• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

複雑な女性心理を男性に理解してもらうために大切なこと

shutterstock_263104373

「男性はもっと女性の心理を理解して欲しい…」こんな風に考える女性は、とても多いですよね?ですが、いくら女性と言えども、その心理状態を意識して伝えられるのはほんの一握りです。

もしも女性が自分の心理状態をきちんと把握できれば、同性だけでなく異性との人付き合いで役立ちます。客観的に女性心理を理解しておき、もっと素敵な交友関係を作りましょう。

女性心理を理解する前に知っておきたいこと

女性心理について学ぶ前に、下記のことは意識しておきましょう。

  • 男性と女性は別の生き物である
  • 違いの押し付け合いはNG
  • 心理状態の把握は決めつけとは違う

女性心理を学ぶにあたって、まずは『男性と女性は同じ人間であっても別の生き物と表現できるくらい違う』と思ってください。

まれに「男性のことはよく分かっているし、自分は女性だから学ぶまでもない」と考える人もいますが、男性と女性は全く違う心理で動いています。

女性は男性のことばかり意識しがちですが、それは同性の心理状態を軽視しやすいとも言えますね。だからこそ、女性は自身の心理を改めて学ぶ必要があるのです。

また、心理状態が分かったからと言っても、それを相手に押し付けてはいけません。『男性っぽい女性』や『女性みたいな性格の男性』もいるように、心理状態はあくまでもヒントとして役立ててください。

会話にも影響?女性心理が色濃く出てくる瞬間とは

女性心理の影響が色濃く出るのは、やはり『会話』をしているときでしょう。とくに、男性と話すなら心理状態が強く関わります。

女性は男性に比べると会話が好きで、言葉を使ってのコミュニケーションを大事にしています。対する男性は会話好きが少なめであり、すでに女性心理と男性心理の違いが目立つでしょう。

「好きな男性と会話しているけど、相手はあんまり楽しくなさそう…」と感じたのなら、男女の心理差をまずは思い浮かべてください。

とはいえ、男性に合わせて会話をやめるかどうかは、ケースバイケースです。いくら男性でも言葉を使わないと日常生活は送れませんし、好きな話題なら饒舌になるでしょう。

そうした点も踏まえ、『会話中に女性心理が色濃く出る瞬間』をチェックしてください。会話中に心理状態が分かると、男性とのコミュニケーションを続けやすくなりますし、同性とのおしゃべりもさらに楽しめるでしょう。

聞いてもらいたいだけ?女性心理と会話内容

会話中に以下のようなことをされると、イラッとしませんか?実はそれ、女性心理特有の反応でもあります。

  • 自分が話している途中に割り込まれる
  • 愚痴っていたら急に解決策を提示された
  • 自分の意見を真っ向から否定される

会話中にこうした要素でイラッとするのは、『自分が話し続けているときは、意見を言われるよりもただ単に聞いてもらいたいだけ』という心理状態だからです。

男性は会話に付き合わされると「具体的な意見が必要だろうな」と考えてアドバイスもしてくれますが、女性はそれを必要としていません。むしろ、自分がクールダウンするまではとにかく聞いてもらいたいのです。

ただし、男性が意見を言うのは大切な相手だからこそです。女性はイラッとしたとしても、そうした自分の心理状態を冷静に把握し、「ありがとう、でも、先に言いたいことを全部聞いてくれる?」とお願いしてみましょう。

男性は女性のお願いに寛容なので、感情的ではなく冷静に尋ねてください。そうすれば、お互いの心理が納得できます。

ちょっと心配?会話中に男性が黙り込む理由

女性は話を聞いてもらいたい…これは事実ですが、『会話中に相手が黙りこくると、それはそれで不安になる』のも女性心理ゆえですね。

女性の理想的な聞き役は、『水は差さないけど適度にリアクションを見せてくれる人』です。なので、黙ったままだと全然聞いてくれていないと思ってしまうのですが、もしも相手が男性の場合、あなたを気遣っているだけの可能性も高いでしょう。

男性が会話中に黙る場合、「どんな返事をするべきだろう」と考えているケースが多く、あなたとの会話を蔑ろにしているわけじゃありません。

しかし、黙られたままだとどうしても不安になるのが女性心理なので、そんなときは相手の動きを観察しましょう。男性は会話中も派手なリアクションは見せませんが、頷いているならきちんと聞いてくれています。

会話中の女性心理はなかなか取り回しが難しいですが、冷静に自分の気持ちを判断できると、さらに余裕を持って会話ができるでしょう。

やっぱり恋愛にも関わる?複雑な女性心理を理解する

女性心理が発揮される局面として、やはり『恋愛』は見逃せないでしょう。

たとえば男性は女性ほど恋愛を重視しないように、相手への感情もとてもシンプルです。そうした男性の思考を理解できない女性が多いように、恋愛に関わる女性心理は複雑なのです。

一目惚れをするのは男性側が多いように、女性心理は好きな相手を慎重に見定めようとします。

その反面で、女性は相手を好きになると感情が鋭敏になります。ちょっとでも好きな男性とすれ違うだけで激しく落ち込み、逆ならば天にも昇る心地になる…このように、恋愛中の女性心理に関しては、客観的に見るのも難しくなるでしょう。

とはいえ、恋愛がいつかは結婚につながるように、心理状態は正しく把握すべきです。恋愛でのミスは結婚生活にも影を落とすので、冷静になるためにも、恋愛中の女性心理を把握しましょう。

時間がかかる?女性が相手を好きになるメカニズム

慎重と表現したように、女性の恋愛感情は育てるのに時間がかかります。これは男性心理となかなか噛み合わず、相手によっては別れる原因となるでしょう。

恋愛においてもシンプルな男性心理は、最初からガツガツと結果を求めます。キスやハグ、果てはセックスですらすぐに求めるのも珍しくないため、女性心理からすると受け入れがたいかもしれません。

受け入れたくないのに無理をする必要はありませんが、少しでも相手が気になってくると「断るのも悪いし…」と思わせてしまうのが、女性心理の怖いところですね。

心理の押し付け合いはダメと書きましたが、恋愛においては男性側が押し付けてくる場合が多く、女性が折れることもままあります。

女性心理は本人を守る役目もあるので、恋愛に置いては敢えて譲らないことも大切です。

女性がリードすべき?恋愛における立ち回りについて

なにかと扱いが難しい女性心理ですが、恋愛については優先し、男性にはある程度我慢してもらいましょう。

男性心理にしたがってばかりで我慢できない人は、基本的に結婚相手には向きません。自分の欲望を我慢できる忍耐こそ結婚生活には欠かせないため、女性は『恋愛感情が育つまで待ってくれる男性』を選びましょう。

もちろん我慢させるだけでなく、相手に対する恋愛感情が育ってきたら、抱きついたりキスしたりして、愛情表現をしてあげましょう。

男性は恋愛でも目に見えた結果を求めるため、女性からの愛情表現に弱いです。自身の心理状態と相談し、「ここまでならしてあげてもいいかな?」というのを見極めましょう。

慎重すぎて困る女性心理ですが、恋愛に関しては信用し、自分の気持ちへ素直になってください。

女性心理が抱え込ませる不満とその危険性

女性も男性も不満を抱えることはありますが、心理差の都合上、女性のほうが危険です。

男性心理は『思ったことを溜め込まない』という基本姿勢ですが、女性の場合は『限界まで不満を溜め込む』といった傾向が強いです。女性のほうが精神的な病気(うつ病など)にかかりやすいのは、こうした心理状態も影響しています。

溜め込んだ不満がうつ病に関わるのは有名な話ですが、女性のほうがうつ病患者も2倍程度多いと言われ、女性心理の難しい一面を垣間見られますね。

したがって、女性は「あ、我慢しすぎてるかも…」と感じたら、適度に不満を発散させましょう。女性心理を理解することは、日常的なストレスの処理も上手くなるのです。

もしも我慢しすぎたらどうなるか、そして不満を溜め込まないコツはあるのか?それらを見ておきましょう。

不満は爆発する!?心理の違いが男性とのケンカを招く

不満を限界まで我慢すると爆発し、相手との口論にまで発展します。そうした口論が激化しやすい相手は、やはり女性よりも男性ですね。

不満を限界まで抱えていても、異なる心理を持つ男性は「なんでそこまで怒っているのか分からない…」となりやすく、女性は「こんなに我慢したのに、どうして分かってくれないの!?」と憤慨するのです。

男性と口論になると「男は無神経」と言いますが、無神経というよりも「そこまで溜め込む女性心理が理解できない」という状態が正しいでしょう。

だからこそ心理状態のすれ違いが続き、口論の結果、お互いが別々の道を歩む…そんなケースは多いです。不満を溜め込むとつらい上に、最悪の結果が待ち受けているでしょう。

もしも異なる心理を持つ相手…男性と長く過ごす場合、不満に関しては『男性を見習ってみる』のもコツですね。

我慢しすぎないことが女性心理を救う?

不満を我慢できる女性心理は立派ですが、男性と過ごすなら、以下のように我慢しすぎないのも大切です。

  • 不満があるなら相手に相談する
  • 思ったことはできるだけ口にする
  • 不満を発散するならけんか腰ではなく冷静に語りかける

感じた不満を我慢せずに伝えるというのは、男性心理ゆえの行動と言えます。

男性はこの心理ゆえに不満に対して強く、それでいて後に引きません。男性と女性は別々の心理を持っているものの、相手を見習うことはできるので、ときには自分だけでなく相手の心理も参考にしましょう。

こうしたことを心がければケンカになりにくく、男性は女性に相談されると「ちゃんと不満も解消しないと」と考えやすいため、溜め込まないことが功を奏するのです。

態度だけではダメ?女性心理を言葉で伝えてみる

女性は我慢しすぎるように、男性に対しても「私の行動から心理状態を察して欲しい…」と考えがちです。

ですが、敢えて言葉を用いて伝えれば、最初からお互いを思いやることもできます。

男性は回りくどいことを嫌いやすく、女性に対しても「もっとストレートに気持ちを伝えて欲しい」と考えています。だからこそ、女性心理も言葉で説明すれば、「こんなときはどうするか?」と事前に考えてくれるのです。

女性心理を言葉にするのは少し恥ずかしいかもしれませんが、同時に男性心理についても相手に聞かせてもらえば、相互理解に役立ちます。

相手がただの知り合いならともかく、恋人や夫ならば、ときには恥ずかしい話題も持ち出さないといけません。お互いの心理状態を伝え合うのは、相手と長く過ごすためのステップだと思いましょう。