• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏だからこそ食べる理由がそこに!赤玉スイカに隠された健康成分

Date:2013.08.21

夏がもうすぐそこに!夏バテ対策考えてますか?実は、夏にしか食べられないスイカには夏バテ防止効果があるんです。

その他にも健康成分がたっぷり含まれているから驚きです。赤スイカに隠された健康成分を知ればあなたもスイカを食べたくなるはず。スイカを食べて暑い夏を乗り切りましょう。

赤スイカにはこんなに栄養が豊富に含まれているんです

スイカと言えば、食べてもわかりますが90%が水分、10%が糖分となっています。その水分の中には様々な栄養素が含まれているんです。

リコピン・カリウム・シトルリン・シスペイン・イノシトール・マンノシダーゼ等。聞いたことがあるのもあれば、なんだろう?と思ってしまう栄養素もありますが、これらは健康だけでなく、美容やダイエットにも効果がある栄養素なんです。

話題のリコピンがトマトより豊富に含まれているの知ってた?

トマトに含まれているリコピンが最近注目をあびていました。実は、赤スイカにはトマトより1,5倍のリコピンが含まれているんです。

リコピンと言えば活性酸素を抑制してくれる成分で、ビタミン類よりも抗酸化作用が高いとされています。抗酸化力が高い成分によって動脈硬化やがん予防、美白効果やダイエット効果もあるとされています。

美容・ダイエットの見方!シトルリンとシスペイン

リコピンの他に美容・とダイエットに効果がある成分が、シトルリンとシスペイン。

シトルリンはアミノ酸の一種で、男性ならこの成分を知っている人も多いかもしれませんが、血行促進の効果があり体内の老廃物を体外に排出する利尿作用があるんです。老廃物の排出によってむくみ改善やダイエット効果も期待できます。

シスペインはビタミンCが酸化したり破壊されてしまうのを止める作用があるとされています。ビタミンCを体にとどめてくれるのでシミやソバカスに効果があるようです。

冷たいスイカをおやつに食べるのが最適!

暑い夏…ついつい水分がほしくなって飲みすぎてしまいますね。でも、水分の取りすぎは逆に夏バテを起こしてしまいます。暑いと食欲もなくなって、冷たいものばかり欲しくなりませんか?

そんな時に、冷たいスイカを食べるのがオススメです。ビタミン類やカリウムが疲労回復を助けてくれますし、スイカの糖分もエネルギーに変わりやすいので疲れを癒してくれます。

赤スイカの成分がこんなに体にいいとは思っていませんでした。ハウス栽培などもあって年中食べようと思えば食べられる時代だけど、その値段はとても高いですよね?何より夏のスイカはおいしい!夏こそおいしいスイカを食べて健康と美容を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事