• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

さっぱり美肌をつくる夏のスキンケアのコツ。夏でも保湿で潤いを!

Date:2017.07.21

夏は、紫外線や汗、またエアコンによる温度差などで肌は過酷な状況におかれています。

肌のためにはその分スキンケアも大切ですが、暑くて汗でべとついてしまうと、スキンケアはお風呂上りの化粧水のみで終了!となってしまうなど、丁寧なスキンケアは面倒だと感じてしまいがちですよね。

しかし、夏の肌は大量の汗や皮脂で潤っているように感じるけれど、実は肌の内側は乾燥している場合が多く夏こそ保湿が大切だといわれています。

つい怠りがちになってしまう夏のスキンケアのコツをおさえてしっかりスキンケアすることで秋冬の美肌対策にもなりますよ。

また、化粧崩れの大きな原因にもなる夏の汗対策についてもご紹介します。汗対策で化粧崩れがしにくいさっぱり肌をめざしましょう!


化粧崩れの主な原因は汗!メイク前の汗対策

夏は汗が原因でメイクがすぐに崩れてしまうという悩みを持つ人は少なくありませんね。朝のメイクの時も、その後メイクが落ちてしまわないためにはしっかりと汗対策を行うことがポイントです。

クールダウンして汗のベタベタ感を抑える

当然ですがべとついたままの肌にスキンケアをしても効果的とは言えませんよね。

メイク前には洗顔をして汗を落としますが、体が温まっている入浴後やシャワーの後は顔の汗がなかなか止まらないということもあります。そんなときは体に風を当てるなど、十分体が冷えるのを待ってからメイクを始めましょう。

メイク中に汗をかいてしまわないように

  • 風通しのよい服装でメイクをする
  • 落ち着いてメイクができるように早起きするなど時間に余裕をもつ

などを心掛けましょう。

汗をかきながらメイクしてしまうことになると化粧品が肌に馴染みにくくなりその後、汗でメイクが崩れやすくなってしまいます。

収れん化粧水を利用する

肌をひんやりと整えてくれる収れん化粧品は肌に爽快感を与えてくれるため夏にぴったりの化粧です。

洗顔後に普通の化粧水と乳液をつけたあとに利用します。またはベースメイクの前にスプレーボトルに入れ替えた収れん化粧水をミスト化粧水として顔にふりかけるのもおすすめです。ふりかけたあとは手の平で押さえて肌にしっかり馴染ませてください。

収れん化粧品で肌が引き締まり皮膚の熱も低下し、肌のクールダウン効果も期待できますよ。

美肌のためにも汗対策

かいた汗を放置してしまうと化粧崩れだけでなく

  • 角質が柔らかくなり過ぎて肌にダメージを受けやすい
  • 肌の上で汗が蒸発する際潤いも奪われ乾燥する

など、肌にも様々な影響を及ぼします。特に、肌の潤いが奪われてしまうと、皮脂分泌が促され肌は逆にべとついた状態になるインナードライ肌になってしまう場合もあり

  • ニキビ
  • 吹き出物
  • あせも

などができやすい肌になってしまいます。

また乾燥しがちな肌は紫外線の影響も受けやすくシミ、シワの原因にもなります。汗をかいたらこまめに優しくふき取るように心掛けましょう。

夏の肌は乾燥しやすい!しっかり保湿ケアを

夏の保湿ケアはどうしていますか?冬は乾燥肌を意識してしっかり保湿をするけれど、夏の肌は汗や皮脂でべとついてしまうためか、保湿の必要性を感じないという人は要注意!インナードライ肌の可能性も!?

インナードライ肌に要注意!

インナードライ肌とは簡単に言えば肌の内側が乾燥してしまっている状態です。

乾燥しているのは肌の内側ですので、見た目ではその乾燥を感じることができません。それどころか、インナードライである場合、皮脂でべたついていることが多く脂性肌と勘違いしてしまいがちです。

そのため皮脂を抑えるためのスキンケアに走ってしまう場合が多くそれが余計にインナードライを悪化させてしまいます。

皮脂を抑えようと脂取り紙や、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ顔を洗いすぎてしまうと必要な皮脂まで落とされてしまいます。そのため、肌を保護しようと皮脂の分泌量はさらに増してしまうのです。

しかし、肌表面だけ皮脂で潤っても保湿しなければ中は乾燥した状態ですのでインナードライを改善するためには保湿ケアが欠かせないということです。

肌は寒い冬だけでなく、夏でも

  • エアコンにあたり過ぎる
  • 太陽熱によって肌の水分が奪われる

など、乾燥肌に注意が必要なのです。
インナードライを避けるためにも夏でも保湿を怠らないスキンケアを心掛けましょう。

毎日の基本のスキンケアも夏仕様のスキンケアに

皮脂や汗などでべとつく夏も基本的なスキンケアはきちんと行いましょう。夏には夏仕様のスキンケアに変更してみることもおススメですよ。

夏の肌は汚れが溜まりやすい!しっかりクレンジング

夏の肌は汗や皮脂が多く分泌される分、不潔になりがち。そのためクレンジングは念入りに行いましょう。化粧も落ちやすく鼻の周りなどは特に落ちた化粧品や汗が溜まってしまう部分でもあります。夏にはそんな汚れもしっかりと落としてくれるクレンジングがおススメです。

しかし、クレンジングにあまり時間をかけてしまうと肌に負担がかかってしまうこともあるため短い時間でしっかり落としてくれるクレンジングが理想的。ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングは伸びもよく摩擦も少ないのでおススメですよ。

洗顔の機会が多い夏。固形石鹸がおススメ

洗顔の目的は汚れ(古い角質)をしっかりと落とすことです。洗顔フォームに含まれる合成界面活性剤は洗浄力が高いため汚れはしっかりと落としてくれますが、落とさなくてもよい必要な皮脂まで落としてしまうというデメリットがあります。

べとつく皮脂は嫌われがちですが肌を守るために多少は必要なものです。そのため洗顔でその必要な皮脂まで全て洗い流してしまうと、肌を守ろうとさらに皮脂を分泌させます。肌のべとつきを抑えたいなら、洗いすぎないことです。

落とすべき汚れのみを落とし、残すべき皮脂は残す。そんな洗顔ができれば皮脂の分泌量も抑えられてくるはずです。

固形石鹸は界面活性剤を含む洗顔料に比べると程よい洗浄力で必要な皮脂は残して落とすべき汚れだけを落としてくれます。できれば天然由来成分の石鹸が肌に優しくおススメですよ。

また、洗顔するとき、顔を擦りながら洗うのは絶対にNGです!肌にダメージを与えないように泡立ててタップリの泡で優しく汚れを落としましょう。

夏場はどうしても皮脂や汗が多くなってしまうので、何度も顔を洗いたくなってしまいますが、石鹸を使うのは朝と夜2回にとどめておき、汗をかいたりべとついたりした場合は水やぬるま湯のみで洗い流す程度にしておけば洗いすぎてしまうことはありませんね。

夏に使いやすいさっぱりタイプの化粧水は乾燥肌にはNG!

化粧水にはさっぱりタイプ、しっとりタイプといった種類がありますよね。普段しっとりタイプを使っているという人は夏の間だけでもさっぱりタイプを使ってみることもおススメですよ。

さっぱりタイプの化粧水は肌に馴染みやすく、べたつきにくくなっています。清涼感もあり、気持ちいいので夏におススメのタイプです。

しかしさっぱりタイプの化粧水はアルコールが含まれているものも多く、肌につけたとたんに水分が蒸発してしまうこともあるため乾燥肌の方は夏でもしっとりタイプがおススメ。
さらに肌に潤いを保てるように

  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • セラミド

などの保湿成分が含まれている化粧水を選んで使用すると良いでしょう。

乳液代わりに、とろみタイプの化粧水

夏の間はただでさえ肌はベトついているため化粧水だけで済ませて乳液はしないという人も多いでしょう。しかし、それではせっかく肌に入れた化粧水は保水されずすぐに蒸発してしまうことになります。化粧水の後は乳液やクリームなどで肌に蓋をしてあげることが大切です。

とはいっても、やはり夏には避けたくなるこれらの化粧品。そんなときは化粧水を2種類使ってみるという方法もあります。

この2種類というのは

  • さっぱりタイプ
  • とろみタイプ

の化粧水です。さっぱりタイプを使用したあとにとろみのある化粧水を乳液代わりに使用してみましょう。

とろみタイプの化粧水は保湿剤が多く含まれているものが多く高保湿。

水状の化粧水だけでスキンケアを済ませてしまうよりは高い保湿性が期待できますよ。乳液のように重たい使用感もなく、べとつかないので、乳液を避けてしまう人にはとろみタイプの化粧水はおススメですよ。

夏もしっかり保湿して秋冬に備えよう!

紫外線が気になる夏のスキンケアは主に日焼け止め対策を重視しがちですが、夏でも冬同様に乾燥から肌を守る必要があります。

夏の乾燥肌を引きずったまま秋冬を迎えてしまうと肌のトラブルも発生しやすくなってしまいますよ。そうならないためにも、夏のスキンケアもしっかりと保湿対策を行うこが大切ですね。

皮脂や汗でベトついた肌も夏は夏仕様のスキンケアに変更してみるのもおススメです。

汗対策と同時に基本のスキンケアをしっかりと行うことで、夏に陥りやすい、汗が原因の化粧崩れもしにくい肌を目指しましょう!

夏こそ保湿のスキンケアで秋冬の肌コンディションも万全に…!

この記事をシェアする

関連記事

コメント