな時、便利なのがスヌード。

ちょっと首元が寒い時に防寒にもなり、ファッションのアクセントとしても効果的。輪になっているのでスカーフやストールより結びやすく、使いやすいのも魅力です。

冬はニットやウールなど、分厚い生地のものが大活躍でしたが、春はもう少し薄手のものがおすすめです。

お店で買うのもいいですが、直線縫いだけでできるので、自宅でも簡単に作れますよ。

今回は春物スヌードの作り方を、写真付きで詳しく解説したいと思います。

よく似てるけど一緒じゃない! スヌード・マフラー・ストールの違いとは?

首元にぐるぐる巻いた形状からだと、マフラーやストールとの違いが分かりにくいのですが、帯状になっているマフラーやストールと違い、スヌードは輪状になっているのが大きな特徴です。

スコットランドが発祥で、元々は未婚の女性が身に着けるヘアネットのようなアクセサリーを指していたのだそう。

今は襟元の防寒具の名称として定着していますね。

別名ではネックウォーマーやチューブストールとも言うので、こちらの名称の方がなじみ深い人もいるかもしれません。

ぐるぐる巻いて首元にボリュームを出すだけでなく、そのまま首にかけたり、ストールのように肩を覆ったりと、色々な使い方ができるのも魅力です。

春先に使うスヌードには、どんな布を使ったらいい?

スヌードを作る上で、まず重要なのが布選びです。

冬はとにかく防寒第一なので、ウールや毛糸を使いますが、春先は寒い時に風を防ぐ程度でいいので、春のコーディネイトにふさわしい薄手の生地を選びましょう。

具体的にはダブルガーゼや薄手のコットン、オーガニックコットンやスムースニットなど、風通しがよく肌触りのよいものがおすすめです。

ニット生地は伸びやすく着けやすいのが利点ですが、その分ミシンでは縫いにくかったりもするので、初心者ならコットンやガーゼ生地が作りやすいかもしれません。

二重巻ねじりスヌードの作り方!まずは基本の二つ折りから

スヌードにも色々な形のものがありますが、今回は二重巻にした時に使いやすい、ねじりスヌードの作り方をご紹介します。

まずは一枚布でできる、基本形の作り方から。

1.お好みの布を長さ140センチ×幅60センチに切り、アイロンをかけます。長さや幅は好みや体型により調節してください。

2.中表に二つ折りにし、布端にマチ針を打ちます。

3.布端から1.5センチ程度内側をミシンで直線縫いします。(ミシンがない人は手縫いでもOKです)。

4.布端がほつれにくくなるよう、かがり縫いします。(面倒ならば割愛してもOKです)。

5.裏返します。

6.一回ねじって、スヌードの両端を合わせます。

7.合わせた両端を縫い目が見えないよう、コの字綴じで縫い合わせます。

*コの字綴じとは…2枚の布を折り山で縫い合わせること。玉結びをした後はもう一度内側に針を通して糸を隠し、2~3ミリ先で糸を切ります。

8.できあがり。

2枚の布を使って作る、リバーシブルねじりスヌードの作り方

基本の作り方をマスターしたら、表と裏で別々の布を使っても綺麗です。気分によってリバーシブルで使えたり、巻いた時に少し裏の布が見えるのも素敵ですよ。

1.お好みの布2枚を、それぞれ長さ140センチ×幅30センチに切り、アイロンをかけます。長さや幅は好みや体型により調節してください。

2.中表に二つ折りにし、布端にマチ針を打ちます。

3.布端から1.5センチ程度内側をミシンで直線縫いします。(ミシンがない人は手縫いでもOKです)。

4.布端がほつれにくくなるよう、かがり縫いします。(面倒ならば割愛してもOKです)。

5.裏返します。

6.一回ねじって、スヌードの両端を合わせます。

7.合わせた両端を縫い目が見えないよう、コの字綴じで縫い合わせます。

8.できあがり。

いかがでしたか?表と裏、色を変えるだけでぐっと雰囲気が変わり、アレンジの幅も広がりそうですね。

コーディネイトに合わせて楽しめる、スヌードの巻き方色々

スヌードの定番の巻き方は二重巻でボリュームを出すものですが、他にも様々な使い方があります。

代表的なものをご紹介しますので、その日のスタイルや気分に合わせて、色々と試してみてくださいね。

ルーズに着こなしたいなら、そのまま首にかけて

コーディガンなどルーズで大人っぽいスタイルなら、そのまま首にかけるだけでアクセントになります。

クリップやブローチで留めてストール風に

肩を覆うようにかけ、真ん中をクリップやブローチで留めると、ストールっぽい着方に。きれいめスタイルにも似合います。

小さく畳んでマフラー風に

コンパクトにまとめたいのなら、二つ折りにして輪に端を通せば、マフラー風に使えます。

お好みの布で作った、自分だけのスヌードで春コーデに差をつけよう!

いかがでしたか?お役立ちアイテムのスヌード、実は意外と簡単に作れるんですよ。

お店で買うのもいいですが、布から好きなものを選べば、自分だけのスヌードが作れて、オリジナルの春コーデを楽しめます。しかも、布代だけしかかからないので経済的でもあります。

ぜひ、気に入った布があったら、手作りしてみてくださいね。ミシンがなければ手縫いでも簡単にできますし、ハンドメイド初心者にぴったりのアイテムですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント