• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

SNS疲れ女子が急増!ストレスにならないSNSの使い方

Date:2017.01.06

shutterstock_383747374スマホの普及と共にSNSを始める女性が増えてきました。以前、SNSは興味がある人がするものというものでした。

しかし、現在は職場や学校、友達同士の連絡もSNSを使うことが増え、興味がなくてもSNSを始めなくてはいけないという人も増えてきました。

SNSを楽しんでいる人はストレスを感じることはありませんが、苦手という人はSNSをするだけでストレスになることもあります。

SNSをしていてもストレスにならないためにはどこに気を付ければいいのでしょうか。

SNS疲れを訴えるのは男性より女性の方が圧倒的に多い!

SNSのアプリの多くは、スマートフォンやパソコンを利用していないと使うことができなくなっています。

スマホを持ち歩き、常にSNSをチェックしているとつい頻繁にチェックをしてしまいます。

SNSのチェックを頻繁にしていると、スマホやネットの依存度が高くなると言われています。

スマホの依存は、女性だけでなく男性にもありますが、SNSの依存は女性の方が高いと言われています。

男性の場合、人との情報収集や結びつきにスマホやパソコンを使うより、ゲームなどで使うという人が多く、SNSよりはスマホゲームに依存する人が多いそうです。

実際、「SNSに関する悩みがあるか」というアンケートを取ると、男性は5人に1人なのが女性の場合は3人に1人と、男性に比べるとSNSによってストレスや疲れを感じるという人が多いようです。

どうして女性の方が、SNS疲れを感じるのでしょうか。

その1.共感したい・共感して欲しいという気持ちが強い

女性の場合、男性に比べて友達や相手に対して「共感して欲しい」という気持ちが強いと言われています。

自分が何かを発信した時に、それに対しての返事や「いいね」などのボタンを押してもらうことで、自分を見てくれているという気持ちになるそうです。

スマホをチェックしているだけでは足りず、スマホ通知をセットして「いいね」が押されるのをチェックするという女性もいます。

「共感して欲しい」という気持ちと同じようにあるのが、「共感したい」という思いです。

特に仲良くしている人がSNSで何か書き込んでいると、それに対してコメントや「いいね」ボタンを押さないと気が済まないという人もいるようです。

その2.SNSへのコメントや「いいね」を強要される

SNSの「いいね」やコメントは、自分がチェックしているように相手もチェックをしています。

SNSをチェックしていても、「いいね」やコメントをしていない場合、友人や会社の人から「何で私の投稿にアクションを起こさないのか」と言われる人もいるようです。

最悪の場合、SNSがきっかけで友達関係が悪くなったり、会社での扱いが悪くなることもあります。

その3.人が何を言っているのか気になる

SNSは相手の顔が見えないため、書き込む言葉で自分の印象を相手に与えることになります。

自分では気を使って書き込んだ内容でも、相手によっては不快に観じることがあります。

特に自分が書き込みをしない時、「過去の書き込みでみんなが何か言っているのではないか?」と不安になると、こまめにチェックしたりスマホを手放せなくなってしまうことがあります。

それが続くとSNSとの向き合い方が分からなくなり、SNS疲れに繋がります。

その4.SNSのフォロワーや友達の人数が気になる

SNSには、フォロワーや友達の数が表示されるようになっています。この友達の数が少ないと恥ずかしいと感じる人もいるようです。

友達の数が気になり、こまめにSNSをチェックしたりフォロワーや友達の数が増えるようにと、いろいろと気を引くような書き込みをするという人もいます。

友達の数などを気にすることで、「どうしてフォロワーが増えないのだろう」「どうしてフォローを外されたのだろう」と常に気になってしまい、スマホを手放せなくなってしまいます。

SNSだけの繋がりと割り切れる人はフォロワーなどの数は気にならないのですが、人とフォロワーや友達の数を比較しまうのが人間です。

数にこだわりを持つ女性は、減ると増やさないとという気持ちになり、さらにスマホ依存が強くなりSNS疲れに繋がります。

その5.彼氏の行動をSNSでチェックしてしまう

女性で多いのが、SNSで彼氏の行動をチェックするという行為です。男性はSNSに依存をすることがあまりないため、LINEやTwitterで彼女が今何をしているのかチェックをするという人は少ないと言われています。

しかし、女性の場合は「何をしているのか」「他の女性と遊んでいないか」と彼氏が投稿した内容をチェックする人が多いようです。

そのため、彼氏がどこかへ遊びに行っている時などはこまめにSNSをチェックすることで、SNSに過敏になり疲れに繋がります。

その6.SNSでのコミュニケーションがメインになってしまう

普通に友達や彼氏はいるけれど、顔が見えないSNSの方が本音を話すことができるという人が増えています。

特に、SNSは趣味や考え方が同じの人同士でグループを作ったり、仲間になることが多いので、ここで話をする方が楽しいしという人も増えています。

友達と会っている時もSNSをチェックしたり、書き込みをするという人も少なからずいるようです。

こうなると、コミュニケーションはSNSで行うのがメインとなってしまいます。

しかし、SNSでのコミュニケーションは顔が見えないため、自分が思っていることが正しく伝わらないこともあります。

自分の思いが正しく伝わらず、説明・釈明をしているうちにトラブルなどを起こすこともあり、これがSNS疲れに繋がることもあります。

その7.友達やフォロワーのリア充投稿への嫉妬

SNSを始めると、友達やフォロワーのプライベートな部分も垣間見えてきます。

プライベートな投稿の中で、女性が見てて疲れるというものの中に「リア充投稿」というものがあります。

リア充といっても様々なものがありますが、女性が特に気にするのが次のようなものです。

  • 彼氏とのイベントに関する投稿
  • 家族や子供の自慢の投稿
  • 収入に関する投稿
  • 高級レストランなどに行ったなどの投稿
  • ブランド品などの写真をアップする投稿

特に女性の場合、彼氏や家族に関するという投稿に関しては敏感で、「羨ましい」というよりも嫉妬の目で見ることが多いようです。

そのため、リア充投稿を見ないようにしたり、投稿を見てイラッとする気持ちがSNS疲れに結びついています。

その8.SNSの投稿が義務化されている

SNSは、時々投稿するだけでいいのですが、フォロワーや友達の人数が増えないと「少しでも何か投稿しなきゃ」という気持ちになります。

投稿が減ると繋がりまで切れてしまうのではないかという意識が働き、中には1日1回は必ず何かを投稿するというルールを作っている人もいるそうです。

何かあった時はいいのですが、1日特に何もなかった時は投稿するものがなくてストレスを生んでしまいます。

その9.「いいね」返しや返事を書くのに追われる

SNSで「いいね」を貰ったり、コメントをもらった時に皆さんはどうしていますか?

「いいね」やコメントをしている人は返事を待っているわけではありませんが、「返事しなきゃ」と全てのコメントに返事を返しているという人も多いようです。

数件であればすぐにできますが、多くのコメントを貰うと返事を書くのに追われてしまい、SNSが面倒になってしまいます。

でもSNSを離れると、フォロワーや友達も減ってしまうのではという思いもあるため、疲れながらも返事をしているという人もいるようです。

その10.会社の人や苦手な友人から友達・フォロー申請が届く

SNSをしている人の中には、「SNSでは自分のリアルな友人や会社の人とは繋がらない」と決めて始めている人もいます。

そういう人のもとに、教えていないのに会社の人や苦手な友人から友達・フォロー申請が届くこともあります。

自分の中では繋がらないと決めていても、申請を断れば「なぜ私はダメなのか」と問われるんじゃないかと悩んでしまいます。

また、申請をすれば自分のプライバシーが筒抜けになり、会社などでSNS関連の話をされて疲れてしまうということにも繋がります。

あなたは大丈夫?こんな人はSNS・スマホ依存症になりやすい

shutterstock_413735134
SNS疲れを起こさないためには、SNSやスマホ依存症にならないようするのが大事です。

「私はスマホに依存してないし、疲れも感じていない」という人もいるかもしれません。しかし、もしかすると依存予備軍かもしれません。

  • 食事中もスマホを常にチェックしている
  • 時間があるとすぐにスマホやSNSをチェックする
  • 近くにスマホがないと気になって仕方がない
  • 夜眠るギリギリまでスマホやSNSを見ている
  • 朝起きたらすぐにSNSをチェックする
  • 常に充電がいっぱいじゃないと不安になる

こういう症状がある人は、自分では気づいていないうちにスマホ・SNS依存になっているかもしれません。

SNS依存症やネット依存症は、悪化すると仕事や日常生活に支障をきたす恐れがあります。

また症状が悪化すると、うつ状態になることもあるため、注意が必要です。

SNS疲れやトラブルでSNS離れをする人が増えている

SNSをしていないと繋がりがないと感じる人がいる反面、SNS離れをする人も増えています。

特に、20~30代のSNS利用率は年々減っていると言われています。その理由が「SNS疲れ」です。

その中でも、次のようなことが原因でSNSを辞めたという人が多いようです。

  • facebookなどで昔の同級生から申請が来る
  • 友達のリア充な生活ばかりアップされて面白くない
  • 仕事や育児が忙しく、SNSしている暇がない
  • 返信やいいねを要求されるのが嫌
  • 仕事の関係者に私生活まで見られたくない

自分の趣味などで繋がるSNSはいいけれど、今では名前や電話番号で検索をかけることができるため、予期せぬ人からフォロー申請が来るのが嫌という人も多いようです。

SNSをする時には、名前や電話番号で検索をかけることができないものや、鍵を付けることで自分が申請許可した人しか見れないように工夫しているという声もあります。

また、SNSのアカウントを持っていても閲覧用にしか使わないという人も多く、自分から絡むことを避けるという人もいるようです。

SNS疲れやストレスを起こさない6つの回避方法

SNS疲れといってもいろいろなパターンがあります。SNS疲れを起こさない付き合い方はトラブルなどによって違います。

SNS疲れやストレスを起こさない6つのトラブル回避方法を紹介します。

その1.グループに入る隙がなくてもイライラしない

最近、SNSでグループ内で会話できるようになっています。このグループ内での会話で、自分の入る隙が無いくらい他の人で盛り上がっていることありませんか?

大人数でこういった会話をしているなら傍観もできるのですが、少人数で盛り上がっているとどうしても自分が入る隙が無く困ってしまうことがあります。

特にグループ内で食事に行くと決まった時など、自分もグループに入っているのに誘われなかったりすると落ち込んでしまいます。

この時、つい「何で私は誘ってくれないの?」と問い詰めてしまいます。

しかし、問い詰めると「あの人はうるさい」「誘わなきゃいけないの?」とトラブルが大きくなる可能性もあります。

こういう時は、「私を誘ってくれなかった」とイライラするのではなく、まず自分の過去の書き込みなどをチェックしてみましょう。

もしかすると自分では何気なく書き込んだことが、相手に不快な思いをさせているかもしれません。

そういうものが見当たらない場合は、「今度私も誘ってね」とさりげなく声をかけてみるのもいいかもしれません。

「何で?」「どうして?」と自分を追い込むようなことを考えないのがSNS疲れ回避に繋がります。

その2.友人の書き込みを見て自分と比べない!自分は自分と開き直る!

学生時代や会社の友人のSNSの書き込みを見て、子供の写真やママ友同士で外出している写真を見つけることがあります。

この時、「自分は結婚していない」「子供がいないからママになった友達の集まりには呼ばれない」と嫉妬したり落ち込んでしまう人がいます。

特に、facebookはSNSのIDを知らなくても名前や出身校などから友達を見つけることができるため、連絡が途絶えてた友達と再会することがあります。

その時、お互いに家庭があったり子供がいたりすると、そこから家族同士のお付き合いやママ友としてのお付き合いが始まるということもよくあります。

こういった友人などの行動を見て嫉妬したり落ち込んでしまう人は、スマホやSNSに依存することはありませんが、スマホを握るとどうしても友達のSNSをチェックしてしまう癖がついてしまいます。

こういう時は、なるべく友達のSNSをチェックしないようにするようにしましょう。

どうしても見てしまうという人は、心が疲れやすい深夜などは見るのを避けるようにするなど心がけるようにしましょう。

また、「自分は自分だから関係ない」と開き直る気持ちも大事です。人と比べてもいいことはありません。

その3.メッセージの返事をずっと待たない!返事がすぐ欲しい時は電話をする

SNSのグループなどでメッセージを送った時、既読になったのに何の連絡もないと無視されていると不安になる人がいます。

返事が来るまで何度もSNSをチェックしたり、ちゃんと読んでくれているか不安になり、何度も似たようなメッセージを送ってしまうなんて女性も多いそうです。

既読スルーされた時は深く考えず、「忙しい時間だから返事は無理」「興味がないことには返事はしないのが普通」とポジティブに考え、何度もメッセージを送るのもやめましょう。

相手もずっとメッセージが送られるとどう返事していいか分からず、スルーしていることもあります。

メッセージを送る時、返事が本当に今すぐ必要なのかを考えてみましょう。もし本当にすぐに返事が欲しいのであれば、電話をすればいいだけのことです。

反対に自分が相手のメッセージをスルーしてしまったり、返事をどうしたらいいか分からないということもあります。

もしメッセージをスルーした時は少し時間が経った後でも構わないので、「子供が泣きだした」「来客があった」など相手が深く突っ込まないようなことを含め謝罪するようにしましょう。

また、SNSを始める時に「私は夜しかSNSをチェックしない」など時間指定をしておくのもいいかもしれません。

そうすることで、後々のトラブルを避けることもできますし、それによってSNS疲れが出ることもありません。

その4.SNSでの悪口や仲間外れは深入りせず巻き込まれないようにする

SNSグループ内の悪口や仲間はずれといった行為は、子供の世界の話と思っている人も多いと思います。

しかし、大人の間でもSNS内での仲間はずれや悪口などは当たり前のようになっているそうです。

誰かが発した悪口に他の人が便乗し、それを境に仲間はずれを始めるといった女性のグループも多いそうです。

自分はその人のことを悪く思っていなくても、周りがそういう状況だと巻き込まれてしまうこともあります。

こういう時は周りが意見を求めても、「そうだったのか」とあえて詳しいコメントをしないようにするのも大事です。

それでも話が切り替わらない場合は、全く違った会話を投げかけて悪口の話題を断ち切るのもSNS疲れの回避になります。

人の悪口や仲間はずれは精神的にも疲れてしまうので巻き込まれないよう、そして長く続かないようにするのもSNS疲れを回避するためには大事なことです。

その5.SNSをチェックする時間が決まっていると相手に伝える

グループLINEのように多数の人がいる場合は、自分がいなくても会話は成立しますし、もし「どうしていなかったの?」と言われても後で謝罪をすれば問題はありません。

しかし、1対1でのSNS会話の場合はどこで切っていいか分からず、ダラダラと続いてしまい自分は忙しいのにSNSに追われてしまい、疲労困憊なんて女性もいます。

特にママ世代などは、子供の話などで会話が途切れないなんてこともあります。

SNSは好きでも途切れない会話が続くと、SNS疲れに繋がります。こういう場合はとにかく「相手に制限時間を伝える」ということが大事です。

毎回、ズルズルと話を聞いていると「この人はいつでも話を聞いてくれる」と相手に思わせてしまいます。

  • 食事の準備中
  • 子供の世話
  • 家族との時間

こういった時間はグループLINEやSNSをチェックしない、通知をオフしていると相手に最初から伝えておくと、長々と話をされることも減りますし、SNS疲れの回避にも繋がります。

その6.「いいね」やコメントのお返しはしないと割り切る

SNSで悩んでしまうのが、「いいね」やコメントへの返信です。コメントが来ている場合、返信しないとフォローを外されるのでは?と考える人も多いようです。

コメントをしている人の中で、返事が欲しいと思っている人はごくわずかです。どうしても返信したい場合は、「ありがとうございます」などの端的なもので十分です。

また、「いいね」に関してもお返しをする必要はありません。自分がいいなと思ったものを見つけた時に、「いいね」を押すだけでいいんです。

また、自分の「いいね」の数を気にする人の中に、「私はいいねしたのに」と感じている人もいます。

「いいね」が欲しくてSNSをしているのか、それとも自分が楽しくてSNSをしているのかを考えれば、「いいね」の数が本当に大事なのか分かってきます。

回避できない場合は、SNSの整理やSNSを辞めることも視野に入れる

上記のような回避方法がありますが、それでもSNS疲れやストレスが減らないという場合は、SNSのやり方を考えなくてはいけません。

SNSをしている人の中には、いくつかのSNSを使い分けて複数かけ持っている人もいます。

多くのSNSをすれば、それだけ投稿をしなくてはいけません。それだけで疲れてしまいます。

  • どのSNSをメインに使っているか
  • 複数のSNSが必要なほど投稿をしているか
  • 本当にSNSが必要か

こういったことを見直して、本当に必要なSNSのみを残して整理するだけでもSNS疲れやトラブルは回避できます。

また、SNS疲れやストレスで心が疲れてしまった場合は、SNSを辞めることも大事です。

SNS疲れは自分で回避していくことが大事

shutterstock_386681986
SNSは便利な反面、トラブルなども多いことからSNSによって疲れを感じるという人も増えています。

SNSを利用する時は精神的・肉体的にも疲れないように自分で回避していかなくてはいけません。

SNSを使う時は、相手に「この時間は使えない」「こういう時はSNSをチェックしていない」と前もって知らせておくとトラブルも避けることができます。

自分自身もその時間はSNSから解放されるので、SNS疲れも出にくくなります。

SNSを利用する時は、疲れないように自分のルールを作っておくようにしましょう。そうすることで、SNSも上手に使いこなせるようになります。

この記事をシェアする

関連記事

コメント