• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

塩の次は砂糖!潤いのある美肌を手に入れるにはシュガーリング

Date:2015.10.11

shutterstock_307397666 - コピー

美容のためにいろいろなスペシャルケアがあります。その中でも特に女性が気にしているのが肌のピーリングです。古い角質が蓄積されると肌がくすむのはもちろん、肌のゴワゴワ感や肌の固さに繋がります。

ピーリング剤を使ってのケアもいいのですが、もっと肌に負担をかけず優しく、そして1つのケアでもっと効果的なケアがないかという女性に注目をされているのが「シュガーリング」です。

このシュガーリング、注目されているのですが中には糖分が肌のべたつきに繋がると思っている人も多いようです。

そもそもシュガーリングって何?

そもそも「シュガーリング」って何なのでしょうか?シュガーリングとは砂糖を使ったスクラブのことを言います。

スクラブというと塩のイメージが強いのですが砂糖の場合、塩よりも粒がマイルドなので肌への負担が少ないと注目を集めています。

塩のスクラブが肌に合わないという人も砂糖スクラブだと大丈夫という場合が多いので、最近ではシュガーリング用のスクラブもドラッグストアで多くの種類が販売されています。

シュガーリングのいいところとは

シュガーリングが肌に良いと言われていますが、一体どういうところが肌にいいのでしょうか。

1.塩よりマイルドなので敏感肌でも使える

肌のごわつきを取り除くためにスクラブをするのですが、塩を使うと粒が痛くてヒリヒリするという人もいます。そういう人でも使えるのが砂糖を使ったシュガーリングです。

砂糖の場合、塩よりも粒が細かく水に溶けるスピードが早いので肌につけた時に塩を使った時のようなヒリヒリ感はありません。肌への負担が小さいので敏感肌の人でもシュガーリングなら大丈夫という人も多いようです。

2.砂糖に含まれる糖分が肌に栄養を与える

よく美容として顔にハチミツをつけるというものがあります。これと同じで、砂糖の糖分が肌に栄養を与えてくれます。

特に精製されていない砂糖の場合はミネラル成分が多く含まれているので更に効果がアップすると言われています。

最近は砂糖を使ったスクラブでも黒糖やきび糖など、精製されていない砂糖を使っているものも増えています。

3.砂糖の性質が保湿効果に繋がる

砂糖は水分を吸収するという性質を持っています。この性質、肌につけてもしっかりと発揮します。

砂糖は水と一緒になるとトロミのある液体になります。これが保湿に繋がり、洗い流した後もしっかりと肌に潤いを与えてくれます。

そして砂糖には肌組織の再生を高めてくれる効果もあると言われています。肌荒れなど起こしている時に塩を使うと肌が反対に炎症をおこしますが、砂糖だと肌荒れを起こした肌を守ってくれます。

中身が分かって安心!手作りシュガースクラブ

シュガーリングをするにはシュガースクラブが必要になります。シュガースクラブはドラッグストアなどでも販売されていますが、どういうものが入っているか不安という人も多くいます。

シュガースクラブは簡単に手作りできるので自分の好きな砂糖などを使ってシュガースクラブを作って肌ケアをするのもオススメです。用意するのは、

  • お好きな砂糖
  • 美容オイルもしくは肌につけても良いオイル

の2つだけです。これを1:1で混ぜるだけなので毎回ケアする時に作れば新鮮なものが使えるので肌にも優しいです。肌にミネラル成分を与えたい場合は黒糖やきび砂糖がオススメです。顔のケアで使う場合は、大さじ1杯の砂糖とオイルで十分足ります。

オイルも美容オイル以外にも、肌に良いと言われているココナッツオイルやオリーブオイルもオススメです。自分で手作りすれば間違って口に入っても安心ですね。

シュガーリングを使った簡単な肌ケアとは

シュガーリングを使った肌ケア、特にオススメのシュガーリングを3つ紹介します。

1.シュガースクラブで全身マッサージするとツルツル柔らか肌に

シュガースクラブは肌への負担が少ないので全身マッサージに使えます。それでいてしっかりと余分な角質などは落としてくれますし、砂糖の性質である保湿効果でツルツル、そして柔らかい肌に仕上がります。

肘や膝といった角質が固くなる部分だけではなく、露出の多い腕や脚、デコルテなどもシュガースクラブでお手入れするのがオススメです。

砂糖だけではなくオイルが入っているのでボディオイルを塗らなくてもツヤツヤな肌になるので、お風呂上がりにボディクリームやオイルが欠かせないという人は特にシュガーリングはオススメです。

2.肌の乾燥がひどい人はシュガースクラブでパック

シュガースクラブで顔を洗うだけでも保湿効果はありますが、乾燥肌の人でもっと保湿効果を高めたいという人にはシュガースクラブでパックがオススメです。その方法は簡単で、

  1. たっぷりめのシュガースクラブを顔につける
  2. スクラブ洗顔のようにくるくるとマッサージをする
  3. そのままの状態で5分ほど放置する
  4. スクラブを落とす時は少量の水を足しマッサージしながら徐々に落とす

これだけで顔の保湿力はぐんとアップします。マッサージを組み合わせることで肌自体も柔らかくなり、プルプルとした肌になります。

シュガースクラブは肌荒れ時でも使えるので定期的に行うと常にプルプルとした肌を保つことができます。

3.スクラブは顔だけじゃない唇荒れにも効果的

スクラブというと顔というイメージが強いのですが、最近では唇専用のスクラブというのも発売されています。

柔らかくてプルプルとした唇にするために唇用パックなどをする人もいるようですが、その前に余分な角質などを取り除いてあげることが大事です。

唇の皮膚はとても薄く、ソルトスクラブなどを行うと唇の皮がベロっとめくれたり唇自体が荒れてしまうこともあります。

しかしシュガースクラブは粒が細かく柔らかいので唇向きとも言われており、今では唇専用スクラブとしてシュガースクラブが多く販売されています。

シュガースクラブを指に取り、唇を円を描くようにマッサージしてあげるだけでツルツルの唇に仕上がります。その上からパックやリップクリームを塗ってあげると唇の状態も良くなります。

特に唇に縦ジワができやすいという人は角質が溜まっている可能性があるので、唇のシュガースクラブはオススメです。

シュガーリングで潤いのある美肌を目指そう

シュガーリングは部分的ではなく体全体に使えます。なので1度に全てのケアができる嬉しい美容法です。

特に肌状態が悪い時などはピーリングやスクラブはできないのですが、シュガースクラブはそれがないので肌荒れがひどい時や肌を酷使した時にはシュガーリングをして肌に潤いを与えましょう。

そうすることで肌の炎症などを抑えるだけではなく保湿効果の高いプルプル肌に近づくことができます。

この記事をシェアする

関連記事

コメント