• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スキンケアの肝は水分だけじゃない!キレイな肌にはオイルによる保湿が重要!

Date:2013.04.12

スキンケアというとみんなが気を付けるのが保湿だと思います。特に乾燥肌の人は「何がなんでも保湿が一番!」という人も多いのではないでしょうか。しかし水分を補給するだけでは乾燥肌も美しい肌も手に入れることができません。

実は綺麗な肌を手に入れるには水分と油分が必要なのです。油分というとどうしても抵抗がある人が多いかもしれませんが、油分がない肌はダメダメ肌なのです。

感想肌・30代後半からは油分が足りなくなる?

ちょっと肌がベタつくといって、洗顔などをさっぱりタイプばかり使ってたりしてはいないでしょうか。実は30代後半から肌の水分量だけではなく、油分量もどんどん減っていきます。ベタつくからといって決して油分が多い、オイリー肌というわけではないのです。

乾燥肌の人でも夏は汗をかくことで油分量も増えてきますが、他の季節はどうしても油分量が減ってきてしまいます。それに気づかず夏にベタついたからといってずっと油分を補わないとどんどん乾燥肌、肌の加齢が加速してしまいます。

油分が足りなくなるとどうなる?

肌から油分がなくなるとどうなるのでしょうか。水分と同じようにカサカサ肌になりしわやたるみが出てきます。そして常に乾燥肌状態になってしまいます。

そして何といっても保湿をしても油分の膜ができず、水分をいくら補給しても蒸発してしまい保湿をしている意味がなくなってしまうのです。

若い頃は何もしなくても自然に適度な油分が出てくることで肌の乾燥・しわなどを防止してくれますが、やはり年齢を重ねることで排出される油分も減ってきます。

たるみ防止やハリを与えるために、コラーゲンやヒアルロン酸の入った化粧水をたくさんつけても、油分で膜がないと蒸発してしまうので効果は期待できません。

油分を補うには?

今、化粧メーカーの一部でもこの油分に注目をしているようで、スキンケア用のオイルなどを販売しているところもあります。そういうものが自宅にあればそれを使うようにしましょう。他にも馬油(ソンバーユ)なども肌にやさしいオイルを補うことができます。

そういうものがないという場合は、油分を多く含んだクリームなどを塗るだけでもかなり違います。今よくネットでいわれているのが「ニベア」です。

この「ニベア」は適度な油分が含まれているので、「ニベア」をスキンケアに使う人が増えているそうです。こういうものでも油分は補うことができるのでうまく使っていきましょう。

スキンケアの方法は普通と同じです。まず化粧水などで保湿をしっかりします。肌が化粧水を吸わなくなるまで保湿するのがオススメです。その後、普通だと乳液などをつけるのですが乳液などをつけずに油分で膜をつくります。

持っているオイルを手のひらで体温で少し温めてそれを肌にのせていきます。クリームなども少し体温で温めてあげると肌になじみやすくなります。スキンケアはこれだけで十分です。とにかく水分と油分を補うだけで肌は綺麗になるのです。

スキンケアというと乳液を塗ったりといろいとしなくても、化粧水とオイルだけで綺麗な肌は手に入れることができます。今まであまり油分補給をしなかった人も是非油分補給をしてみてください。きっと思った以上の効果が期待できます。

この記事をシェアする

関連記事