• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏も美肌でいたい!混合・脂性・乾燥肌、タイプ別夏用「肌ケア」

Date:2014.08.03

四季の中でも特に夏は、冬とは違う要因で肌が傷みやすい時期です。強い紫外線に、いつも以上に分泌される皮脂、頻繁にかく汗、熱波にさらされる肌…正に肌にとってダメージばかりの環境となります。

そんな夏には他の季節とは違う、特別な肌ケアが必要となってきます。とはいえ、四季を通して人により肌のタイプは違うはず。

混合肌、脂性肌、乾燥肌、これらのタイプは全てケアが違ってくるのです。ここではそれぞれの肌タイプに合った夏用のスキンケアのコツをご紹介していきます。

混合肌

夏は肌がべたべたなのに、冬はかさかさしてしまう。またはTゾーンはてかてかしているのに、ほっぺたはかさかさする。そんなかさかさとべたべたが混ざっている混合肌は、日本人が多く有する肌質で、ちょっとした手入れのコツが必要となってきます。

1. 肌に負担がかかる強い洗顔料は避ける
特に夏場はべたつく部分が出てくると、さっぱりしたいがために、強い洗顔料を使ってしまいがちですが、これは肌に負担がかかってしまいます。そこで、肌に優しいながらも、洗い上がりがさっぱりとする低刺激タイプの洗顔料を選ぶようにしましょう。

2. 肌の渇きをいやす
混合肌には、肌にしっかりと水分を与えてくれるヒアルロン酸配合のノンオイル化粧水や乳液がお勧めです。または、アンチエイジングと抗ニキビ効果があるレチノールも良いでしょう。ヒアルロン酸とレチノールを両方とも配合しているものであればより効果的です。

3. 日焼け止め効果がある保湿液を
肌の保湿には是非日焼け止め効果があるものを選びましょう。SPF30くらいあると理想的です。

4. ニキビケアも忘れずに
皮脂分泌が盛んになり、更に汗をかきやすい夏は、毛穴が詰まったり、細菌が発生してしまったりと、ニキビが出来やすい時期でもあります。そこで、抗菌作用がある硫黄を含んだニキビ用化粧品を使うのも良いでしょう。

5. マスクを使う
週に一度美容マスクを使いましょう。皮脂を吸い取ってくれるクレイベースのマスクがお勧めです。夏場、肌の皮脂が気になったらこのマスクを使うと、かなりの改善が見られるはずですよ。

6. シャンプーを変えてみる
髪の毛にはアクネ菌やイースト菌がついています。そのため、菌がついた髪の毛が肌に触れることで、肌荒れに結び付いてしまうことがあるのです。そこでお勧めなのが、ふけ用シャンプーです。

頭皮に問題がなく、ふけがなくとも、髪の毛のコンディションを整えることで、肌にも効果が期待できるのです。

乾燥肌

気温が上がり、湿気が多くなる夏であっても、肌が乾燥してしまう方もいらっしゃることと思います。そんな乾燥肌の方はまず肌が敏感です。手入れを間違えるとかさかさと荒れてしまうので、注意が必要です。

1. 基本に戻る
世の中には色々な化粧品が出回っていますが、乾燥しやすく敏感な肌の方には、残念ながら合わない化粧品が多いことでしょう。

そのような方は、できる限り化粧品に含まれている原料が少ないものを選び、香料が使われていないものを選ばないと、肌が反応してしまう確率が増えてしまうのです。そこで、香料なしの肌に優しい、シンプルな洗顔料や化粧品を選ぶようにしましょう。

2. ノンケミカルの日焼け止めで保護する
乾燥肌の人も必ず日焼け止めは忘れずに塗りましょう。紫外線吸収剤が入っていないタイプの日焼け止めがお勧めです。

3. 肌を優しく癒してくれるナイトクリームを
日中の太陽にさらされて傷んでしまった肌を、香料なしで抗酸化作用があるナイトクリームで癒してあげましょう。しっかりと肌に潤いを与えてあげることが大切です。

脂性肌

さっき顔を洗ったばかりなのに、少し経ったらすぐに顔がべたついてしまう…そんな脂性肌の人にとって、夏は本当に辛い時期です。汗もかきやすいためにニキビもできやすい時期なので、ノンオイルのもので適切にケアしてあげる必要があります。

1. 洗顔でニキビを防ぐ
脂性の方は洗顔が大事です。ピーリング効果もあるビーズ入りのノンオイル洗顔料で丁寧に洗ってあげましょう。

2. 肌を保護する
日焼け止め効果がある、ノンオイルでグリコール酸が配合されたモイスチャライザーで肌をしっかりと保護してあげましょう。

3. ニキビ跡のケアをする
ニキビが出来やすい方は、ニキビ跡にも悩まれていることと思います。そこで、ニキビ跡などの色素沈着を漂白してくれるハイドロキノンを含んだクリームを使用してみましょう。また、ニキビやシミに効くレチノイド配合のナイトクリームも合わせて使うとよいでしょう。

4. 毛穴のケアをする
夏はいつも以上に毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすい時期です。定期的に角栓とりパックを使うようにしましょう。

5. 薬用シャンプーを使う
週に一回は薬用のふけ専用シャンプーを使うようにしましょう。これで洗うことで、顔や身体全体の皮膚にニキビができるのを防ぐことができます。

いかがですか? このように少し工夫することで、肌のコンディションがだいぶ良くなるはずです。熱波のストレスに負けず美肌で夏を乗り越えましょう!

この記事をシェアする

関連記事